Lenovo(レノボ)とフロンティア(FRONTIER)の比較[BTO]

ノートPC・タブレット

レノボとフロンティアの比較

Lenovo(レノボ)とフロンティア(FRONTIER)は、BTOパソコンで有名なブランドです。この両者の比較を試みました。

 

元記事はこちらです。

国産PC/日本製PC/国内パソコンメーカー一覧[BTO][大手]
国産PC・日本製ノートパソコン/デスクトップPCの一覧。日本製と国内資本を明記したパソコンの情報は非常に少なく、一見の価値があると思います。日本メーカーを応援している方、安全保障やセキュリティを考慮される方にもおすすめです。海外勢は別記事。ショップブランドも。

 

限りある資源を大切に。パソコンのリサイクルに、ご協力をお願いします!

家庭系リサイクル :: PC3R
家庭系PCリサイクル・使用済みとなったパソコンを回収・リサイクルする仕組みです。

 

 

日中のBTOパソコン

レノボとフロンティアは、ともにBTOパソコンブランドとして知られています。

 

本社所在地

両者の本社および本店はどこにあるのでしょうか。

 

Lenovo

中国企業

Lenovo(レノボ)は、聯想集団(レノボ・グループ)が展開する、中国のパソコンブランドです。

同社の実質的な本社は、中国・北京にあります。

中国レノボ(Lenovo)製PCのスパイ疑惑とNEC・富士通。ThinkPadのバックドア問題とは?
レノボはThinkPadなどで知られる、国内でも世界でもトップクラスのシェアを誇るPCメーカーですが、その実体はあまり知られていません。一方、中国製であるとかスパイ疑惑がある、中国政府と関係があるといった論調も見られます。この記事ではその真相に迫りました。

日本法人「レノボ・ジャパン合同会社」の本社は、東京都千代田区外神田四丁目14番1号の秋葉原UDXにあります。

 

FRONTIER

インバースネット

FRONTIER(フロンティア)は、インバースネット株式会社が展開する、日本のパソコンブランドです。

https://www.inversenet.co.jp/

 

横浜市神奈川区

インバースネット株式会社の本社は、横浜市神奈川区にあります。

https://www.inversenet.co.jp/profile/outline/

 

「横浜FC」公式スポンサー

またフロンティアは、サッカーJ1「横浜FC」の公式スポンサーとしても知られます。

横浜FCオフィシャルウェブサイト
横浜FCの公式サイトです。ニュース、試合、チケット、選手・クラブメンバー等の情報をご覧いただけます。

 

 

 

資本関係

両運営会社の資本関係はどのようになっているのでしょうか。

Lenovo

中国科学院

聯想集団(レノボ・グループ)は、中国政府系研究機関として知られる「中国科学院」の一部門であった、「中国科学院電子計算器研究所」を前身とする企業です。

このため、中国政府の影響力が強いと考えられます。

 

FRONTIER

ヤマダホールディングス

「インバースネット株式会社」は、日本最大手の家電量販店グループである「ヤマダホールディングス」の子会社です。このため、同グループの強力な資本が背景にあります。

 

 

 

勢力圏

Lenovo

レノボの勢力圏は世界各国ですが、特に中国や日本等のアジア地域市場を強みとします。

 

FRONTIER

フロンティアは基本的にオンライン主体の販売形態であり、勢力圏は日本全国になります。

 

 

 

製造工場

Lenovo

レノボの日本向けPC製造工場は、中国にあります。中国製です。

一方、ビジネスノートパソコン「ThinkPad(シンクパッド)」シリーズに関しては、横浜・みなとみらい地区で開発が行われています。

また、日本向けの「ThinkPad」一部機種については、山形県米沢市にある「NECパーソナルコンピュータ米沢事業場」で組立が行われています。当該機種は「米沢生産」と記載があるため、中国生産品と識別できます。

 

FRONTIER

フロンティアの工場は、山口県柳井市にあります。

BTO PC「FRONTIER」の工場に潜入!26年のノウハウと配線職人の“技”を見てきた ユーザーに“寄り添う”サービスを提供、低価格・高品質なオリジナルPCの裏側 text by 日沼諭史
 「フロンティア神代」あるいは「KOUZIRO」と聞いてすぐにピンとくる人は、そう多くないかもしれない。

 

 

 

品質管理

Lenovo

レノボは、コンシューマ(一般消費者)向けパソコン事業では市場シェア首位級です。また、ThinkPadに関しては日本で開発され、一部機種は日本国内の工場で組み立てているため、レノボの他シリーズと比較すると品質は高めであると考えられます。

 

FRONTIER

フロンティアのPC組立工程は、前身の「フロンティア神代」時代から在籍する熟練工を含む、多数のスタッフによって支えられています。

1日あたり最大150台、月産3,200台にのぼる生産キャパシティと、27年を超えるノウハウが生かされています。

 

 

 

用途別

Lenovo

Lenovoのパソコンは、大きく5つに分類することができます。

 

Think

「ThinkPad」「ThinkCentre」で知られる、米IBMから引き継いだブランドです。特に「ThinkPad」は赤いトラックポイントが特徴であり、そのデザインは日本で考案されたと言われています。

最近になって、レノボの考案による「ThinkBook」シリーズが追加されましたが、こちらについては、IBMとの関係はあまりないと考えられます。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

Lenovo

「Lenovo」シリーズは同社の社名を冠したPCブランドで、低価格帯から高価格帯まで幅広く展開しています。

他に「Ideapad」や「Ideacentre」、クリエイターにも対応した「Yoga」などがあります。ラインナップはラップトップやデスクトップのほか、タブレット、2in1などです。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

ゲーミング

ゲーミングPCの「Legion」は、ゲーミングデスクトップやゲーミングノートパソコンを取り揃えています。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

モニタ

レノボのモニタには、「Lenovo」ブランドと「ThinkVision」ブランドの2種類があります。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

法人向け

各種法人向けパソコンやアクセサリ、サーバー、ワークステーションなどを販売しています。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

 

FRONTIER

一方、フロンティアのパソコンは、大きく4つに分類することができます。

 

「FRONTIER」

「FRONTIER(フロンティア)」は、フロンティアの主力ブランドであり、国産PCブランドです。ミドルタワー型などのデスクトップパソコンをはじめ、ノートPCやモバイルノートパソコンも取り揃えています。

公式サイト

FRONTIERダイレクト

 

 

FRONTIER GAMERS

フロンティアが展開するゲーミングPCブランドである、「FRONTIER GAMERS」は、エントリークラスからエンスージアスト向けまで、幅広いゲーミング環境に対応したモデルを取り揃えています。

重量級ゲームを動かせるハイエンドモデルも取り揃え、選べるカスタマイズにも対応した、本格的なゲーミングパソコンです。

公式サイト

FRONTIER GAMERS

 

 

FRONTIER クリエイターPC

フロンティアのクリエイター向けPCには、「CLIP STUDIO PAINT」動作確認済推奨パソコンや、サイバーリンクの動画編集ソフト「PowerDirector」、画像編集ソフト「PhotoDirector」などの搭載モデルもあります。

公式サイト

FRONTIER クリエイター

 

 

FRONTIER 法人向けPC

フロンティアのビジネス・法人向けパソコンは、ノートPCとデスクトップPCの両方を取り揃えています。

公式サイト

FRONTIER ビジネス

 

 

 

価格や特徴

Lenovo

低価格からプロフェッショナルまで

レノボには、2つの顔があります。コストパフォーマンスを最優先にした低価格シリーズと、「ThinkPad」に代表される、プロフェッショナルな製品群です。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

FRONTIER

シンプルで選びやすい

一方、フロンティアはパソコン製造が本業であることから、あまり奇をてらったモデルはないものの、シンプルで選びやすい、実用性に重点を置いたモデルが多く見受けられます。

BTOパソコン オンラインストア FRONTIER 〜 BTOパソコン通販・販売・購入ならお任せください 〜
BTOパソコンのFRONTIER(フロンティア)公式通販サイトへようこそ。格安デスクトップ・ノートPCはもちろん、SSD、最新グラフィックカード搭載ゲーミングPCなどご希望のカスタマイズも可能です。サポート・長期保証も充実。安心の国内生産。お気軽にご相談ください!

 

 

元記事はこちらです。

国産PC/日本製PC/国内パソコンメーカー一覧[BTO][大手]
国産PC・日本製ノートパソコン/デスクトップPCの一覧。日本製と国内資本を明記したパソコンの情報は非常に少なく、一見の価値があると思います。日本メーカーを応援している方、安全保障やセキュリティを考慮される方にもおすすめです。海外勢は別記事。ショップブランドも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました