富士通とマウスコンピューター、どっちのノートパソコンが買いか比較

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

富士通とマウスコンピューターのノートパソコン・モバイルノートPCはどっちがいい?比較してみた結果

今やプライベートでも仕事でも勉強でも「パソコン」が欠かせないので、
買い替えや新規でノートパソコンの購入を検討している人も多いはずです。

今回は数あるパソコンメーカーの中から国産メーカーである「富士通」と
「マウスコンピューター」をピックアップしてどちらが良いか比較してみましょう。

 

パソコンメーカーとしての信用度で選ぶなら富士通

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ノートパソコンをメーカーの信用度で選ぶなら「富士通」がおすすめです。

現在富士通ブランドのパソコンを作っているのは、
「富士通クライアントコンピューティング(FCCL)」です。

その名の通り元々は、
日本を代表する総合電機メーカーの「富士通」のパソコン部門でした。

2016年に分社化、2017年に「Lenovo」に買収されて、2024年現在
富士通クライアントコンピューティングは実質的にLenovo傘下となっています。
(富士通も4割程株式を保有している)

Lenovoは中国メーカーですが、2013年以降10年以上に渡って
パソコン世界シェア1位に君臨する文字通り世界一のパソコンメーカーです。

マウスコンピューターは1993年に、
衣料店がパソコン販売を始めたことに端を発します。

2001年に「MCJ」に吸収合併され、2006年MCJの持株会社化によって
再びマウスコンピューターとして分社化されました。

2024年現在も、マウスコンピューターはMCJの子会社となっています。

MCJも東証スタンダードに株式を上場していて売上高が1000億円を超える
大企業ですが、パソコンメーカーとしての規模は世界一のLenovoに敵いません。

ただしLenovoは中国メーカーであることから、純粋な国産メーカーである
マウスコンピューターの方が信用できるという人もいます。

 

マウスコンピューターは国内生産、富士通は一部国内生産

マウスコンピューターは、
ノートパソコンを含めたほぼすべてのパソコンを国内で生産しています。

ディスプレイブランドとして有名な「iiyama」を買収したので、長野県飯山市など
3か所にある工場でマウスコンピューター製品を作っているのです。

富士通クライアントコンピューティングは、富士通から引き継いだ
島根県出雲市の工場や富士通系の福島県伊達市にある工場でパソコンを作っています。

ただ国内工場で作っているのはカスタムモデルが中心で、
それ以外のモデルは中国にあるLenovoの工場での生産です。

メーカーも生産も国内にこだわるのであれば、
ほぼすべて国内工場で作っているマウスコンピューターがおすすめです。

マウスコンピューター

 

安さで選ぶならマウスコンピューター

できるだけ安くノートパソコンを購入したいと考えているなら、
富士通よりマウスコンピューターです。

例えば
・OS Windows11 Home
・ディスプレイ 15.6型
・CPU Intel Core i5‐1235U
・メモリ 16GB
・ストレージ(SSD) 1TB
・光学ドライブ DVDスーパーマルチ
というスペックのノートパソコンがマウスコンピューターの公式オンラインショップで
約13万円で販売されています。

上記スペックのノートパソコンを富士通の公式オンラインショップで購入すると、
17万円近くかかります。

上記以外のスペックが同じではないので単純に比較はできないものの、
同程度のスペックならマウスコンピューターの方が安く買える可能性が高いです。

 

店舗で手に入れやすいのは富士通

ノートパソコンを店舗で購入したい場合は富士通がおすすめです。

富士通のノートパソコンはオンラインショップだけでなく、
家電量販店やパソコンショップの店舗でも購入できます。

マウスコンピューターのノートパソコンも一部家電量販店などで購入できますが、
富士通に比べると取扱店舗数が少なくなっています。

ノートパソコンはキーの配置や打鍵感など実際に触らないと分からないことも
あるので、実物を触って検討するなら店舗でも買いやすい富士通です。

 

保証サービスは互角

購入後の万が一の事態に備える保証サービスは富士通もマウスコンピューターも
充実していて互角となっています。

基本のメーカー保証は1年で、
購入時に追加料金を払うことで保証期間を最大5年まで延長できる点は同じです。

また通常使用の範囲内における自然故障に加えて、水濡れや落下、落雷など
自然災害による故障も保証対象に含められるのも同じとなっています。

ただ保証期間を5年に延長する場合の料金は、富士通が22,500円なのに対して
マウスコンピューターが19,800円と少しマウスコンピューターの方が安いです。

どちらにしても国内メーカーなので一定の安心感はあります。

 

まとめ

富士通とマウスコンピューターのノートパソコンを比較しましたが、
今回の比較ではどちらが良いとは言いにくいです。

コスパの高さと国内生産であることを重視するのであれば、
マウスコンピューターを選ぶことになります。

大手メーカーであることと家電量販店などの店舗で買える安心感を重視するなら、
断然富士通がおすすめです。

富士通とマウスコンピューターに限らず、ノートパソコンを購入する際は
自分が何を重視するか確認することでより良い選択肢が見えてきます。

マウスコンピューター

富士通パソコン

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次