[Click!] セキュリティソフト選びでお悩みの方へ

Maktarとはどこの国の会社?台湾製,中国製?[充電器][アンプ]

スマートフォン

Maktarの正体

Amazonなどで、「Maktar」というブランドの、充電器やカードリーダー、ヘッドホンアンプなどを見かけたことがありますか?

今回はこちらのブランドについて、分かる範囲で解説していきたいと思います。

 

この記事を読むと、「Maktarとは何か」がわかります。

 

 

「Maktar」は台湾企業のブランド


「Maktar」ブランド製品は、「民傑資科股份有限公司(MAKTAR INC.)」という企業が展開しています。

本社所在地は、臺北市松山區復興北路201號4樓之2(4F.-2, No. 201, Fuxing N. Rd., Songshan Dist., Taipei City 10596, Taiwan (R.O.C.))です。

代表者は、陳良信 氏です。

 

この中の「臺北市(台北市、Taipei)」とは、中華民国の首都(または台湾の中心都市)を指します。

このため、「Maktar」は台湾台北市に本社を置く、台湾企業の保有するブランドであるということができます。

 

 

 

設立は2014年

民傑資科股份有限公司(MAKTAR INC.)は、2014年に台湾で設立されました。

 

 

 

主力製品は充電カードリーダー


Maktarの主力製品は、スマホ用の充電器と自動バックアップができるカードリーダーを統合した製品「Maktar Qubii」です。

「Maktar Qubii」には、上位モデル「Maktar Qubii Pro」があります。

また、通常の急速充電器やカードリーダーも販売しています。

 

 

 

ヘッドホンアンプなども

ほかにも、ヘッドホンアンプや、iPhone用USBメモリなども販売しています。

 

 

 

まとめ

以上のことから「Maktar」は、台湾のスマホ周辺機器ブランド、

そして同ブランドによる、充電器やカードリーダー、ヘッドホンアンプなどということになります。

 

お役に立てましたか?商品検索はページ下部からどうぞ!

 

え!?まだdonedoneを使ってないの?

大手キャリアに月6500円も支払うなんて、時代遅れですよ!!

donedone(ドネドネ)の「ベーシックU」プランなら、
3Mbpsの速度で、お得に、思う存分スマホ生活が楽しめる!!

一見遅いと思うかもしれませんが、実はこれで十分。
YouTubeやLINE、Twitterも問題なく使えます!

しかも、人口カバー率99.9%「au」の4G LTEエリアが利用可能。
大容量50GB、月額2,728円という料金水準はほかにありません!

コスパ最強の格安SIM。今すぐ乗り換えないと損ですよ!!
スマホ料金節約して、自分のためにお金使いましょう!

↓↓donedone公式ページはこちら↓↓

 

スマートフォン
スポンサーリンク
この記事が気に入ったらシェアしよう!
Gadgeblo公式TwitterではPC・家電・スマホ周りのお役立ち情報も。チェックしてみてね!

さては、化石みたいなWiFiを使っていますね!?

「VisionWiMAX」を使わないあなたは、損をしています。

理由はたくさんありますよ?

「VisionWiMAX」なら…

  1. 事務手数料無料!2ヶ月目まで月額1,528円!
  2. 契約期間内の乗り換えでも違約金が0円に!
  3. 解約時に端末下取りでご利用料金を割引!
  4. 最短当日発送!届いた日から使える!

即日発送
開通工事不要
契約事務手数料0円
0~2ヶ月目月額1,528円
3ヶ月目以降も他社同等以下の料金
乗り換え時の違約金負担で解約金が0円

値段が安いだけではありません。電話サポートもしっかりしていて安心です。

数年前のポケファイとかUSBカードとか使ってるなら、
もはや、今すぐ乗り換えないとオワコンです。

↓↓【VisionWiMAX】こちらからどうぞ↓↓

Gadgeblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました