JVCポータブル電源375の評価を口コミからまとめてみた

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

JVCポータブル電源375の評判は良い?悪い?口コミやレビューをまとめました

片手で持ち運びができて、アウトドアや屋外の趣味でも使える電源があったらいいと思いませんか?

「エンジン発電機だと重たくてメンテナンスも大変そう」
「スマホ用充電器だと使えるものが限られる」

ちょっとしたキャンプ、バーベキュー、ライトなDIY、離れた場所でテレワークでのパソコン利用、それくらいできたら生活が少し鮮やかになりますよね。

それが、JVCポータブル電源375Whモデル(型番:BN-RB37-C)なんです。

本格的なアウトドアまで行かなくても、そこそこ電源が使えて、持ち運びもカンタンだったらどうでしょうか?

実際に、特徴や評判が気になりますね。それでは検証していきましょう。

 

警告!発火事故の危険性があります。

ポータブル電源には、発火事故の危険性もあります。
選ぶ際には、信頼性を重視することが大切といえます。

安全性が何より重要です。

そこで今おすすめなのが、人気大手メーカー「BLUETTI」のポータブル電源です。

それは一体なぜでしょうか?

BLUETTIは、国内主要モデルにおいて、
一般社団法人防災安全協会の認証を受けた証である
防災製品等推奨品マーク」を取得済みです。

また、国内主要モデルにおいて、
安全性の高い「リン酸鉄リチウム電池を搭載しています。
バッテリーの寿命が長く、電圧変化が小さく、環境にも優しい電池です。

海外メーカーながら、ちゃんと日本法人もありますよ。

最新のBMS(バッテリーマネージメントシステム)により安全性を向上し、
さらに、ポータブル電源本体には、以下の安全機能を搭載しています。

✅高温保護
✅過電圧保護
✅低電圧保護
✅放電低温度保護
✅過電流保護
✅過負荷保護
✅ショート保護
✅充電過電圧保護

これほど搭載していれば信頼できますね。

まさに、安全」で「安心」なメーカーといえるでしょう。

そんな信頼性の高い「BLUETTI」ポータブル電源を、お得に購入する方法があります。

それは、安心の「公式販売サイトで購入することです。

「BLUETTI 公式サイト」では、随時お得な「割引クーポン」を配布中。
こちらを利用すれば、最大で「26%」もの値引きが受けられることも!?

さらになんと、「30日間のプライスマッチ保証」が付帯されます。

公式サイトでの購入後「30日以内」に、サイト内価格がより値下げされた場合、
BLUETTIが差額を返金してくれるという保証です。

嬉しいポータブル電源とソーラーパネルのセット販売も。

まさに、今買わずして、いつ購入しますか?

こちらから、今すぐご注文ください。

 

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

関連記事

JackeryとJVC/KENWOODのポータブル電源の違いとは?

JVC、Victor(ビクター)、KENWOOD(ケンウッド)はどこの国の会社?関係は?

Jackeryポータブル電源400の評価を口コミからまとめてみた

 

JVCとは

JVCは、横浜市に本社を置く車載機器・オーディオ製品メーカー「JVCケンウッド」が展開するブランド名です。

あわせて読みたい
JVC、Victor(ビクター)、KENWOOD(ケンウッド)はどこの国の会社?関係は? 【''JVC, Victor, KENWOOD'' 本当の関係】 イヤホンやスピーカーなどで見かける、「JVC」「Victor」「KENWOOD」のブランド。 「JVCってどこの国のブランド?」「そもそ...

 

JVCポータブル電源375の特徴

ざっくり説明すると、電池容量375Wh・定格出力200W・AC1口・USB2口・重量3.6kgのポータブル電源です。持ち運び重視で、キャンプで携帯冷蔵庫やLEDライト、屋外イベントで扇風機、DIYで軽めの電動工具、といった用途で販売されています。

もちろん、非常用電源としてスマホの充電や照明確保にも活躍できますので、これ1台でいろんな場面で活躍できるのではないでしょうか。

容量は、104400mAh/375Wh
最大4台の機器に同時給電ができ、3種類の給電方法があります。

スマホやタブレットなどが充電できるUSB-Aを2口
パソコンの充電や電気毛布などに利用できるAC100Vコンセントが1口
車載冷蔵庫などが使用できるシガーソケットを1口
搭載しています。本体重量は3.6kgです。

 

他シリーズとの比較

現在、JVCブランドは電気容量375~1002Whまでラインナップがあり合計3機種あります。中でも、JVCポータブル電源375は、1番小さいサイズでいわゆる『コンパクト』の位置付けです。

メーカーとしても、ライトユーザーをターゲットとしているのでしょう。

なお、人気メーカーのJackeryだと、同クラス品「400シリーズ」が400Whとなっており、やや容量が多いです。

公式サイトでの購入で、2年間の製品保証が付帯します。国内サポートも受けられます。

Jackery Japan
Jackery ポータブル電源 400 容量110000mAh/400Wh Jackery ポータブル電源 400 の商品紹介 Jackery ポータブル電源 400は400Whの大容量、キャンプ、車中泊、アウトドアで家庭用電源が使えて便利です。Jackery ポータブル電源...
Jackery Japan
Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 400 Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 400 1~2日程度のキャンプ、車中泊、災害時に最適

Jackery 400シリーズ 公式販売ページ

Jackery 400シリーズ ソーラーパネルセット

400シリーズの解説記事はこちら

 

良い口コミ・評価

JVCポータブル電源375の良い口コミでは

・スマホやタブレットだけの充電だけなら十分で、複数台を充電できるように凹凸があって便利
・災害時にスマホ充電用として、1階と2階用に分けて2台購入した
・カスタマーサポートを受けて、-10℃の環境でも十分使用できた
・EV用のV2Hを自動立ち上げ用として、簡単にできた
・コンパクトさに惹かれて購入し、スマホやドローンの充電に活躍

などがありました。

目的は明確で、スマホの充電に焦点を当てれば十分な性能仕様を満たせており、災害時に過程で用意するのに良さそうです。スマホや照明など、あまり電気容量を必要としない弱電デバイスであれば十分使えるのではないでしょうか。

また、良い口コミはそのコンパクトが多く挙げられていました。寸法は231 x 168 x 134mmと宅急便の60サイズより小さいです。重量も3.6kgと、2リットルのペットボトル2本分もありません。

しかも、折りたたみの取手が付いているので、片手でラクラク持ち運べるのではないでしょうか。

 

悪い評判・口コミ

JVCポータブル電源375シリーズの悪い口コミでは

・製品がコンパクトなのはお年寄りとってありがたいが、せめて小さいライトがあればよかった
・せめて充電時間がもう少しでも短くなればいいな
・iPhoneを十分充電できるが、正規品のバッテリーと比較すると充電速度が遅かった
・製品の寸法の割に、梱包材が思いのほか大きかった
・スマホやモバイルデバイスが進化してきているので、USB-Cのインターフェイスが欲しかった

などがありました。

現段階では、初期不良の口コミは見受けられません。

しかし、充電時間が思いのほか長い、という意見がいくつかありましたので、次回作に解消できればと思いますね。USBを使うデバイスは、USB-Cが多くなってきています。JVCブランドの他機種では、USB-Cも備わっているのでこのことも次回の課題かもしれません。

心配な場合は、人気メーカーJackeryとの比較検討もおすすめです。

Jackery Japan

 

まとめ

宅急便60サイズより下回り、重量もたった3.6kg、折りたたみ取手付き、コンパクトで場所を取らない電源です。カバンに収納して出かけるユーザーもいるくらいでした。

モバイル性も優れているうえ、出先や非常時のスマホ充電といった具合に用途を限定すれば、もっと快適な生活が実現できるかも知れません。

ライトなアウトドアやDIYやバーベキューでも使えそうですし、もっと使えるジャンルがもっとあることでしょう。

実際に購入する際は、人気メーカー「Jackery」との比較検討をおすすめします。

 

【米国シリコンバレー発】Jackeryのポータブル電源

ポータブル電源選びでお悩みの方へ

安い買い物ではありませんから、慎重に選びたいですよね。

でも、家電と違って、聞いたことのないメーカーばかり…
一体どれを選べばいいのか…

そう思っていませんか?

その気持ちはよくわかります。


信頼できるブランドを選ぶ

ポータブル電源を選ぶ基準は人それぞれですが、
もしお悩みなら、ブランドで選んでみてはいかがでしょうか?

そう、米国シリコンバレー発のポータブル電源ブランド
Jackery(ジャクリ)」のことです。

古き良きカリフォルニアデザイン

Jackeryの魅力は、オレンジを基調とした「カリフォルニアデザイン

アメリカを感じさせ、冒険心がわいてくる素敵なデザインですよね。

ソーラーパネルもそろいのデザインで、ブランドの認知度は抜群。
どこに出しても恥ずかしくない」ポータブル電源といえるでしょう。


老舗ポータブル電源ブランド

Jackeryの魅力は、ブランド力やデザインにとどまりません。

その信頼性も注目すべきポイントです。

Jackeryは、ポータブル電源界の先駆者的存在。
老舗のブランドならではの安定感が光っています。

日本の安全基準にはもちろん適合しています。


JVCケンウッドとの技術提携

さらに、Jackeryは、東証プライム市場に上場し
日本を代表するオーディオ・車載機器メーカーのひとつに数えられる、

JVCケンウッド」と技術提携しているという事実。

これは、技術力を担保する何よりの証拠ではないかと思います。


公式ルートで買うと長期保証

さらに、正規販売店での購入は、製品登録で長期延長保証が付帯する

これが非常に安心なポイントです。

特に、公式サイトでの購入は、購入画面で簡単に保証が選択できます。

通常モデルは最長3年保証が付帯。これだけでもすごいことなのですが、

従来モデルより長寿命高速充電に対応し、コスパも良い

1000 Pro」「1500 Pro 」「2000 Pro 」の3モデルと、

標準モデルの8倍の長寿命サイクル設計のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載した

1000 Plus 」「2000 Plus 」「300 Plus 」の3モデルは、

なんと、最長5年(3年+2年)もの長期延長保証が付帯する
というから驚きです。

もちろん、ソーラーパネルセット(Solar Generator)も対象となります。

繰り返しますが、これには正規販売店での購入と製品登録が必要です。

もっともわかりやすくて安心なのは、公式サイト
購入時に「無料2年延長プラン」を選択・ユーザー登録で保証が付帯されます。

さらに、公式サイトは日本全国送料無料

支払い方法も充実。明朗会計で安心です。

お見逃しなく。

なお、どれがいいか迷った場合は、本格的な用途に耐えうる大容量、
容量と価格のバランスが良く、高速充電に対応し、

リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したことにより
4,000サイクル(初期モデルは500サイクル)もの圧倒的な長寿命を実現した新モデル「1000 Plus 」と「2000 Plus 」をおすすめします。

アウトドアはもちろん、防災用としても太鼓判の高スペックですよ。

一方、本格的に使うかわからない、とりあえず小型の格安モデルを試したい、
Jackeryで冒険気分を味わってみたいという場合は、

長寿命な「リン酸鉄リチウムイオン電池」を搭載し 3万円台と格安。最新型コンパクトモデルの「300 Plus 」と、 小型ソーラーパネルセットの「Solar Generator 300 Plus 」の2モデルをおすすめします。

こちら容量は小さいですが、とにかく安いのでサブ機としても最適です。

 

 

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

関連記事

JackeryとJVC/KENWOODのポータブル電源の違いとは?

JVC、Victor(ビクター)、KENWOOD(ケンウッド)はどこの国の会社?関係は?

Jackeryポータブル電源400の評価を口コミからまとめてみた

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次