ダイナブック(dynabook)とLenovo(レノボ)のPCを比較した結果

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

Dynabookとレノボの比較

ダイナブック(dynabook)とLenovo(レノボ)は、BTOパソコンで有名なブランドです。この両者の比較を試みました。

 

高コスパのノートパソコンが欲しい人!
この記事を今すぐ読もう!!

ノートパソコンおすすめランキング

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

GALLERIAとG-TuneとLEVEL∞とG-GEARのゲーミングPC比較

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果

VAIOとThinkPadとLet’s noteのPCを比較した結果

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較

 

dynabookとLenovoは、大手パソコンブランド

ダイナブックとレノボは、ともに大手パソコンブランドとして知られています。

ダイナブックとレノボの基本データ比較

まずは、両メーカーの基本データを比較してみましょう。

 

本社所在地

両者の本社および本店はどこにあるのでしょうか。

 

dynabook

Dynabook Direct

製造元:Dynabook株式会社(旧・東芝クライアントソリューション)

本社は、東京都江東区に所在します。

あわせて読みたい
Dynabook(ダイナブック)はどこの国のメーカー?中国製ノートPC? 【Dynabook(ダイナブック)ノートパソコンとはどこの国の会社?】 家電量販店やオンラインストアでよく見かける、Dynabook(ダイナブック)というブランドのノートパソコン...

 

Lenovo

中国企業

Lenovo(レノボ)は、聯想集団(レノボ・グループ)が展開する、中国のパソコンブランド。

同社の実質的な本社は、中国・北京市に所在します。

あわせて読みたい
中国レノボ(Lenovo)製PCのスパイ疑惑とNEC・富士通。ThinkPadのバックドア問題とは? 【Lenovo(レノボ)PCの正体】 Lenovo(レノボ)のPCは、国内市場において、既に定番と言って良い地位を占めていますが、その実体を誰もが知っているわけではありません...

日本法人「レノボ・ジャパン合同会社」の本社は、東京都千代田区外神田四丁目14番1号 秋葉原UDXにあります。

 

 

資本関係

両運営会社の資本関係はどのようになっているのでしょうか。

dynabook

台湾系企業

元・東芝の子会社。現在はシャープ(台湾・鴻海系の電機メーカー)の子会社。

つまり、現在は日系企業ではなく台湾系企業です。

 

Lenovo

中国科学院

聯想集団(レノボ・グループ)は、中国政府系研究機関として知られる「中国科学院」の一部門であった、「中国科学院電子計算器研究所」を前身とする企業です。

このため、中国政府の影響力が強いと考えられます。

 

 

勢力圏

dynabook

dynabookは、東芝時代の経営危機に伴い、主要な海外市場から撤退しました。

このため、海外への再進出は考えているようですが、現在のところ主に勢力圏は日本国内です。

 

Lenovo

レノボの勢力圏は世界各国ですが、特に中国や日本等のアジア地域市場を強みとします。

 

 

製造工場

dynabook

dynabookの製造工場は、東芝時代から中華人民共和国の浙江省にあります。中国製です。

それに加え、現在は親会社鴻海のベトナム工場などでも受託製造がおこなわれている模様です。

 

Lenovo

レノボの日本向けPC製造工場は、中国にあります。中国製です。

一方、ビジネスノートパソコン「ThinkPad(シンクパッド)」シリーズに関しては、横浜・みなとみらい地区で開発が行われています。

また、日本向けの「ThinkPad」一部機種については、山形県米沢市にある「NECパーソナルコンピュータ米沢事業場」で組立が行われています。

当該機種は「米沢生産」と記載があるため、中国生産品と識別できます。

 

 

品質管理

dynabook

ダイナブックは海外で組み立てられているパソコンですが、東芝時代から品質管理はきちんとしています。

 

Lenovo

レノボは、コンシューマ(一般消費者)向けパソコン事業では市場シェア首位級です。問題なく使えます。

また、ThinkPadに関しては日本で開発され、一部機種は日本国内の工場で組み立てているため、レノボの他シリーズと比較すると品質は高めであると考えられます。

 

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

 

 

高コスパのノートパソコンが欲しい人!
この記事を今すぐ読もう!!

ノートパソコンおすすめランキング

 

 

dynabookとレノボの用途別製品比較

Dynabook

Dynabook Direct

dynabook

個人向けのノートパソコン・モバイルノートパソコン。

Dynabook Direct トップページ

 

dynabook(法人向け)

ビジネスノートパソコン
ビジネスモバイルノートパソコン
ビジネス2in1/5in1 PC

 

dynaDesk

法人向けデスクトップパソコン。
コンパクトでハイパフォーマンス。豊富なインターフェースを搭載

 

dynaEdge

法人向け。手のひらサイズの超コンパクトPC。
ディスプレイの背面部分に取り付けることが可能。

 

 

Lenovo

Lenovoのパソコンは、大きく5つに分類することができます。

Think

「ThinkPad」「ThinkCentre」で知られる、米IBMから引き継いだブランドです。特に「ThinkPad」は赤いトラックポイントが特徴であり、そのデザインは日本で考案されたと言われています。

最近になって、レノボの考案による「ThinkBook」シリーズが追加されましたが、こちらについては、IBMとの関係はあまりないと考えられます。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

Lenovo

「Lenovo」シリーズは同社の社名を冠したPCブランドで、低価格帯から高価格帯まで幅広く展開しています。

他に「Ideapad」や「Ideacentre」、クリエイターにも対応した「Yoga」などがあります。ラインナップはラップトップやデスクトップのほか、タブレット、2in1などです。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

ゲーミング

ゲーミングPCの「Legion」は、ゲーミングデスクトップやゲーミングノートパソコンを取り揃えています。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

モニタ

レノボのモニタには、「Lenovo」ブランドと「ThinkVision」ブランドの2種類があります。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

法人向け

レノボは、各種法人向けパソコンやアクセサリ、サーバー、ワークステーションなどを販売しています。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

まとめ・価格や特徴

Dynabook

国内で個人に人気

ダイナブックは、国内の個人ユーザーに根強い人気を誇るノートパソコンブランドです。

公式サイトでは、無料会員登録をすることで、会員割引価格で購入することができます。

Dynabook Direct トップページ

 

Lenovo

低価格からプロフェッショナルまで

レノボには、2つの顔があります。コストパフォーマンスを最優先にした低価格シリーズと、「ThinkPad」に代表される、プロフェッショナルな製品群です。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

 

 

 

高コスパのノートパソコンが欲しい人!
この記事を今すぐ読もう!!

ノートパソコンおすすめランキング

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

GALLERIAとG-TuneとLEVEL∞とG-GEARのゲーミングPC比較

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果

VAIOとThinkPadとLet’s noteのPCを比較した結果

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較

 

元記事はこちらです。

国産PC/日本製PC/国内パソコンメーカー一覧[BTO][大手]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次