Lenovo(レノボ)のPCはコスパ最強?なぜ安いか理由を探ってみた

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

Lenovo(レノボ)製パソコンがコスパ最強といえる意外な理由とは

家電量販店やネットショッピングでよく見かける、安いパソコンに、Lenovo(レノボ)があります。

値段だけ見ればレノボのPCはコスパ最強でお得です。

ではなぜ安いのでしょうか。見ていこうと思います。

 

高コスパのノートパソコンが欲しい人!
この記事を今すぐ読もう!!

ノートパソコンおすすめランキング

 

関連記事

Lenovo(レノボ)のパソコンは使いにくいのか?

Lenovo(レノボ)のパソコンは壊れやすいのか?

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較した結果。どれがいい?

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果,どれがいい?

SurfaceとiPadとKindleとLenovoとNECとHuaweiのタブレットを比較した結果。

 

そもそもレノボとは

レノボは、聯想集団(レノボ・グループ)という、中華人民共和国のパソコンメーカーです。

中国政府系研究機関・中国科学院の出身者が設立した企業を前身とします。

あわせて読みたい
中国レノボ(Lenovo)製PCのスパイ疑惑とNEC・富士通。ThinkPadのバックドア問題とは? 【Lenovo(レノボ)PCの正体】 Lenovo(レノボ)のPCは、国内市場において、既に定番と言って良い地位を占めていますが、その実体を誰もが知っているわけではありません...

 

 

Lenovo(レノボ)のパソコンはコスパ最強

レノボのパソコンは、一目瞭然にコスパ最強です。

同じ価格であっても、国内大手メーカーとLenovoでは、買えるパソコンのグレードが違います。

家電量販店などで見比べたことがあればわかると思いますが、例えば15.6インチのA4据え置きノートパソコンがあるとします。

10万円以内の予算でオフィス付きを購入したとして、国内大手だとスペックの低いCeleronしか買えない場合が多いと思います。

しかしLenovoの場合は、2ランク上の「Intel Core i3」が買えてしまいます。

さらにオンラインストアではCore i3どころか、ハイスペックな「AMD Ryzen 5」搭載PCが買えてしまったりするのです。

CeleronとRyzen 5では、作業時の快適度も段違いです。次元が違います。

本当にめちゃめちゃ安いということは、以下のキャンペーンページを見ればわかると思います。

レノボ・ショッピング キャンペーン情報

 

 

Lenovo(レノボ)のパソコンが安い理由

では、なぜLenovoのパソコンは安いのでしょうか。

 

中国メーカーで中国製だから

まず、レノボが中国メーカーで中国製だから、という点が挙げられます。

当然のことながら、一般的な労働者の賃金は中華人民共和国の方が安いため、一部例外もありますが、

日本より中国で組み立てたほうが、製造コストは安く済む場合が多いです。これが安い理由の1つ目です。

 

 

企業規模が大きく世界シェアが高いから

次に、市場シェアが大きいことが挙げられます。

Lenovoは、民生用パソコンだと世界シェアトップクラスのメーカーです。

中国ではもちろん強いですし、海外でも売れています。

出荷台数が圧倒的に多いため、部品調達などの面でスケールメリットが生かせるし、薄利多売でも成り立つというのが、安い理由の2つ目です。

 

 

安価な仕様でコストを削っているから

安い理由の3つ目としては、安価な仕様でコストを削っているという点が挙げられます。

例えば、Lenovoの主力機種の一つである「Ideapad」シリーズは、コスパの高さで人気です。

しかし、同じIdeapadでも廉価モデルのSlim 170だと、視野角の低いTNパネルが搭載されています。

また、それより上のグレードであるSlim 570でも、IPSパネルを搭載しているといっても、

色再現率が低めなので、やや色あせて見えます。

このように、一見目に見えない部品コストを削減しているというのも安い理由の一つです。

 

 

Lenovo(レノボ)のパソコンは本当に安い?

こうしてみてくると、レノボのPCが本当に安いのか、と思い始めた方もいらっしゃると思います。

結論から言うと、Lenovoのパソコンは安いです。安価なコストで快適に作業したいというニーズでは、

レノボのPCはコスパ最強な部類の一つといえます。

もっとも、国内メーカーの方がいいのだけど、安いから仕方なくレノボを検討しているという人もいるでしょう。

その場合、BTOパソコンのマウスコンピューターをおすすめしたいと思います。

マウスコンピューターは国内パソコンメーカーで、長野県に工場があり主に日本製です。

レノボに比べるとさすがに高いのですが、大手電機系PCブランドと比べればコスパが高いため、こちらも併せて検討されるとよいのではないかと思います。

ノートパソコンおすすめランキング

 

 

まとめ

レノボの安い理由は主に3つあります。総合的には、Lenovoがコスパ最強というのは間違いでないといえるでしょう。

名実ともにコスパ最強のメーカーです。

レノボ・ショッピング キャンペーン情報

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

 

 

 

高コスパのノートパソコンが欲しい人!
この記事を今すぐ読もう!!

ノートパソコンおすすめランキング

 

関連記事

Lenovo(レノボ)のパソコンは使いにくいのか?

Lenovo(レノボ)のパソコンは壊れやすいのか?

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較した結果。どれがいい?

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果,どれがいい?

SurfaceとiPadとKindleとLenovoとNECとHuaweiのタブレットを比較した結果。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次