マウスコンピューターとAcerを比較,どっちがいい?

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

マウスコンピューターとAcer、どっちのノートパソコンが優れているか比較

ノートパソコンの新規購入や買い替えで、有名海外メーカーを選ぶか
少しマイナーだけど日本メーカーを選ぶか迷うケースも少なくありません。

今回は日本メーカー「マウスコンピューター」と有名海外メーカー「acer(エイサー)」、
ノートパソコン買うならどちらが良いか比較してみましょう。

 

パソコンメーカーとしての信用度で選ぶならacer

パソコンメーカーとしての信用度を比較すると、
マウスコンピューターよりacerの方が上です。

マウスコンピューターは1993年に衣料店がパソコン販売を始めたことに端を発し、
現在のMCJ傘下の体制になったのは2006年です。

ちなみにマウスコンピューターとMCJは創業者が同じで、
MCJは現在東証スタンダード上場企業で総売上高は1000億円を超えています。

acerは1976年創業の台湾メーカーで、
1981年から自社ブランドのパソコンを製造・販売しています。

2024年第1四半期時点でのパソコン世界シェアは、
Lenovo・HP・DELL・Appleに次ぐ世界5位です。

日本シェアでも5位前後で、
世界でも日本でもシェア率ではマウスコンピューターを大きく引き離しています。

マウスコンピューターも信頼できるパソコンブランドですが、
信用度では世界的パソコンメーカーであるacerの方が上です。

 

マウスコンピューターは国産、acerは中国産

ノートパソコンの生産地は、
マウスコンピューターが日本なのに対してacerは中国です。

マウスコンピューターは、長野県飯山市を始めとした国内3か所にある自社工場で
すべての製品を作っています。

acerは自社工場を持たないファブレスメーカーで、
海外の工場に自社ブランド製品の生産を委託しています。

日本を始めとした東アジア向け製品は中国の工場で作られており、
acerは台湾メーカーですがacerのパソコンは中国製です。

個人情報を保存することもあるノートパソコンだけに国産にこだわりたいなら、
マウスコンピューターを選ぶ方が良いでしょう。

ただ中国は今やパソコンを含む電子機器分野では世界の工場となっており、
パソコン世界シェアトップ5は全て中国で製品を作っています。

acerのノートパソコンが中国製だからと言って、
国産のマウスコンピューターに性能面で劣ることはありません。

 

安さで選ぶならacer

同程度スペックのノートパソコンの価格を比較すると、
マウスコンピューターよりacerの方が少し安いです。

例えば
・OS Windows11 Home
・ディスプレイ 15.6型
・CPU Intel Core i7‐1255U
・メモリ 16GB
・ストレージ 512GB
というスペックのノートパソコンがacerの公式オンラインショップでは
約15万円で販売されています。

上記スペックのノートパソコンを、
マウスコンピューター公式オンラインショップで購入すると約17万円となります。

上記以外のスペックに違いがあるので単純には比較できないものの、
同程度スペックならacerの方が安く買える可能性が高いです。

【Acer公式オンラインストア】

 

カスタイズ前提ならマウスコンピューター

用途に合わせてノートパソコンをカスタマイズするなら、
acerよりマウスコンピューターです。

マウスコンピューターもそれほどカスタマイズ性は高くないもののが、
・メモリ
・ストレージ
・光学ドライブ
・モバイルネットワークモジュール
・CPUクーラー
などのパーツはカスタマイズできるようになっています。

acerは法人向けは一部カスタマイズ可能なモデルもありますが、
個人向けは基本的にカスタマイズできません。

メモリやストレージを自分の使い方に合わせてカスタマイズしようと考えているなら、
acerという選択肢は無しでマウスコンピューター一択となります。

 

保証サービスで選ぶならマウスコンピューター

購入後の万が一に備える保証サービスを比較すると、
acerよりもマウスコンピューターが充実しています。

マウスコンピューターは標準のメーカー保証が3年で、
購入時に追加料金を払うことで保証期間を5年まで延長可能です。
(一部モデルは標準のメーカー保証1年)

通常使用の範囲内における自然故障だけでなく、
落下や水濡れ、落雷などによる故障も保証対象に含めることもできます。

acerは標準のメーカー保証が1年で、
一部モデルでメーカー保証期間を3年に延長できるだけです。

法人向けサービスでは最大5年まで延長保証可能ですが、
個人向けには延長保証サービスはありません。

標準のメーカー保証ですから保証対象は通常使用の範囲内における
自然故障のみで、落下や水濡れ、落雷などのよる故障は保証対象外です。

ノートパソコンは持ち運んで使うこともありますし、
落下などで故障するリスクが高くなっています。

持ち運んで使うことを考えているなら、
延長保証があって対象も広いマウスコンピューターを選ぶ方が良いでしょう。

 

まとめ

マウスコンピューターとacer、ノートパソコン買うならどちらか比較しましたが、
今回の比較では甲乙つけがたいです。

メーカーの信用度と価格の安さならacer、
国産とカスタマイズ性、保証サービスならマウスコンピューターです。

ノートパソコン購入を検討する際は、
価格や生産地など何を重視するのかをまずはしっかりと検討してください。

マウスコンピューター

【Acer公式オンラインストア】

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次