[Click!] セキュリティソフト選びでお悩みの方へ

[PR]リモートワークに最強のセキュリティソフトはこれで決まり!

サイバーセキュリティ

リモートワーク/テレワークに求められるセキュリティ

この記事を読むと、「リモートワークに最も適したセキュリティソフト」がわかります。

※当記事は、NortonLifelockによるプロモーションです。

 

↓↓セキュリティソフト選びで迷ったら、こちらの記事がおすすめ!↓↓

ウイルスバスターとノートンとマカフィーとカスペルスキーとESETを比較した結果

 

 

そもそもリモートワークとは

リモートワーク

リモートワークは最近よく耳にするようになった用語であり、主に、オフィスではなく在宅で働くことを指していると考えられます。

 

テレワーク

これに先立つ用語としては、「テレワーク(在宅勤務)」があります。

「一般社団法人 日本テレワーク協会」によれば、テレワークは

「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

であり、

情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと

です。

日本テレワーク協会
日本テレワーク協会は、テレワークを通じ、調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与して参ります。テレワークによる情報通信技術を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方が、社員の働きやすい環境整備を実現すると共に、企業革新・企業成長を可能とさせることが出来ます。

 

 

「信頼」を預かる

リモートワークをしているということは、「自分自身の業務を、自宅等で行っている」ということにとどまりません。

 

「顧客の情報」や「会社等の情報」、

ひいては会社等に対する社会の信頼」も預かっているということになりませんか。

 

 

情報漏洩

顧客の情報

リモートワークでは、ときに顧客情報等の、プライバシーに関する情報を扱うことが想定されます。

お客様をはじめとするプライバシー保護は、消費者の意識の高まりに伴い、近年その重要性が増しています

 

プライバシー保護について、我が国には「個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)」という法的根拠が存在します。

個人情報の保護に関する法律 | e-Gov法令検索
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府省令・規則)の内容を検索して提供します。

 

会社等の情報

企業や公的機関における機密情報ないし重要情報の秘匿は、どんなに対策してもしすぎるということはありません。

特に近年は、グローバルな問題として産業スパイの脅威が叫ばれるようになってきており、経済安全保障の面から見ても重要性が増しつつあります。

【Bizプレミアム】“産業スパイ”から技術と社員をどう守るべきか 「怖いのは悪意なき漏洩」
大手化学メーカー「積水化学工業」(大阪市)の元社員の男(45)が、スマートフォン関連の技術情報を中国企業に漏洩(ろうえい)したとして不正競争防止法違反容疑で書類…
中国、ハイテク戦で禁じ手 急増する産業スパイ事件
米国とハイテク覇権争いを繰り広げる中国が外国から貪欲に先端技術を吸収している。日本企業の元社員が盗み出した社外秘の資料まで入手し、科学技術大国を目指す。京都の電子部品メーカーが被害に遭った産業スパイ事件に迫り、教訓を学ぶ。

 

 

社会的信用の失墜

会社の信頼

リモートワークに限らず、情報漏洩が起きてしまうと、当然のことながらお客様にご迷惑をおかけしてしまいます。

それだけではなく、こうした事態が続くと、社会的にも企業や組織の信頼性に疑問符が呈される結果になりかねません。

情報漏えいで企業が受ける大損失!対応費用はいくら?保険は効くの? | NO MORE 情報漏えい
情報漏えいの「自分ごと化」プロジェクト。
【士業事務所は機密情報ばかり】侵入窃盗に遭い情報漏洩すれば信用を失う|オフィスSOS(オフィス・店舗向けセキュリティ) | 法人向けセキュリティサービスの関電SOS
関西電力グループの法人オフィス・店舗向けセキュリティサービス「オフィスSOS」防犯コラムをご紹介。知っておきたいオフィス・店舗の防犯の基礎知識などのコラムをご紹介しています。

 

自分の身にも降りかかる

また、属人的な側面から見ても、

会社の情報を漏らした張本人」と後ろ指をさされる事態になるということは、絶対に避けたいところです。

 

高度にSNSが普及した現代日本社会では、いつ炎上の危機にさらされるかもわからないのです。

個人情報が特定されたらと思うとゾッとしますよね。

 

 

無料アンチウイルスソフトや付属品で十分?

確かに無料のものもある

最近は、Windows標準の「Windows Defender」の機能も向上しています。

また、無料で使えるアンチウイルスのみのソフトも多く出回っています。

リモートワークを安全に行う上で、これらのアンチウイルスソフトを使えば、十分に対策がとれているのではないかと感じられる方もいらっしゃるでしょう。

 

また、「ついてきたから」という理由で、

使いづらいソフトを、仕方なく毎年そのまま更新しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

プライベートではない

プライベートのみでパソコンやスマホを用いているのなら、こうした妥協もありだと思います。

しかし、もう一度思い返してみてください。

 

リモートワークしているということは、

オフィス外で会社や組織の業務を行っているのです。

 

プライベートでパソコンを利用することと比較して、負っている責任は、桁違いに大きいのではないでしょうか。

 

ましてや無料のサードパーティ製ソフトでは、個人情報がどのように使われているかも不明です。

ウイルス対策ソフト大手Avast、ユーザーのWeb閲覧データを子会社を通じて販売か - Engadget 日本版
anyaberkut via Getty Images ウィルス対策ソフト大手のAvast Softwareが、顧客の「非常に機密性の高い」Web閲覧データを自社のソフトにより収集し、子会社のマーケティング調査企業Jumshotを通じて多くの巨大企業に販売していたことが、海外メディアMotherboardとPCMag...
無料アンチウイルスソフト「Avast」がユーザーデータをGoogleやMicrosoftに販売していたことが明らかに
無料で使用可能な「Avast Antivirus」は、全世界で4億人の利用者を抱えるアンチウイルスソフトの定番です。そんなAvast Antivirusを提供しているセキュリティ企業Avast Softwareが、ユーザーの個人情報を収集して20社を超える企業に販売していたことが判明しました。

 

↓↓セキュリティソフト選びで迷ったら、こちらの記事がおすすめ!↓↓

ウイルスバスターとノートンとマカフィーとカスペルスキーとESETを比較した結果

「ノートン 360 デラックス/プレミアム」

世界最高峰のウイルス対策と不正アクセス対策

そこで、かけがえのないあなた自身と、ご家族を守るためにおすすめしたいのが、

ノートンを導入することです。

 

 

ここで、「なーんだ、ノートンか」と思われましたか?

 

ところが!

ノートンは一般的に知られているよりも遥かに強力であり、

常に進化を続ける、最先端のセキュリティソリューションなのです。

 

 

AIと機械学習

ノートンの、その強固なセキュリティ性能は、

AI(人工知能)と機械学習に支えられています。

 

ノートンは、世界中のオンラインの脅威を、常に監視しています。

リモートワークに用いるパソコンやスマホなどお使いのデバイスを、

ウイルス、マルウェア、スパイウェア、ランサムウェアの脅威から強力に保護します

 

ノートン各製品ごとの比較について、詳しくは公式サイトの機能比較表に記載されています。

 

 

世界トップシェア

ノートンストア

また、東洋経済新報社『会社四季報業界地図 2019年版』によれば、

有料のセキュリティソフトを提供する企業として、

ノートンを展開する「ノートンライフロック(当時はシマンテック)」社は、世界トップクラスのシェア(市場占有率)を有しています。

 

つまり、ノートン世界トップクラスの規模で、質の高いユーザーを抱えています。

こちらから上がってくる圧倒的なデータ量は、スケールメリットとしてノートンの検知率向上に貢献します。

 

そして、万が一の場合にも、
「自分は、基本的なセキュリティ対策を行ったうえで、きちんとお金を払って、トップクラスのセキュリティソフトである”ノートン 360″を導入していた」。
という事実を主張できるということは、あなたの社会的立場を守ってくれる保険になってくれるのです。

 

 

ノートン 360 デラックスは、こんな方にも適しています。

初心者で、どれを選べばよいかわからないという方。

ノートン特別な設定が不要

簡単に使用でき、サポート体制も充実しています。また、必要なセキュリティ機能が結集されており、オールインワンで安心です。

 

 

防御力が高いものを選びたいという方。

ドイツの権威ある第三者評価機関である「AV-TEST」の保護力テストにおいて、

2015年〜2019年の5年連続で最優秀賞を受賞しています。

AV-TEST | Unabhängige Tests von Antiviren- & Security-Software
Unabhängige Vergleichstests von Antiviren-Software für Windows und Testberichte von Anti-Malware-Apps für Android vom Marktführer.

 

 

「信頼性の高いブランド」が良いという方。

ありふれた、どこの国の製品だかわからないセキュリティソフトとは違います。

「Norton(ノートン)」は、我が国の主要な同盟国である、アメリカ合衆国の製品です。

 

ノートンの歴史は長く、インターネットの脅威と30年以上戦い続けてきました。

また、ノートンは、世界トップクラスの市場占有率を誇ります。

 

 

「Wi-Fiをよく使う」という方。

リモートワークにおいては、Wi-Fi(無線LAN)が欠かせない存在の一つです。

 

「ノートン 360 デラックス/プレミアム」では、パソコンはもちろんスマホに関しても、

銀行レベルの高度な技術で、危険なWi-Fiから保護することができます。

 

 

「設定を自分好みにしたい」という方。

ノートン使いやすいセキュリティソフトですが、決して初心者限定のセキュリティソフトというわけではありません。

自分に適した柔軟な設定が可能であり、上級者も納得の使い勝手を実現しています。

 

 

「お子様の安全を保護したい」という方

「ノートン 360 デラックス」「ノートン 360 プレミアム」では、

超多機能なペアレンタルコントロールツールである、

ノートン ファミリー」を標準搭載しています。

 

これは、下位グレードの「アンチウイルスプラス」「360 スタンダード」

には、付属していない機能です。

 

「ノートン ファミリー」では、

お子様がアクセスしているサイトの把握や、デバイスの使用時間制限といった一般的な機能に加え、

お子様にリモート学習へ集中させる機能など、多数の機能が搭載されています。

 

 

「ノートン 360 デラックス」の価格は高い?

ここまで見てきて、

 

「とても安心なセキュリティソフトなのはわかったけれど、すごく利用料が高いのでは?

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

定番ソフトとの価格比較

確かに「ノートン 360 デラックス」は、格安のソフトではありません

 

しかし、意外とコスパも高いのです。

比較対象として、日本で利用者の多い某ソフトの利用料を見てみましょう。

 

某社公式サイトによれば、

最も購入されていると見られる「3年3台版」の新規利用料は、

通常価格13,580円です。
これを計算してみると、1年1台あたり1,509円であることがわかります。

 

 

ノートン 360 デラックスの新規購入価格

ノートンストア

一方、ノートン(3年版)の新規購入価格は、

「ノートン 360 デラックス(3台用)」が、13,080円

「ノートン 360 プレミアム(5台用)」が、14,480円です。

 

新規購入価格に関しては、同水準であることがわかります。

 

更新料に関しては、これより少し高くなります。

しかし、それも自動延長をした場合の話です。

自動延長せずに、事前にキャンペーン価格で購入すれば良いのです。

 

つまり、最も一般的なソフトと、同等の料金で利用できることがわかります。

 

 

ノートンには、あのソフトにはない機能がある

ノートンは、個人向けとしては比較的高価であることがわかりました。

 

ではなぜ、比較した場合にノートンのコスパが高いと言えるのでしょうか。

それは、ノートンには以下の独自機能が搭載されているからです。

 

 

VPNが無料で利用できる

VPNがなんと無料!

重要な情報を暗号化し、ネットプライバシーを保護してくれるVPN。

フリーWi-Fiで仕事をすることがあるなら、ぜひ導入したい機能の一つです。

 

通常だと、例えば月額880円のVPNを3年間使った場合、

880円 × 12ヶ月 = 10,560円

10,560円 × 3年間 = 31,680円

 

これに加えて、セキュリティソフトの利用料がかかります。

 

ところがノートンでは、

Windows、Mac®、Android™ デバイス、iOS デバイス

すべてに対応した「ノートン セキュア VPN 」を、

 

利用台数分、追加料金なしで利用できます。

 

みれい
みれい

あれ?これだけで、もとが取れる…?

 

 

ノートン独自開発の専用ファイアウォール

一部のセキュリティソフト・アンチウイルスソフトには

ファイアウォールが搭載されていないか、

OS標準のファイアウォールを強化する機能

しか備わっていないものがあります。

 

ファイアウォールは、パソコンに保存された重要なファイルとデータを、

悪意のある攻撃や、覗き見から保護する重要な機能です。

 

ノートンには、Windows と Mac®両方に対応した、

独自開発の専用ファイアウォールである

スマートファイアウォール」が搭載されており、

重要データやプライバシーを強力に保護します。

 

Mac®もファイアウォールで保護されるというのは、

某ソフトでは得られない安心感です。

 

「ノートン パスワード マネージャー」付属

パスワード保護機能は有料のものもあります。

これとは別に、セキュリティソフトの利用料がかかってきます。

某ソフトでは、付属のパスワードマネージャーは機能が制限されています。

 

しかしノートンは、パスワードマネージャーを

追加料金なしで提供しています。

 

「クラウドバックアップ」搭載

ノートン特有の付属機能として、クラウドバックアップ機能が挙げられます。

 

特に重要なデータは、ノートンのクラウドバックアップ機能を利用することで、

安全にバックアップできます。これは、ランサムウェア対策に有効です。

 

この、ランサムウェア対策に有効な独自機能を、

「ノートン 360 デラックス(3台用)」では、25GB

「ノートン 360 プレミアム(5台用)」では、50GBが

 

追加料金なしで利用できます

 

 

Windows 向け「セーフカム」搭載

リモートワークにおいて、「ZOOM」などのテレビ会議システムは必須ツールとなっています。

そこで必ず使うのが、「Webカメラ」です。

 

お使いのパソコンについている「 Web カメラ」を通して、

知らない人にのぞき見されていたらと思うとゾッとしませんか?

 

某ソフトのWindows版には、

「Webカメラを通したのぞき見」対策機能が搭載されていません

 

一方、ノートンには、Windows 向け「セーフカム」機能が搭載されており、

こうしたサイバー犯罪への対策をしているソフトのひとつです。

 

 

ダークウェブ モニタリング

ダークウェブモニタリング Powered by LifeLock™ 」

ダークウェブは、通常の検索エンジンでは検索することができないネットワークです。ウェブにおける、「アンダーグラウンド」の部分をいいます。

 

サイバー犯罪者も、このダークウェブを利用しており、メールアドレスなどの個人情報が売買されています。

 

ノートン製品の中でも、ノートン 360 デラックス/プレミアムに付属する、

ダークウェブモニタリング Powered by LifeLock™  」を使用することで、

 

ダークウェブマーケットにおいて、自分の個人情報が流出しているということが判明した場合に、

通知を受け取ったうえで適切な処置を行うことができます

 

これは、最先端のセキュリティソフトであるノートンだから実現できた機能です。

 

 

「ノートン プロテクション プロミス」の存在

ノートン 360」は、強力なセキュリティソフトですが、

どんなに対策しても、万が一の場合ということがありえます。

 

ノートンでは、「ノートン プロテクション プロミス」という保証機能を付帯しており

万が一、利用者のデバイスがウイルスに感染した場合は、

ノートンの専門家がウイルスを駆除をサポートしてくれます。

 

これは、ノートン製品を購入した時点から適用されます。

 

利用者のデバイスがウイルスに感染し、ノートンの専門家には駆除できない場合は、

購入金額を返金してもらえます。

 

これは、同社のウイルス駆除における自信の表れです

 

結論。

ノートン 360 デラックス」は、リモートワークを守る「保険」です。

 

「ノートン 360 デラックス/プレミアム」による抜群の安心感を、まずは無料で体験してみてください!

 

 無料体験を受付中! ノートン公式サイトはこちらです! 

ノートンストア

 

提供:ノートンライフロック 文責:みれい、STEP TO YOU

※記事中の画像はイメージです。データなどの正確性については細心の注意を払っていますが、万一誤りがあった場合はご容赦ください。みれいおよびSTEP TO YOUは、ユーザーが当サイトの情報で被ったいかなる損害についても、その責任を負わないものとします。最新の情報については、各社のサイトをご覧ください。製品やサービス名などは、各社の登録商標または商標です。

 

↓↓セキュリティソフト選びで迷ったら、こちらの記事がおすすめ!↓↓

ウイルスバスターとノートンとマカフィーとカスペルスキーとESETを比較した結果

 

 

セキュリティソフトのおすすめは?

実際に使ってみた中で、個人的に優れていると感じたセキュリティソフトは、Avast(アバスト)とESET(イーセット)です。

 

アバストは、実際に使ってみるとわかると思うのですが、

総合的にバランスが良い感じですね。かゆいところに手が届くというか。

ただ、アバストは「無料アンチウイルス」などで個人情報販売騒動を起こしており、不透明な部分もあります。

プレミアム(有料)版に関しては問題ないと思います。

無料アンチウイルスソフト「Avast」がユーザーデータをGoogleやMicrosoftに販売していたことが明らかに
無料で使用可能な「Avast Antivirus」は、全世界で4億人の利用者を抱えるアンチウイルスソフトの定番です。そんなAvast Antivirusを提供しているセキュリティ企業Avast Softwareが、ユーザーの個人情報を収集して20社を超える企業に販売していたことが判明しました。
Avast Softwareがユーザーの個人情報を収集していた子会社の業務停止を決定
アンチウイルスソフトAvast Antivirusを提供するAvast Softwareの子会社がユーザーデータを販売していた件について、Avast Softwareのオンドジェイ・ヴルチェクCEOが「Jumpshotによるデータ収集をただちに中止し、Jumpshotの閉鎖を決定した」と報告しました。
AVAST社が声明を発表 ~無料ウイルス対策で収集した閲覧データを第三者に販売との報道を受け/「アバスト」「AVG」拡張機能のストア締め出しに続く不祥事
 「アバスト」で収集されたユーザーデータが第三者に販売されていると米PCMagが報道したことに対し、チェコのAVAST Softwareは1月28日(現地時間)、公式の声明を発表した。

 

イーセットはとにかく驚きの軽さなので、少し古めのパソコンにも良さそうです。

性能も比較的高そうな感じでした。

ただ、ESETは iPhoneアプリがありません。

 

みれい
みれい

これは数字がどうこうという話ではなくて、体感です。

ノートンストア

あと、GadgebloでPRさせていただいている、ノートンさんもありますね。もちろんスポンサーさんという理由もありますが。

特にアップルユーザーさんや、リモートワークをされている方に適しています。

 

みれい
みれい

プロモーション記事も書いたので、要チェックですよ!

 

 

更新料が格安のものはないのですか?

格安のものとしては、インド製ですがZERO ウイルスセキュリティというものがあり、パソコンの買い替えまで、1台1980円で使えます。

Windows Defenderと併用するとよいのではないでしょうか。

 

複数台だとKINGSOFT(キングソフト)のほうが安いのですが、こちらは中国企業のソフトで、中国製になります。

スキャンが速くてジャンクファイルの削除機能もある点は評価できますが、検出率が不明です。でも無料版があるので、お金がないときにはありがたいです。

 

みれい
みれい

使った感じはどちらも軽かったのですが、ZEROはスキャンが妙に遅い?感じがしました。キングソフトはすごく速いです。

 

 

大量のデバイスがある場合の、コスト削減方法は?

PCモバイル合わせて5台までならESETがお得です。 iPhoneアプリはありません。

6台を超えるようだと、事実上台数無制限のマカフィー リブセーフ(米国製)や、

カスペルスキー セキュリティプレミアライセンス(ロシア製)のほうがお得かもしれません。

 

みれい
みれい

仕事で使うパソコンに信頼性の高いノートンなどを使い、あまり重要度が高くないデバイスは、無料や格安のもので済ませるという手もあります。

 

 

ウイルスバスターは?

コストが許容できるのであればウイルスバスターも別に悪くはないと思います。

普通に売れていて実績もありますし、結局のところ利用目的に合うか合わないかではないでしょうか。

どちらかといえば、ノートンがおすすめですが。

 

みれい
みれい

本当に変なソフトだったら、実際に売れていませんよね。

 

 

無料のものはないのですか?

Windowsにもともと入っている、Windows Defenderは無料です。

何かあった場合に、保証はできませんが。

 

みれい
みれい

究極にコストを削減したい場合は、これですね。

 

また、広告が表示されたりしますが、アンチウイルス機能のみなら、

前述のKINGSOFTAvastのほか、AVGAviraなどが無料版を提供しています。

ただ、個人情報がサンプルとして使われている可能性は、想定したほうがよいのではないかと思います。

 

KINGSOFTは検出率が不明ですが、軽さと機能性は抜群です。

他の3つは、検出率などは問題なさそうです。

いずれにしても、何かあった場合の保証はできません。

 

 

iPhone用はないんですか?

iPhoneやiPadアプリも使いたい場合はノートンがおすすめです。ウイルスバスターでも大丈夫です。

ESETは iPhoneアプリがありません。他のソフトは機能限定版ですが、一応用意されています。

無料アプリが良い場合には、AVGなどに無料版があります。

 

 

Androidは?

Androidは、大体のソフトで専用アプリが用意されています。

無料アプリが良い場合には、AVGなどに無料版があります。

 

 

Macユーザーです。

パソコンがMacで、 iPhoneiPadを併用しているアップルユーザーさんには、ノートンがおすすめです。

マカフィーとかESETでも大丈夫ですが、ESETは iPhoneアプリがありません。

ウイルスバスターだと、Mac用のファイアウォールがなかった気がします。

 

 

Ubuntu(Linux)ユーザーなのですが。

ClamTkを使ってください。ファイアウォール設定も忘れずに。

 

 

他に有名な国で製造されたソフトはないのですか?

GDATAはドイツ製だったと思います。

JungleのG DATAストアはこちらです。

 

 

純日本製のソフトはないのですか?

純日本製というと、FFRIやハミングヘッズのものなどがありますが、ホワイトリスト方式やヒューリスティック方式になると思います。

 

みれい
みれい

これらは上級者向けでくせが強く、あまりおすすめできません。

 

一応、日本企業が関わるセキュリティソフトについてはこちらにまとめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました