[Click!] セキュリティソフト選びでお悩みの方へ

[PR] 中国AOMEI製クローンソフトの安全性と危険性/スパイウェア疑惑の真相とは

コンピュータソフト

AOMEI製バックアップソフトの正体

この記事を読むと、「AOMEIの正体と、スパイウェア疑惑の真相」がわかります。

※当記事は、AOMEI Technologyの提供によるプロモーションです。

 

 

そもそもAOMEIとは

「AOMEI」とは、一体どこの国のどのようなブランドなのでしょうか。

 

 

中国のソフトウェア開発会社

提供元

「AOMEI」は、中国(中華人民共和国)のソフトウェア開発会社「傲梅科技」が開発および販売するソフトウェアに使われるブランド名です。

AOMEI Tech | データバックアップ、パーティション&クラウド管理ソフト
AOMEIは、信頼できるPC/クラウド/iPhoneバックアップソフト、安全なHDDパーティション管理ツール、クラウド間のファイル転送サービスを個人と企業に提供しています。

 

本社所在地

傲梅科技の本社は、中国・四川省成都市にあります。

中国四川省成都市锦江区东大街牛王庙段100号成都商会大厦B座1704

https://www.aomeikeji.com/

 

なお、成都市(Chengdu)は、中華人民共和国四川省(Sichuan)の省都です。

 

 

 

日本向けはシンガポールが拠点

AOMEI PTE LTD

日本向けのサービスは、同社のシンガポール法人がそのサポートなどを担っています。

60 PAYA LEBAR ROAD, #08-55, PAYA LEBAR SQUARE, SINGAPORE 409051

 

 

 

AOMEIの歩み

AOMEIはどのような歴史を歩んできたのでしょうか。また、信頼に値する企業なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

事業開始は2009年

事業スタート

同社は2009年に、その最初の製品である「动态磁盘转换器2.1」を発表し、ソフトウェア事業への第一歩を踏み出しました。

翌2010年には、傲梅科技が正式に設立されます。

https://www.aomeikeji.com/company.html

 

海外市場への進出

さらに2011年には、「Dynamic Disk Manager 1.0」の配布開始により、早くも海外市場への進出を果たしました。

 

 

 

主力製品の誕生と躍進

あの製品の誕生

2012年には、後に同社の代表的な製品となるバックアップソフトウェア、

「AOMEI Backupper」の開発に成功します。

 

オンライン化

2014年には、事業の展開をインターネット主体に移行しました。

現在、同社サイトへの年間訪問者数は、1000万人を超える規模にまで成長しています。

 

海外市場に本腰

2017年には香港において、「AOMEI International Network Limited」を設立しました。

これにより同社は、開発と成長の過程において、ビジネス円滑化の基盤を築くこととなりました。

 

 

 

グローバルリーダーへ

スローガン

2010年に設立されたAOMEI Technologyは、「グローバルデータセキュリティを永遠に保護する」という使命を持つ、

データ管理領域における、グローバルリーダーの一社となっています。

 

数多くのユーザー

現在、AOMEI製品は、世界180を超える国と地域において、3,000万人を超えるユーザーを抱えています。

 

 

 

AOMEIのこれから

クラウド対応

今後、AOMEIは、コンピュータやモバイル、クラウドに焦点を当てた「クラウドバックアップ」に重点を置き、

様々なデータに「保険」をかけることによって、ユーザーの生活水準向上と、より安全なビジネス環境の実現をサポートしていきたいと考えています。

 

 

 

「AOMEI」は中国企業である

スパイウェア疑惑

世界的な企業、しかし

これまで見てきたように、AOMEIは世界的に活躍する企業ですが、その製品についてはスパイウェア疑惑が向けられることもあるかも知れません。

これはどうしてなのでしょうか。

 

 

中国製

疑念の目と2つの理由

AOMEI製品に限らず、中国の企業が開発したICT機器やソフトウェア、ウェブサービスといったものは、何かと疑念の目を持たれがちです。

これには2つの要因が考えられます。

 

地政学的な問題

第一に、「AOMEI」の提供元が中国企業であるということが挙げられます。

これは、同社がやましいことをしているかいないかという問題ではなく、単なる地政学的な問題です。

地政学的リスク│初めてでもわかりやすい用語集│SMBC日興証券
「地政学的リスク」の説明。金融・経済・証...

 

 

 

中国共産党

スパイウェア

ユーザーにとって、最も脅威に感じられているであろうことは、AOMEI製品がどうであるかという以前の問題であると考えられます。

それは、中国共産党政府による監視活動の存在です。

中国には現在、「インターネット安全法」「データ安全法」などの一連の法律が整備されつつあり、域外適用などの存在が取りあげられることがあります。

https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2017/4239e2d290330868/cnrp-201711.pdf

https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/02/2018/155b6354c9acea0c/cn-report_1910_2.pdf

 

外国企業も

しかし、これは中国企業に限った話ではなく、中国に拠点を置く海外の企業についても同様の脅威にさらされているのです。

 

 

 

誠実さ

ディスクのデータをバックアップする

AOMEIは現在までというもの、顧客のディスクに記録されている重要なデータを、可能な限り安全にバックアップするために、誠実にその事業を展開しています。

 

AOMEIと、その事業

いずれにしても同社が、データのバックアップと復元を通じて、データの損失などを防ぐことを事業の柱に据えているというのは、紛れもない事実なのです。

 

 

 

AOMEI製品の種類

こちらでは、AOMEIの代表的な製品についてご紹介します。

 

 

AOMEI Backupper

バックアップと復元機能、さらにファイル同期またはクローン機能により、OSやデータ、アプリを管理することができる、シンプルかつ革新的なソフトです。

Windows PC&サーバ向けバックアップソフト - AOMEI Backupper
AOMEI Backupperは使いやすいHDDクローン・ンファイル同期・バックアップソフトです。Windows 10/8/7などのPCやWindows Server 2019/2016/2012/2008などのサーバーを保護します。

 

 

 

AOMEI Centralized Backupper

1つのダッシュボードから、全てのパソコンをリモート管理し、NASやHDDなど、あらゆる場所にバックアップすることができます。

ビジネスデータを保護する、最も経済的な集中型バックアップソリューションのひとつです。

集中管理型バックアップソフト | AOMEI Centralized Backupper
AOMEI Centralized Backupperは、インターネット経由で全てのクライアントをリモート管理する企業&MSP(マネージド・サービス・プロバイダー)向けの集中管理型バックアップソフトです。

 

 

 

AOMEI OneKey Recovery

システムを、ワンキーでバックアップおよび復元することにより、PCとサーバーを守ります。

Lenovo、Dell、HPまたは東芝などのパソコンで、工場出荷時の回復パーティションを作成することができます。

Windows向けのワンキーリカバリーソリューション︱AOMEI OneKey Recovery
Lenovo OneKey Recoveryの代わりになるAOMEI OneKey RecoveryはWindows 10/8/7及びWindows Serverで工場出荷時の回復パーティションを作成し、ワンキーリカバリーを実行することができます。

 

 

 

AOMEI Partition Assistant

データを失うことのないように、ハードディスクをパーティション分割したり、安全に管理する、最も強力なソフトウェアのひとつです。

Windows PC&サーバ向けの安全なパーティション管理ソフト - AOMEI Partition Assistant
AOMEI Partition Assistantは、Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPおよびWindows Server 2019/2016/2012/2008/2003向けの使いやすいディスク&パーティション管理ソフトです。

 

 

提供:AOMEI Technology 文責:Mirei Lemon, STEP TO YOU

※記事中の画像はイメージです。データなどの正確性については細心の注意を払っていますが、万一誤りがあった場合はご容赦ください。Mirei LemonおよびSTEP TO YOUは、ユーザーが当サイトの情報で被ったいかなる損害についても、その責任を負わないものとします。最新の情報については、各社のサイトをご覧ください。製品やサービス名などは、各社の登録商標または商標です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました