[Click!] セキュリティソフト選びでお悩みの方へ

PS5の増設/換装用SSDには、ヒートシンク搭載内蔵M.2 SSDを

ガジェット・電子機器

PS5増設用SSD・PS5換装用SSDまとめ

PS5の増設・換装用には、PCIe 4.0対応の「M.2」タイプ内蔵SSDが適していると考えられます。

では、PS5に適したM.2 SSDとはどのようなものなのでしょうか。

 

関連記事はこちらです。

 

 

PS5にSSDを増設・換装できるのか

そもそも、PS5にSSDを増設・換装することは可能なのでしょうか。

 

最新情報

ソニーから、適合するSSDの要件が発表されました(一部抜粋)。

インターフェース: PCIe Gen4x4 M.2 NVMe SSD

容量:250GB~4TB

放熱構造:ヒートシンク取り付け必須

シーケンシャル読み込み速度:5,500MB/秒以上を推奨

モジュールの幅:22mm幅(25mm幅は非対応)

対応サイズ:M.2 type 2230、2242、2260、2280、22110

ソケットタイプ:Socket 3 (Key M)

放熱構造(ヒートシンクなど)を含むサイズ:
ミリメートル単位:110mm (L) x 25mm (W) x 11.25mm (H)未満

 

より詳細な要件については以下をご覧ください。

PS5にM.2 SSDを取り付ける方法 日本
PS5の本体ストレージを拡張するのに使用できるM.2 SSDと、拡張スロットにM.2 SSDを取り付ける方法をご紹介します。

 

 

SSDの換装は不可能

まずPS5は、SSDの「換装」ができません。

PS5のSSDは、以下のように「オンボード」であり、基盤に直接実装されています。このためユーザーが換装を行うことはできません。

PS5が分解でバラバラに、巨大ファン健在 液体金属の熱伝導材も
米Sony Interactive Entertainment(SIE、ソニー・インタラクティブエンタテインメント)は2020年11月に発売予定の据え置き型ゲーム機の次世代機「PlayStation 5(PS5)」の分解動画を公開した。これまで同社は、新型機が登場するごとに分解動画を公開してきたが、発売1カ月以上前に公...

 

 

物理的にはSSDの増設が可能

一方、SSDの「増設」をすることはできます。

結論から申し上げると、「PCIe 4.0対応のM.2 SSD」であれば、PS5にSSDを増設することが「物理的には」可能です。

これは、以下のような記事で発売当初から、拡張スロットの存在が示唆されていることからも伺うことができます(詳しいシステム要件も記載されています)。

PlayStation 5で外付けSSDは使える?PS4から使い回せる?本体内M.2スロットは?いろいろ試してみた!
 11月12日(木)、実に7年ぶりの新型となる家庭用ゲーム機「PlayStation 5(以下PS5)」がソニー・インタラクティブエンタテインメントから発売された。

 

 

ソフトウェア的には増設が不可能

しかし、ここで大きな問題が立ちはだかります。「物理的には」対応している「PS5へのSSDの増設」ですが、「ソフトウェア的には」対応していないことが判明したのです。

PS5の内部SSDスロット、発売時はストレージ拡張に非対応。対応要件を後日発表 - Engadget 日本版
ソニーの新型ゲーム機「PlayStation 5(以下、PS5)」の内部SSDスロットは、ローンチ時にはストレージ拡張に対応しないことが明かされました。

 

 

将来的にはSSD増設可能とされた

ソニーの発表や各種報道によれば、「ソフトウェアアップデート」により、近い将来PS5へのSSD増設ができるようになる可能性が高いとされていました。

その後、2021年9月に、ソフトウェアアップデートが発表され、PS5へのSSD増設がソフトウェア的にも可能となりました。

ついにM.2 SSDストレージに対応! PS5、システムアップデートを実施 リモートプレイがモバイルデータ通信でも可能に
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは9月15日、プレイステーション 5のシステムアップデートを実施した。これに合わせてプレイステーション 4やPS Remote Playアプリにもアップデートが適用される。

 

詳しい増設方法は、以下のページに記載されています。

PS5にM.2 SSDを取り付ける方法 日本
PS5の本体ストレージを拡張するのに使用できるM.2 SSDと、拡張スロットにM.2 SSDを取り付ける方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

PS5増設用に選ぶべき内蔵SSDとは

では、PS5増設用に選ぶべき内蔵SSDとは、どのようなものなのでしょうか。

 

「PCIe 4.0対応のM.2 SSD」

まず、「SSDの規格」がPS5に対応していないことには話が始まりません。

各所で報道されているように、PS5に対応するのは

「PCIe 4.0対応のM.2 SSD」

だということです。こちらの規格に対応したものを選びます。

 

 

ふさわしいスペック

さらに、「ゲーミング用途」で使用することを考慮すると、PS5の「ボトルネックとならない」読み込み速度を備えているといいですね。

アスキーによれば、PS5の内蔵SSDは「公称値5500MB/s」を実現しているということですので、それなりの高速SSDを搭載したいと求められる場合が多いでしょう。

「PCIe 4.0対応」という要件は、おそらくそうした理由から来ているのです。

 

 

 

ヒートシンク必須

ソニーの発表によれば、M.2 SSDにはヒートシンク(放熱用の金属パーツ)が搭載されていなければなりません。

 

 

 

 

PS5増設・換装用におすすめなSSD

では、条件に合致するSSDを、具体的に見ていきましょう。

 

ソニーから、適合するSSDの要件が発表されました。

インターフェース: PCIe Gen4x4 M.2 NVMe SSD

容量:250GB~4TB

放熱構造:ヒートシンク取り付け必須

シーケンシャル読み込み速度:5,500MB/秒以上を推奨

モジュールの幅:22mm幅(25mm幅は非対応)

対応サイズ:M.2 type 2230、2242、2260、2280、22110

ソケットタイプ:Socket 3 (Key M)

放熱構造(ヒートシンクなど)を含むサイズ:
ミリメートル単位:110mm (L) x 25mm (W) x 11.25mm (H)未満

 

より詳細な要件については以下をご覧ください。

PS5にM.2 SSDを取り付ける方法 日本
PS5の本体ストレージを拡張するのに使用できるM.2 SSDと、拡張スロットにM.2 SSDを取り付ける方法をご紹介します。

 

 

 

NEM-PA1TB/H

Nextorage

Nextorage株式会社は、川崎市に本社を置く、ソニーストレージメディアソリューションズ株式会社と台湾・Phison Electronics Corporation(ファイソン・エレクトロニクス・コーポレーション)の合弁会社です。

ソニーのフラッシュメモリ製品事業を分離して設立されました。主にデータセンター向けのエンタープライズSSDを生産する企業でしたが、新たにコンシューマ向けハイエンドM.2 SSDについても市場投入を開始しました。

「NEM-PA1TB/H」は、PS5対応のヒートシンク搭載内蔵M.2 SSDであり、容量は1TBです。

 

 

 

 

NEM-PA2TB/H

Nextorage

Nextorage株式会社のPS5対応シリーズのうち、「NEM-PA2TB/H」は、ヒートシンク搭載内蔵M.2 SSDであり、容量は2TBです。

 

 

 

 

WD_BLACK SN850

ウエスタンデジタル

WDのハイエンドM.2 SSD

Western Digital(WD)から2020年11月に発売された、PCIe 4.0対応のM.2 SSD「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」も、速度面で条件に合致するSSDの一つです。以下の記事にあるように、大手メディアでも実際に取り上げられたことがあります。

PS5の拡張スロットに挿してみた!リード最大7GB/sのWD製SSD「WD_BLACKSN850」の実力をチェック (1/3)
Western Digitalは、PCIe 4.0対応でシーケンシャルリード7000MB/sのSSD「WD_BLACK SN850 NVMe SSD」を11月13日に発売した。PlayStation 5でもPCIe 4.0対応のM.2 SSDが対応予定なこともあり、そのパフォーマンスは気になるところ。今回、本製品の実力...

 

一方、ヒートシンクを搭載していないため、別途ヒートシンクを購入して取り付ける必要がある点はネックです。

 

 

 

 

CFD PG4VNZ

CFD販売

名古屋市のCFD販売からも、速度面で適合するSSDが発売されています。大手メディアでも取りあげられました。

1TBモデルは2万円を下回っています(ヒートシンク別)。

PlayStation 5にM.2 SSDを増設!内蔵SSDとロード時間に差があるのか試してみた SSDの増設は簡単、CFD販売の7GB/s SSDを追加搭載 text by 佐藤岳大
 「PlayStation 5」のシステムソフトウェアアップデートが実施され、待望のM.2 NVMe SSDの増設機能が解禁された。

 

一方、ヒートシンクを搭載していないため、別途ヒートシンクを購入して取り付ける必要がある点はネックです。

CFD純正のヒートシンクは、10月以降に発売予定です。

 

 

 

 

AddGame A95

addlink Technology

台湾のアドリンクによって開発された、PS5対応のヒートシンク搭載SSDです。

ヒートシンクを標準搭載している点は強みですが、国内未発売です。

PCIe_A95 | addlink

 

 

 

Seagate FireCuda 530 M.2

シーゲイト・テクノロジー

シーゲイトは米国のHDDメーカーで、SSDも販売しています。

「Seagate FireCuda 530 M.2」は、2021年8月発売予定、PCIe 4.0に対応しており、製品3年保証 、7000MB/sです。

一方、ヒートシンクを搭載していないため、別途ヒートシンクを購入して取り付ける必要がある点はネックです。

 

 

 

 

Sabrent ロケット

Sabrent

米国のSSDメーカー。

「Rocket(ロケット)」シリーズは、PCIe 4.0に対応しているものもあります。

一方、ヒートシンクを搭載していないため、別途ヒートシンクを購入して取り付ける必要がある点はネックです。

 

 

 

以降、追記したいと思います。

 

関連記事はこちらです。

ガジェット・電子機器PCパーツ・周辺機器
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしよう!
Gadgeblo公式TwitterではPC・家電・スマホ周りのお役立ち情報も。チェックしてみてね!

さては、化石みたいなWiFiを使っていますね!?

「VisionWiMAX」を使わないあなたは、損をしています。

理由はたくさんありますよ?

「VisionWiMAX」なら…

  1. 事務手数料無料!2ヶ月目まで月額1,528円!
  2. 契約期間内の乗り換えでも違約金が0円に!
  3. 解約時に端末下取りでご利用料金を割引!
  4. 最短当日発送!届いた日から使える!

即日発送
開通工事不要
契約事務手数料0円
0~2ヶ月目月額1,528円
3ヶ月目以降も他社同等以下の料金
乗り換え時の違約金負担で解約金が0円

値段が安いだけではありません。電話サポートもしっかりしていて安心です。

数年前のポケファイとかUSBカードとか使ってるなら、
もはや、今すぐ乗り換えないとオワコンです。

↓↓【VisionWiMAX】こちらからどうぞ↓↓

Gadgeblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました