アークのゲーミングPCはどれを買えばいい?

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

「アークのゲーミングPCはどれを買えばいい?」という疑問に答えます

パソコンでゲームを楽しむのに「ゲーミングPC」の購入を検討しているけど、
種類が多いのでどれを買おうか迷っている人も多いのではないでしょうか。

今回は「パソコンSHOPアーク」のゲーミングPCの中から「迷ったらコレを買え!」
というオススメモデルをいくつか紹介しましょう。

 

スペック・コスパともに文句なし最強ゲーミングPC

アークのオリジナルブランド「akrhive」で最強と言ってもいいのが、
GamingCustomシリーズの「GC-I5G46M AG-IR10B66MGL6-TS1」です。

CPUはIntelの第14世代「Core i5 14400F」、
GPUには「GeForce RTX 4060」を搭載しています。

プレイできないゲームを探す方が難しいほどのスペックを備えており、
プレイしたいゲームのジャンルに関わらず選べるゲーミングPCです。

ゲームだけでなく画像や動画の編集なども可能で、
ゲームに特化していない汎用性の高さもあります。

これだけのスペックを備えながら、
価格はアークの公式オンラインストアで15万円台とリーズナブルです。

GC-I5G46M AG-IR10B66MGL6-TS1

 

LoLユーザーにおすすめのゲーミングPC

arkhiveのゲーミングモデルで2つ目のおすすめは「Gaming Alliance」シリーズの
GN-I5G46M League of Legends Edition」です。

「League of Legends Edition」だけあって、
LoLをプレイするのに最適なスペックを備えています。

CPUはIntel第13世代「Core i5-13400F」、
GPUは「GeForce RTX 4060」を搭載しています。

マルチタスクやゲームのようなシステムに負荷の大きいソフトウェアを実行しても、
処理能力が落ちません。

LoL以外のゲームももちろんプレイできますし、
普段使いができる汎用性の高さもあるので、LoLプレイヤー以外にもおすすめできます。

価格はアークの公式オンラインストアで15万円台とコスパも高いです。

GN-I5G46M League of Legends Edition

 

配信者向けのハイエンドモデル

YouTubeなどでゲーム実況を配信するのにおすすめなのが
「Gaming Custom」シリーズの「GC-A7G47R AG-AR8B65AGL7IS-H6F」です。

CPUはAMDの「Ryzen7 7800X3D」、
GPUには「GeForce RTX 4070 Ti SUPER」を採用しています。

「Ryzen7 7800X3D」はAMDでも最高クラスの性能を誇っており、
パソコン内部の温度が上昇しても安定した動作が期待できます。

クラシックタイトルはもちろん最新タイトルのプレイにも全く支障がないので、
幅広いタイトルを扱う配信者にピッタリなのです。

GPUも4K対応も可能な高性能ですから、
最新タイトルの美麗なビジュアルもしっかりと表現できます。

CPUやGPUを取り付けるマザーボードには、
ゲーム配信に適したASRockの「B650 LiveMixer」を標準装備しています。

価格はアークの公式オンラインストアで42万円台と高額ですが、
プレイヤー自身はもちろん視聴者にもストレスを感じさせない配信ができるモデルです。

GC-A7G47R AG-AR8B65AGL7IS-H6F

 

Corsairとコラボした究極のハイエンドモデル

アメリカのPCパーツメーカー「Corsair」とコラボしたモデルが
「Gaming Alliance」シリーズの「GN-I9G49R AG-IR24Z79AGL-C5D」です。

ケース・メモリ・ストレージ・CPUクーラーといったパーツは
すべてCorsair製のものが使われています。

CPUはIntel第14世代「Core i9-14900KF」、
GPUも「GeForce RTX 4090」と最高クラスとなっています。

メモリは96GBで、
3Dゲームでもどんなゲームでもまったくストレスを感じることなくプレイ可能です。

価格もアークの公式オンラインストアで78万円台と、
そのスペックに恥じないものとなっています。

GN-I9G49R AG-IR24Z79AGL-C5D

 

初心者から上級者までおすすめのモデル

初心者から上級者まで幅広くおすすめできるのが「Gaming Custom」モデルの
GC-I5G46M AG-IC10B66MGL6-FPM」です。

CPUはIntel第13世代の「Core i5-13400F」、
GPUは「GeForce RTX 4060」というゲーマーに人気の高い組み合わせです。

「GC-I5G46M AG-IC10B66MGL6-FPM」は静音性の高いケースを採用しており、
冷却ファンの音を気にせずプレイに集中できます。

価格はアークの公式オンラインストアで17万円台と、
ゲーミングPCとしては比較的リーズナブルです。

 

まとめ

「ゲーミングPCはどれを買えばいい?」への回答となる、
アークのおすすめゲーミングPCをいくつか紹介しました。

ゲーミングPCは基本的に高性能ですから、
ゲーム以外の普段使いもできるのでコスパが高いです。

アークは東京秋葉原に店舗もありますし、購入前の相談窓口も設けられているので、
ゲーミングPCで気になることがあれば購入前にアークで相談してみてください。

なお、公式サイトでは随時セールも開催するので、
お得な価格で購入したい人は、チェックしてみると良いかもしれません。

パソコンSHOPアーク 公式サイトを今すぐチェック!

 

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次