サイコムVSドスパラのガレリアを比較、どっちがいい?

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

サイコムVSドスパラガレリア、ゲーマーの心を掴むのはどちらか比較してみた結果

ゲーミングPCのBTOメーカーとして人気なのが「サイコム」と「ドスパラ」です。

ではサイコムのゲーミングPCとドスパラガレリアではどちらを選ぶほうが良いのか
価格やサポートなどを比較してみましょう。

 

BTOメーカーとしてはドスパラのほうが大手

ゲーミングPCのBTOメーカーとして比較すると、サイコムよりもドスパラがやや上です。

ドスパラは1984年に前身がパソコンショップとして創業、
1992年から店舗で作った自社製パソコンの販売を開始します。

現在ドスパラはサードウェーブという会社の傘下にあり、
2022年のサードウェーブ全体の売上高は750億円超です。

サイコムは1999年創業で、
創業当初からネット通販によるカスタムPCの販売を行っています。

売上高は2022年で30億円足らずですから、
企業規模としてはサイコムよりもドスパラの方がはるかに大きいです。

パソコンの製造・販売に関しても、ドスパラはWindowsよりも前の「DOS/V」の頃から
携わっているので一日の長があります。

サイコムはとても良いメーカーですが、ドスパラのほうが規模と歴史があります。

 

価格は同等スペックなら違いは無い

ゲーミングPCの価格で比較すると、
スペックを考えなければドスパラガレリアの方が安いです。

ドスパラガレリアは安いものだとデスクトップ型で10万円台、
ノート型だと9万円台で購入できます。

サイコムのゲーミングPCはデスクトップ型のみで、
最安のモデルでも17万円台となっています。

ドスパラガレリアの10万円台のデスクトップ型なら、モニターやキーボードなどの
周辺機器を含めても20万円以内に収めることが可能です。

サイコムは周辺機器を含めると最安モデルでも20万円を超えてきますから、スペックを考えない価格だけの比較ならドスパラガレリアの方が安いです。

ただ同等スペックのハイエンドゲーミングPCの価格で比較すると、
ドスパラガレリアの優位性は無くなります。

例えば
・Windows11
・CPU Intel Core i9-14900KF
・GPU GeForce RTX 4070 12GB
・メモリ 32GB DDR5
・ストレージ 1TB SSD
というスペックのドスパラガレリアは347,980円です。

上記と同じ条件のゲーミングPCがサイコムの公式ストアでは349,930円で
購入できます。

もちろん全く同じスペックではないものの、同等スペックのゲーミングPCであれば
ドスパラガレリアでもサイコムでも大きな価格差はありません。

サイコムは市販品に近いPCケースを採用しており、見た目が立派なので、
むしろ同じ価格ならサイコムのほうが満足度が高いかも知れません。

BTOパソコンのサイコム

 

購入しやすいのはドスパラガレリア

購入のしやすさで比較すると、実店舗のあるドスパラガレリアが上です。

ドスパラは北は北海道、南は沖縄まで全国に40店舗以上を展開しており、
ネット通販だけでなく実店舗でもドスパラガレリアが購入できます。

ドスパラもサイコムもカスタム前提ですから、
実店舗でスタッフと相談しながらカスタイズできるのはドスパラの大きなメリットです。

サイコムも購入前にカスタマイズについて相談できる電話窓口を設けており、
初めてカスタムPCを購入する人の心理的ハードルを下げています。

しかし電話と実店舗のスタッフでは、実店舗のスタッフの方が安心感が強いですから
ゲーミングPC購入のハードルがより低いのはドスパラです。

 

カスタムしやすいのはサイコム



カスタマイズのしやすさで比較すると、
ドスパラガレリアよりサイコムのゲーミングPCが上です。

どちらもCPU・GPU・メモリ・ストレージ・OS・CPUファンなどがカスタムできるのは
当然として、ケースや電源ユニットもカスタマイズできるようになっています。

カスタマイズの幅ではドスパラガレリアもサイコムもほぼ同じですが、
サイコムはカスタムパーツのメーカーがハッキリしています。

ドスパラガレリアはCPUやGPUなどメーカーがハッキリしているパーツもありますが、
ストレージや光学ドライブなどメーカーが分からないパーツもあったりします。

ちなみにサイコムでは、パーツのメーカーは全てカスタイマイズ画面で確認できます。

パソコンをカスタイマイズする人はパーツのメーカーにも気を配ることも多いので、
パーツのメーカーが分からないのは小さくないデメリットです。

 

サポートで選ぶならドスパラガレリア

購入後のサポートで比較するとドスパラガレリアが上です。

ドスパラガレリアは、
基本1年のメーカー保証を追加料金を支払うことで最大5年まで延長できます。

さらに追加で月980円を支払うと、
水濡れや落下などユーザー起因による故障にも対応してもらえます。

初期設定代行やデータ復旧、パーツの交換・増設といったサービスも有料ですが
受けることが可能です。

サイコムはメーカー保証を3年まで延長できますが、
ユーザー起因による故障までカバーできる保証はありません。

初期設定代行などのサービスもありませんし、
購入後のサポートで選ぶならドスパラガレリアがおすすめです。

 

まとめ

サイコムのゲーミングPCとドスパラガレリアを比較しましたが、
今回の比較ではドスパラガレリアがやや上という印象です。

ただサイコムはほぼフルカスタムが可能でパーツのメーカーもハッキリしており、
上級者向けメーカーとなっています。

初心者から中級者ならドスパラガレリア、上級者で自分の使いやすいように
フルカスタムしたいならサイコムを選ぶのが良いのではないでしょうか。

また高価なハイエンドモデルのゲーミングPCを購入する予定で、
見た目の豪華さや耐久性を重視する場合もサイコムがおすすめです。

BTOパソコンのサイコム

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次