[Click!] セキュリティソフト選びでお悩みの方へ

moto(Motorola)とはどこの国の会社?中国製のメーカー?[モトローラ]

スマートフォン

「moto」「Motorola(モトローラ)」の正体

Amazonや格安スマホなどで、「moto」「Motorola」というブランドのスマートフォンを見かけたことがありますか?

今回はこちらのブランドについて、分かる範囲で解説していきたいと思います。

 

この記事を読むと、「motoとは何か」がわかります。

 

↓↓スマホ選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ!↓↓

GalaxyとOPPOとXiaomiとHUAWEIのスマホを比較した結果

 

 

「moto」「Motorola」は米国企業のブランド

「Motorola(moto、モトローラ、摩托罗拉)」ブランド製品は、「Motorola Mobility LLC.(モトローラ・モビリティ)」という企業が展開しています。

モトローラは、アメリカ合衆国シカゴ郊外のイリノイ州シャンバーグに本社を置いています。

 

 

 

中国企業の子会社

Motorola Mobility LLC.は、中華人民共和国北京市に本部を置くコンピュータメーカー「联想集团(レノボ・グループ、Lenovo)」の子会社です。

Lenovoは、世界トップクラスのシェアを誇るPCブランドとして知られます。

つまり、Motorola Mobility LLC.の親会社は中国企業です。

中国レノボ(Lenovo)製PCのスパイ疑惑とNEC・富士通。ThinkPadのバックドア問題とは?
レノボはThinkPadなどで知られる、国内でも世界でもトップクラスのシェアを誇るPCメーカーですが、その実体はあまり知られていません。一方、中国製であるとかスパイ疑惑がある、中国政府と関係があるといった論調も見られます。この記事ではその真相に迫りました。

 

 

 

設立は1928年

Motorola(Motorola Inc)は、以前はGalvin Manufacturing Corporationとして知られており、1928年に設立されました。

1947年にモトローラに改名され、1930年代から商標として使用されてきました。

 

 

 

2011年に会社分割

Motorola Incは、2011年にモトローラ・モビリティとモトローラ・ソリューションズに会社分割を行いました。

モトローラ ソリューションズ - Motorola Solutions Japan
あらゆるビジネス環境に対応するため、幅広い製品ポートフォリオをご用意

 

Googleによる買収と思惑

Motorola Mobility LLC.は、同年米Googleにより買収されます。

これには、端末事業はもちろんですが、主に同社が保有する特許を得る目的があったのではないかとされています。

GoogleによるMotorola Mobility買収、3つのメリット
突如発表された、GoogleによるMotorola Mobilityの買収。規制当局の承認を得る必要はあるが、この買収が完了することでGoogleにはどのようなメリットがもたらされるのか。大きく3つのメリットがあると考える。
グーグルのモトローラ買収、目的は特許18件の獲得か--米報道
グーグルによるモトローラ・モビリティ買収の目的は、「Android」対抗勢力との戦いに必要な特許18件を手に入れることだと報じられている。

 

GoogleからLenovoへ

2014年1月30日、Googleは、Motorola Mobility LLCを中国Lenovoへ譲渡すると発表しました。

グーグルはなぜモトローラを売ったのか | スマホ・ガジェット
グーグルは1月29日、モトローラ・モビリティを29.1億ドルで中国パソコン大手のレノボに売却すると発表した。2012年に125億ドルで買収したのと比べると売却価格が安く感じられるが、レノボに譲るのは多機能携帯電話…
グーグルのモトローラ買収&売却をめぐる損得の皮算用
グーグルがモトローラモビリティをレノボに売却した。これでグーグルは儲かったのか損したのか。議論が飛び交っている。

 

 

 

主力製品はスマートフォン

motoの主力製品は、複数モデルを展開するスマートフォンです。中低価格帯に強みがあります。

 

 

 

格安スマホに強み

motoにもフラッグシップモデルはありますが、どちらかと言えば、ライト~ミドルスペックのコスパを重視したスマホに強みがあります。

このため、NTTグループのOCN モバイル ONEや、楽天グループの楽天モバイル

ソニーグループのnuro mobileといった主要な格安スマホ事業者でも販売が行われています。

 

 

 

スマートウォッチも

また、スマートウォッチなどの販売も行っています。カナダデザインのクールな外観が特徴です。

 

 

 

まとめ

以上のことから「moto」は、中国企業の子会社が展開する、米国発祥のスマートフォンブランド、

そして同ブランドによる中国製のスマートフォン、スマートウォッチということになります。

 

お役に立てましたか?商品検索はページ下部へ!

 

↓↓スマホ選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ!↓↓

GalaxyとOPPOとXiaomiとHUAWEIのスマホを比較した結果

 

え!?まだdonedoneを使ってないの?

大手キャリアに月6500円も支払うなんて、時代遅れですよ!!

donedone(ドネドネ)の「ベーシックU」プランなら、
3Mbpsの速度で、お得に、思う存分スマホ生活が楽しめる!!

一見遅いと思うかもしれませんが、実はこれで十分。
YouTubeやLINE、Twitterも問題なく使えます!

しかも、人口カバー率99.9%「au」の4G LTEエリアが利用可能。
大容量50GB、月額2,728円という料金水準はほかにありません!

コスパ最強の格安SIM。今すぐ乗り換えないと損ですよ!!
スマホ料金節約して、自分のためにお金使いましょう!

↓↓donedone公式ページはこちら↓↓

 

スマートフォン
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしよう!
Gadgeblo公式TwitterではPC・家電・スマホ周りのお役立ち情報も。チェックしてみてね!

さては、化石みたいなWiFiを使っていますね!?

「VisionWiMAX」を使わないあなたは、損をしています。

理由はたくさんありますよ?

「VisionWiMAX」なら…

  1. 事務手数料無料!2ヶ月目まで月額1,528円!
  2. 契約期間内の乗り換えでも違約金が0円に!
  3. 解約時に端末下取りでご利用料金を割引!
  4. 最短当日発送!届いた日から使える!

即日発送
開通工事不要
契約事務手数料0円
0~2ヶ月目月額1,528円
3ヶ月目以降も他社同等以下の料金
乗り換え時の違約金負担で解約金が0円

値段が安いだけではありません。電話サポートもしっかりしていて安心です。

数年前のポケファイとかUSBカードとか使ってるなら、
もはや、今すぐ乗り換えないとオワコンです。

↓↓【VisionWiMAX】こちらからどうぞ↓↓

Gadgeblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました