ガレリアとフロンティアではどっちのゲーミングPCがいい?

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

ガレリアとフロンティア、ゲーミングパソコンを買うならどっちが正解?比較してみた結果

比較的手ごろな価格でハイスペックなゲーミングPCが欲しい場合、
人気メーカーとして挙げられるのが「ガレリア」と「フロンティア」です。

ではBTOパソコンを購入するならガレリアとフロンティアどっちが良いのか、
価格やサポートなどの面から比較してみましょう。

メーカーとしての資本力はフロンティアが大きい

BTOパソコンメーカーとしての企業規模を比較すると、
ガレリアよりもフロンティアが有利です。

ガレリアの製造元は1984年創業のサードウェーブという会社です。

当初はコンピューター関連機器を販売するショップで、
1988年にレンタルパソコンを開始、1992年にパソコン販売事業を開始します。

創業以来運営会社が変わることなく、店舗とともに公式オンラインショップで
オリジナルブランドのBTOパソコンを販売しています。

フロンティアを運営しているのは横浜のインバースネットという会社です。

1981年に個人商店であった文房具店でコンピューター販売を開始、
その後「神代」の社名で本格的にコンピューター事業に参入します。

2000年代に入って業績が悪化したことで大手家電量販店であるヤマダデンキと
業務提携、2004年にヤマダデンキの子会社となります。

2013年にヤマダデンキに吸収されて、フロンティアを含むBTOパソコン事業は
ヤマダデンキ子会社のインバースネットに引き継がれました。

サードウェーブもBTOメーカーとしては大きいですが、ヤマダデンキという大企業を
バックに持つフロンティアの方が、資本力があるというわけです。

ヤマダHDは、言わずと知れた東証プライム市場に上場する企業グループであり、
家電販売では国内最大手、1.6兆円もの売上高を誇ります。

ただフロンティアは業績不振からヤマダデンキに頼らざるをえなくなり、
最終的には創業時と運営会社が変わっています。

サードウェーブは大企業の傘下には入らずに創業から独立資本のため、
その点ではフロンティアよりガレリアの方が信用できるという人もいるかもしれません。

 

ガレリアもフロンティアも国内生産

ガレリアもフロンティアも国内にパソコン工場があります。
つまり、ほとんどの機種は日本製です。

ガレリアは当初は店舗でパソコンを作っていましたが、
現在は神奈川県綾瀬市にPC組立工場を保有しています。

ゲーミングデスクトップPCについてはほぼ全量国内生産のため、
ガレリアのパソコンを購入すると綾瀬市で作られたものを使うことになります。

フロンティアは最初本社でパソコンを作っており、業績が向上したことに伴って
生産能力向上のために山口県柳井市の工場での生産に切り替えました。

工場はインバースネットに引き継がれて、
現在もフロンティアのパソコンは柳井市の工場で作られています。

 

価格はほぼ同じくらい

公式オンラインショップのパソコン販売価格を比較すると、
フロンティアよりガレリアの方が微妙に安いです。

例えば、ガレリアの公式オンラインショップでは
・ミニタワー型デスクトップ
・Windows11
・CPU Intel Core i5-14400F
・グラフィック GeForce RTX 4060 8GB
・メモリ16GB
・ストレージ500GB SSD
というスペックのゲーミングPC本体が約16.5万円で販売されています。

対してフロンティアの公式オンラインショップでは、
CPUとグラフィックが同じゲーミングPCが約17.5万円で販売されています。

ただ、フロンティアのほうは
ストレージが 1TB M.2 NVMe SSD
電源ユニットが 850W ATX電源 80PLUS GOLD
とかなりいいものを使っていますので、
実質同じか少し安いくらいといえます。

また、フロンティアはセールがかなりお得で、
セール時であればガレリアよりも安く買えることがあります。

つまり単純な価格というよりコスパの良さで考えると、
ガレリアよりフロンティアが若干有利ではないでしょうか。

FRONTIERダイレクト

 

納期が早いのはガレリア

公式オンラインショップでBTOパソコンを購入した場合の納期は
ガレリアの方が早いです。

ガレリアでは、モデルによっては1週間以上かかることもありますが、
納期の早いモデルなら最短で翌日発送となっています。

フロンティアは注文する機種によって納期が違いますが、
納期の早いモデルでも発送までに1週間くらいかかります。

パソコンのモデルやカスタイズの内容によっては、
フロンティアだと発送まで2週間程度かかることもあります。

BTOパソコンの納期としてはフロンティアも極端に遅いわけではありませんが、
できるだけ早く使いたいならガレリアが良いかもしれません。

逆に、そこまで急ぎでないなら特に気にする必要はないでしょう。

 

延長保証が長いのはガレリア

パソコンが故障した場合に無償で修理してくれる、
メーカー保証の期間が長いのはガレリアです。

ガレリアは基本のメーカー保証は1年ですが、
追加料金を支払うと最大で5年まで保証期間を延長できます。

フロンティアも標準保証は1年で、
プレミアム保証に加入することで保証期間を3年に延ばせます。

ともに通常使用の範囲内における自然故障のみ対象で、
落下などのユーザー起因や自然災害による故障は対象外です。

パソコンは使っていると何かと不具合が発生することもあるので、
より保証期間を長く延ばしたいという場合はガレリアです。

 

まとめ

ガレリアとフロンティアどっちを選ぶべきか比較しましたが、
今回の比較ではコスパは同じくらい、納期と延長保証はガレリアでした。

すぐに使い始める必要があり、延長保証を重視して1年でも長くつけたい
という人の場合はガレリアがいいでしょう。

ただ、価格という面から見ればどちらも優れています。

急ぐ必要が無くセール時を狙えるのであれば、
フロンティアでの購入も合わせて検討してみてください。

現時点でセールが開催されていれば、お得に購入できますので、
念のため公式サイトをチェックしてみると良いかもしれません。

FRONTIERダイレクト

 

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次