パソコン選びで損をしないための、たったこれだけの方法

PowerDirectorとPowerDVDとPowerProducerの違いは何?

コンピュータソフト

PowerDirectorとPowerDVDとPowerProducerは名前が似ているけど何が違うの?

パソコンで動画を見たり編集するにはソフトウェアが必要ですが、
似たような名前や機能のものがあって違いがよく分からないこともあります。

今回はCyberLink社が提供しているPowerDirector・PowerDVD・PowerProducerの
3つのソフトウェアの違いについて詳しく見ていきましょう。

最後まで読んでいただくと、
あなたが求めている機能が使えるソフトがどれか分かりますよ。

 

関連記事

WinDVDとPowerDVDどちらの再生ソフトを使うべきか比較してみた

PowerDirector・Premiere Elements・Vegas・Filmoraを徹底比較してみた

PowerDirector・Corel VideoStudio・Filmoraで使いやすいのはどれか比較してみた

 

 

動画編集ソフトか動画再生ソフトか

サイバーリンク PowerDVD 18

PowerDirector・PowerDVD・PowerProducerの3つの違いを簡単に説明すると、
「動画編集ソフトと動画編集ソフト」となります。

PowerDirectorとPowerProducerの2つは動画編集ソフトで、
自分で撮影した動画を編集したり、動画にエフェクトを加えたりなどができます。

PowerDVDは動画再生ソフトで、
パソコンでDVDやブルーレイを視聴する際に使うソフトです。

自分で撮影した動画を編集・加工するのにPowerDirectorかPowerProducerを使い、
編集・加工した動画を視聴するのにPowerDVDを使うことになります。

 

PowerDirectorとPowerProducerの違い

サイバーリンク

PowerDirectorもPowerProducerも「動画編集ソフト」ですが、元々は
PowerDirectorが動画編集ソフトでPowerProducerはオーサリングソフトでした。

オーサリングソフトというのは、簡単に言うと編集された動画をDVDやブルーレイの
ディスクに書き込むためのソフトです。

PowerDirectorで自分の撮影した動画を編集、
編集した動画をPowerProducerでDVDに焼くのが本来の使い方です。

バージョンアップを重ねたことで、PowerDirectorにオーサリング機能、PowerProducerに
動画編集機能が搭載されて似たような2つのソフトになってしまっているのです。

 

PowerDirectorは中級者向け、PowerProducerは初心者向け

オーサリングソフトに編集機能が搭載されたPowerProducerは、
動画編集に関しては初心者向けです。

動画編集ソフトにオーサリング機能が搭載されたPowerDirectorは、
動画編集については中級者向けとなります。

動画編集に関する機能はPowerDirectorの方が充実しており、
より本格的な動画を作成することが可能です。

PowerProducerの方は動画編集機能はPowerDirectorに比べると簡易で、
少ない手順で簡単に動画編集できるようになっています。

初めて動画編集するあるいはこれまでに動画編集の経験があまりないと
いった場合には、PowerProducerの方が使いやすいですね。

動画編集の経験がそれなりにあって、色んなエフェクトを加えて本格的な動画を
作りたいならPowerDirectorがおすすめです。

 

動画編集を仕事にするならPowerDirectorでは不十分

趣味で動画を作ったり編集したりするぐらいならPowerDirector・PowerProducerで
十分ですが、仕事となるとこれらのソフトでは不十分です。

プロが使用する動画編集ソフトに比べるとPowerProducerは機能性や拡張性が
劣るため、「お金を稼ぐ動画」を作るには少し力不足と言わざるをえません。

まずはPowerDirectorで動画作りを始めて、PowerDirectorで使えない機能や
作れない動画が出てきたら他のソフトの利用を検討すれば良いのではないでしょうか。

> PowerDirector

 

 

価格の違い

PowerDirectorとPowerDVDはパッケージ版とサブスク版の2種類があり、
PowerProducerはパッケージ版のみでサブスク版はありません。

PowerDirectorのパッケージ版は
・Ultra 12,980円
・Ultimate 16,980円
サブスク版は
・365 年額8,480円
・suite 365 年額15,980円
・365 ビジネス 年額32,800円
となっています。

PowerDVDのパッケージ版は
・Standard 4,800円
・Pro 7,200円
・Ultra 11,800円
サブスク版は年額5,940円です。

PowerProducerは
・Deluxe 6,900円
・Ultra 8,900円
となります。

パッケージ版はアップグレードができない代わりに価格は安め、
サブスク版は価格が高いものの常に最新版が使えるのがメリットです。

 

 

まとめ

CyberLink社の3つのソフトウェアには
・PowerDirectorは動画編集
・PowerDVDは動画再生
・PowerProducerはオーサリング
という主な機能の違いがあります。

パソコンで動画を作りたいのか観たいのか、
それともディスクに動画を焼きたいのかで選ぶソフトが変わります。

まずはあなたがパソコンで動画をどうしたいのかを考えて、
それに合った機能のあるソフトを選ぶようにしてくださいね。

> CyberLink 公式サイトへ行く

 

関連記事

WinDVDとPowerDVDどちらの再生ソフトを使うべきか比較してみた

PowerDirector・Premiere Elements・Vegas・Filmoraを徹底比較してみた

PowerDirector・Corel VideoStudio・Filmoraで使いやすいのはどれか比較してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました