アプライドのバリカタゲーミングPCは評判通りのパソコンなのか?

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

アプライド「バリカタゲーミングPC」の評判・評価は良い?悪い?

オンラインゲームデビューのためにゲーミングPCを探していると、「バリカタ」など
ユニークな名前のゲーミングPCを販売している「アプライド」に行き着きます。

名前にインパクトはありますが、アプライドのバリカタゲーミングPCとは
どういうものなのか評判などを詳しく見ていきましょう。

 

バリカタゲーミングPCを販売するアプライドは福岡発祥のパソコンショップ

バリカタゲーミングPCを製造・販売しているのは、九州や中四国など
西日本を中心に店舗展開している「アプライド」というパソコンショップです。

同社は1977年に個人商店として福岡県で創業、
1988年に現在のアプライド株式会社となります。

2006年にジャスダックに株式を上場、
現在は東証スタンダードに株式を上場している上場企業です。

創業地である福岡を中心に九州・中四国・近畿・東海で20店舗以上を展開、
「アプライドネット」という公式オンラインストアもあります。

 

ブランド名は福岡・博多のラーメンに由来

ちなみにバリカタというネーミングは福岡・博多地域を代表するラーメンの麺の茹で方にちなんでおり、
他にも「ハリガネ」や「コナオトシ」といった名前のゲーミングPCを販売しています。

ゲーミングPCがバリカタというPCではユニークな名前だけに、製造・販売するアプライドは
「少し怪しい会社なのでは?」と九州以外では思われることもあるかもしれません。

しかし同社は創業45年以上の歴史があり、東証に上場している企業です。
バリカタゲーミングPCも決して怪しいパソコンではありません。

 

バリカタゲーミングPCは国内生産

バリカタゲーミングPCは国内生産で、
福岡県にあるアプライドの自社工場で作られています。

メーカーは日本企業でも生産は海外というケースも多く、
日本国内にある工場でパソコンを生産しているケースはそれほど多くありません。

パソコンは通信機器だけにセキュリティ上のリスクが心配なため、
できれば国内メーカーの国産パソコンを使いたいという人は多いです。

アプライドは福岡の自社工場でパソコンを作っており、バリカタゲーミングPCも
福岡産なので国産パソコンを使いたい人にもおすすめできます。

 

バリカタゲーミングPCの評判

バリカタゲーミングPCが紹介されているサイトで
必ずと言って良いほど挙げられる特徴が「コスパの高さ」です。

ゲーミングPCはパソコン全体の動作を司るCPUに加えて、グラフィックを司るGPUを
備えているため一般的なパソコンと比べると価格が高くなっています。

エントリーモデルでも10万円を超えるのは当たり前で、
ハイスペックモデルとなると100万円を超えてきます。

ところがバリカタゲーミングPCはエントリーモデルなら7万円台から購入できますし、
ミドルレンジクラスも20万円台で購入可能です。

バリカタゲーミングPCは本体だけなので別途モニター・キーボード・マウスの購入が
必要ですが、総額でも他メーカーのゲーミングPCよりリーズナブルです。

また公式オンラインストアでバリカタゲーミングPCを購入しても、
送料がかからないのも見逃せません。

ゲーミングPCは本体サイズも重量も一定程度あるので、
他のオンラインストアだと数千円の送料が別途かかります。

バリカタゲーミングPCなら送料無料ですから、
送料分をキーボードやマウスなど周辺機器の購入費用に充てられるのでお得です。

 

ケースデザインが個性的

バリカタゲーミングPCはケースもカスタマイズできますが、
選べるケースデザインが個性的です。

バリカタゲーミングPCはデスクトップパソコンで、一般的なタワー型に加えてLEDを
ふんだんに使った一見パソコンに見えないようなケースも選べます。

カスタマイズ可能なメーカーでもケースは一般的な長方形のものだけのことが多く、
これだけ個性的で選択肢が豊富なのは珍しいです。

性能はもちろん外見でも他の人に差をつけたいなら、
アプライドのバリカタゲーミングPCは見逃せません。

 

ノート型が無い

バリカタゲーミングPCはデスクトップ型だけで、
ノート型が無いのがマイナスの評判となっています。

ゲーミングPCは一般的なパソコンと比べてパーツが多い上に、排熱の関係から
スペースを広く取りたいのでノート型よりもデスクトップ型が適しています。

しかし最近はパーツの小型化や排熱性能が向上したことから、
他メーカーではノート型のゲーミングPCも多く販売されているのです。

ゲームをプレイする環境によってデスクトップ型よりもノート型が良いこともあり、
そういった場合にはバリカタゲーミングPCは選択肢から外れてしまいます。

これに対し、国産BTOパソコン大手のマウスコンピューターなどでは
ゲーミングノートPCも豊富なラインナップを実現していますので、そちらに軍配が上がります。

 

納期が遅い

バリカタゲーミングPCは納期が少し遅いのもマイナスです。

カスタマイズ可能なBTOパソコンなので受注生産となり、
注文してから発送まで早くて5営業日はかかります。

土日を挟むと発送まで1週間以上かかり、
手元に届くのは注文してから10日以上後ということもあります。

他のBTOメーカーでは注文から1~2日で発送しているケースもあるので、
注文から発送まで5営業日は少し遅く感じてしまいます。

ただ、大手でも遅いケースもあるため一概には言えません。

 

まとめ

アプライドは福岡発祥のパソコンショップで、
バリカタゲーミングPCはアプライドのパソコンブランドです。

ノート型が無かったり、納期が少し遅かったりしますが、コスパが高いのでゲーミング
PCを検討しているならぜひバリカタゲーミングPCも選択肢に入れてみてください。

一方、国産BTOパソコンでノートパソコンやゲーミングノートPCが欲しい人
などは、マウスコンピューターも併せて検討されると良いのではないでしょうか。

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次