アメリカのパソコンメーカーを一覧にまとめてみた

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

米国資本系パソコンメーカーを一覧にまとめました

アメリカ合衆国(米国)は、情報通信産業が盛んな地域として知られます。

ただ、どれが「アメリカのパソコンメーカー」なのか、ぱっと見てわからないという場合もあるかもしれません。

このページでは、アメリカのパソコンメーカーを一覧にまとめています。

 

関連記事

海外PC大手/海外大手パソコンメーカーまとめ [レノボ][hp]

中国のパソコンメーカーを一覧にまとめてみた

ヨーロッパのパソコンメーカーを一覧にまとめてみた

台湾のパソコンメーカーを一覧にまとめてみた

 

 

アメリカのノートパソコン・デスクトップパソコンメーカー(専業)

まず、ビジネスや一般用途に用いられる、ノートパソコンやデスクトップパソコン・タブレットPC。

アメリカには、どのような専業メーカーがあるのでしょうか。

 

HP

ヒューレット・パッカード

かつてのヒューレット・パッカード

米「ヒューレット・パッカード(HP)」は、旧・米ヒューレット・パッカード(現・米ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE))から分離された、アメリカのパソコンメーカー・ブランドです。

特に、法人向けに強みがあります。

あわせて読みたい
hpはどこの国の会社?hpのパソコンは中国製?日本製?[ヒューレット・パッカード] 【そもそも「hp」とは】 パソコン売り場でよく見かける「hp」のロゴ。これは一体どのようなブランドなのでしょうか。 この記事を読むと、「hpとは何か」がわかります。 ...

 

コンシューマ向けは中国製

Made in TOKYOの表記がある、法人向けの一部機種は日本製です。

一方、一般消費者向けは、ほとんどが中国のファウンドリで生産されています。このため、大部分が中国製です。

 

公式サイト

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

 

 

 

DELL

デル・テクノロジーズ

米国企業

「DELL(デル)」は、米国市場における、Windows PCのトップブランドです。

「inspiron(インスパイロン)」「XPS」「Latitude」「Vostro」「Optiplex」「Alienware」などで知られ、デザイン性とコスト性能に優れます。

日本向け製品は、中国の厦門(アモイ)で生産されており、中国製です。

 

公式サイト

デルオンラインストア

 

 

 

アメリカのパソコンメーカー(GAFAM)

 

Apple

アップル

独自OS

独自の「Mac OS(マックオーエス)」を搭載した、「Mac(マック)」こと「Mackintosh(マッキントッシュ)」シリーズを展開しています。

つまりWindows PCではないということです。

 

ラインナップ

ラップトップ(ノート)型の「Macbook(マックブック)」、スレート型デスクトップの「iMac(アイマック)」、セパレート型デスクトップの「Mac Pro」があり、プログラマなどの一部ユーザー層には必需品とされています。

 

ファブレス主体

日本向け製品は、主に台湾・広達電脳(クアンタ)などの中国工場で生産されています。

Apple(日本)
Mac かつてないほどパワフルなMacのノートブックとデスクトップ。Appleシリコンの驚異的なパワー、内蔵。MacBook Air、MacBook Pro、iMac、Mac mini、Mac Studio、Mac Proを紹...

 

 

 

Microsoft

マイクロソフト

ハードに参入

Windows OSで知られる米マイクロソフトは、タブレット型PCから始まった「Surface(サーフェス)」シリーズにより満を持してPCハード市場に参入しました。

ファブレス

マイクロソフトはファブレスメーカーのため、主に設計やデザインを担い、製造自体は台湾・華碩電脳(エイスース)が行っています。

 

公式サイト

Microsoft Store 日本 公式サイト

 

 

Google

グーグル(アルファベット)

厳密にいうとパソコンメーカーとは言えませんが、米Googleも「Chromebook」と呼ばれる、独自の「Chrome OS」を搭載したパソコンを展開しています。

ただ、Googleが製造販売しているわけではなく、Chromebookのロゴを掲げ、OSを搭載したパソコンを各社が販売しています。

メーカーは、米HP、台湾のASUS、Acer、中国Lenovoなどです。このため、Googleがパソコンメーカーというわけではありません。

ただ、Googleは過去に、台湾メーカーからスマホ事業の一部を取得し、「Pixel」という独自スマホを発売した経緯がありますから、今後参入する可能性もゼロとは言えません。

LenovoのChromebook検索結果

 

 

アメリカのゲーミングパソコンメーカー

次に、アメリカにはどのようなゲーミングパソコンメーカーがあるか見ていきたいと思います。

なお、当サイトでは、日本メーカー「マウスコンピューター」のゲーミングPC「G-Tune」をおすすめしています。

 

ALIENWARE

デル・テクノロジーズ

デル株式会社

ALIENWAREは、アメリカ発祥のゲーミングパソコンブランドで、デザイン性を重視しています。

デルに買収されたことから、その一部門となっています。

 

 

OMEN

ヒューレット・パッカード

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

OMENは、米HPのゲーミングパソコンブランドです。比較的最近に投入されました。

 

 

かつて存在したアメリカのパソコンメーカー

以下の米国メーカーは、現在存在していないか、パソコン事業から撤退しています。

 

Gadgebloのおすすめメーカー

マウスコンピューター

 

IBM

インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション

アメリカ合衆国のIT大手で、現在はシステム開発やクラウド事業を主力としています。

かつては、「ThinkPad」「ThinkCentre」といった、ビジネス向けパソコン事業でも知られましたが、中国のPC大手・聯想集団(Lenovo、レノボ・グループ)に売却し、撤退しました。

 

 

Packard Bell

パッカードベル

米国発祥のパソコンメーカー・電機メーカーでしたが、台湾のAcerに買収され、ブランドは消滅しました。

 

 

Gateway

ゲートウェイ

アメリカ合衆国発祥のパソコンメーカーでしたが、台湾のAcerに買収されました。

GatewayブランドのPC自体は、Acerから販売が続けられています。

https://www.gateway.com/gw/ja/JP/content/home

 

 

まとめ

アメリカでは、大手パソコンメーカー2社が市場をけん引しており、それぞれゲーミングパソコンブランドも擁しています。

そのほか、AppleをはじめとするIT大手も、大きな存在感を示しています。

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

 

 

ゲーミングPCで迷ったら、これが全部入りでおすすめ。

【超便利】ゲーミングPC・ゲーミングモニター・マウス・キーボード・ヘッドセットが全部入り
【超安心】長野生産・信頼の日本製、安心の国内サポート。
【超実績】eスポーツ大会などでの採用が多い有名ブランド。

これを買えばPCゲームができる!はじめてのゲーミングPCにおすすめのスターターセット!

国産ゲーミングPCなら「G-Tune」で決まり。

 

 

関連記事

海外PC大手/海外大手パソコンメーカーまとめ [レノボ][hp]

中国のパソコンメーカーを一覧にまとめてみた

ヨーロッパのパソコンメーカーを一覧にまとめてみた

台湾のパソコンメーカーを一覧にまとめてみた

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次