[Click!] セキュリティソフト選びでお悩みの方へ

ツクモ(TSUKUMO)とフロンティア(FRONTIER)その関係と比較[BTOパソコン]

BTOパソコン・ゲーミング

ツクモとフロンティアの比較

ツクモ(TSUKUMO)とフロンティア(FRONTIER)は、BTOパソコンで有名なブランドです。この両者の比較を試みました。

 

元記事はこちらです。

国産PC/日本製PC/国内パソコンメーカー一覧[BTO][大手]
国産PC・日本製ノートパソコン/デスクトップPCの一覧。日本製と国内資本を明記したパソコンの情報は非常に少なく、一見の価値があると思います。日本メーカーを応援している方、安全保障やセキュリティを考慮される方にもおすすめです。海外勢は別記事。ショップブランドも。

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果

VAIOとThinkPadとLet’s noteのPCを比較した結果

 

 

国産BTOパソコン

ツクモとフロンティアは、ともに国産のBTOパソコンブランドとして知られています。

 

本社所在地

両者の本社および本店はどこにあるのでしょうか。

 

ツクモ

九十九電機

ツクモの運営会社は、かつては「九十九電機株式会社」であり、東京都千代田区外神田(秋葉原地区)に本社がありました。

 

Project White

現在は、同じく千代田区外神田に本社事務所を置く、「株式会社Project White」により運営されています。一方、同社の本店は、群馬県高崎市にあります。

「株式会社Project White」は、「九十九電機株式会社」の、実質的な事業承継会社です。

 

FRONTIER

インバースネット

FRONTIER(フロンティア)は、インバースネット株式会社が展開する、日本のパソコンブランドです。

https://www.inversenet.co.jp/

 

横浜市神奈川区

インバースネット株式会社の本社は、横浜市神奈川区にあります。

https://www.inversenet.co.jp/profile/outline/

 

「横浜FC」公式スポンサー

またフロンティアは、サッカーJ1「横浜FC」の公式スポンサーとしても知られます。

https://www.yokohamafc.com/

 

 

 

資本関係

両運営会社の資本関係はどのようになっているのでしょうか。

ツクモ

ヤマダホールディングス

「株式会社Project White」は、国内首位の家電量販店グループとして知られる、「ヤマダホールディングス」の子会社です。このため、同グループの強力な資本が背景にあります。

 

FRONTIER

ヤマダホールディングス

実は「インバースネット株式会社」も、「株式会社Project White」と同じく「ヤマダホールディングス」の子会社です。このため、こちらに関しても同グループの強力な資本が背景にあります。

 

 

 

勢力圏

ツクモ

ツクモの本拠地は、秋葉原です。

一方、大阪や福岡など、各地に店舗を構えていること、およびオンラインショップによるPCの販売を積極的に行っていることから、その意味では勢力圏は全国といえます。

 

FRONTIER

一方、フロンティアは基本的にオンライン主体の販売形態であり、勢力圏は全国になります。

 

 

 

製造工場

ツクモ

ツクモのPC工場所在地は公開されていませんが、日本国内にあります。

 

FRONTIER

フロンティアの工場は、山口県柳井市にあります。

BTO PC「FRONTIER」の工場に潜入!26年のノウハウと配線職人の“技”を見てきた ユーザーに“寄り添う”サービスを提供、低価格・高品質なオリジナルPCの裏側 text by 日沼諭史
 「フロンティア神代」あるいは「KOUZIRO」と聞いてすぐにピンとくる人は、そう多くないかもしれない。

 

 

 

品質管理

ツクモ

長年PCパーツ販売に携わって来たノウハウを生かし、プロの目で厳選した高品質パーツのみを使用し、精度にもこだわっています。

 

FRONTIER

フロンティアのPC組立工程は、前身の「フロンティア神代」時代から在籍する熟練工を含む、多数のスタッフによって支えられています。

1日あたり最大150台、月産3,200台にのぼる生産キャパシティと、27年を超えるノウハウが生かされています。

 

 

 

用途別

ツクモ

ツクモのパソコンは、大きく2つに分類することができます。

eX.computer

「eX.computer」は、ツクモの主力ブランドで、通常用途のノートパソコンやデスクトップパソコンのほか、ビジネス用途のPCを展開します。

公式サイト

ツクモBTOトップページ

 

 

G-GEAR

一方、これとは別に「G-GEAR」があります。こちらは、ツクモを代表するゲーミングPCブランドであり、eスポーツなどにも対応したパソコンを展開します。

公式サイト

ゲーミングPC「G-GEAR」

 

 

 

FRONTIER

一方、フロンティアのパソコンは、大きく4つに分類することができます。

 

「FRONTIER」

「FRONTIER(フロンティア)」は、フロンティアの主力ブランドであり、国産PCブランドです。ミドルタワー型などのデスクトップパソコンをはじめ、ノートPCやモバイルノートパソコンも取り揃えています。

公式サイト

FRONTIERダイレクト

 

 

FRONTIER GAMERS

フロンティアが展開するゲーミングPCブランドである、「FRONTIER GAMERS」は、エントリークラスからエンスージアスト向けまで、幅広いゲーミング環境に対応したモデルを取り揃えています。

重量級ゲームを動かせるハイエンドモデルも取り揃え、選べるカスタマイズにも対応した、本格的なゲーミングパソコンです。

公式サイト

FRONTIER GAMERS

 

 

FRONTIER クリエイターPC

フロンティアのクリエイター向けPCには、「CLIP STUDIO PAINT」動作確認済推奨パソコンや、サイバーリンクの動画編集ソフト「PowerDirector」、画像編集ソフト「PhotoDirector」などの搭載モデルもあります。

公式サイト

FRONTIER クリエイター

 

 

FRONTIER 法人向けPC

フロンティアのビジネス・法人向けパソコンは、ノートPCとデスクトップPCの両方を取り揃えています。

公式サイト

FRONTIER ビジネス

 

 

 

価格や特徴

ツクモ

独自性を発揮

ツクモは、本業であるパソコンショップにおけるPCパーツ販売で多くのPCパーツを仕入れていることから、比較的安価でパソコンの提供ができていると考えられます。

また、ゲーミングPCにおいては、PCパーツのブランドを前面に押し出したモデルを展開するなど、ショップならではの特色がみられます。

自作PC・パーツ・周辺機器などの専門店【TSUKUMO】公式通販サイト
自作パソコンを通販で購入するなら自作PC・&#1249...

 

 

FRONTIER

シンプルで選びやすい

一方、フロンティアはパソコン製造が本業であることから、あまり奇をてらったモデルはないものの、シンプルで選びやすい、実用性に重点を置いたモデルが多く見受けられます。

BTOパソコン オンラインストア FRONTIER 〜 BTOパソコン通販・販売・購入ならお任せください 〜
BTOパソコンのFRONTIER(フロンティア)公式通販サイトへようこそ。格安デスクトップ・ノートPCはもちろん、SSD、最新グラフィックカード搭載ゲーミングPCなどご希望のカスタマイズも可能です。サポート・長期保証も充実。安心の国内生産。お気軽にご相談ください!

 

特別オファー

「マウスコンピューター」は、テレビCMでもおなじみの国産パソコンブランド。
PCのほぼ全機種が「長野・飯山産」。信頼の「日本製」です!

マウスでは随時、特価販売セールを開催中!
セール期間に買わないと損ですよ!!

↓↓セール会場はこちらからどうぞ↓↓

 

元記事はこちらです。

国産PC/日本製PC/国内パソコンメーカー一覧[BTO][大手]
国産PC・日本製ノートパソコン/デスクトップPCの一覧。日本製と国内資本を明記したパソコンの情報は非常に少なく、一見の価値があると思います。日本メーカーを応援している方、安全保障やセキュリティを考慮される方にもおすすめです。海外勢は別記事。ショップブランドも。

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果

VAIOとThinkPadとLet’s noteのPCを比較した結果

BTOパソコン・ゲーミング
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしよう!
Gadgeblo公式TwitterではPC・家電・スマホ周りのお役立ち情報も。チェックしてみてね!

さては、化石みたいなWiFiを使っていますね!?

「VisionWiMAX」を使わないあなたは、損をしています。

理由はたくさんありますよ?

「VisionWiMAX」なら…

  1. 事務手数料無料!2ヶ月目まで月額1,528円!
  2. 契約期間内の乗り換えでも違約金が0円に!
  3. 解約時に端末下取りでご利用料金を割引!
  4. 最短当日発送!届いた日から使える!

即日発送
開通工事不要
契約事務手数料0円
0~2ヶ月目月額1,528円
3ヶ月目以降も他社同等以下の料金
乗り換え時の違約金負担で解約金が0円

値段が安いだけではありません。電話サポートもしっかりしていて安心です。

数年前のポケファイとかUSBカードとか使ってるなら、
もはや、今すぐ乗り換えないとオワコンです。

↓↓【VisionWiMAX】こちらからどうぞ↓↓

Gadgeblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました