SurfaceとLAVIE、どちらを買うべきか比較してみた

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

SurfaceかLAVIEか、モバイルノートパソコンはどっちがいい?比較してみた結果

持ち運び前提ならより小型のモバイルノートPCがおすすめですが、
モバイルノートPCの選択肢として「Surface」と「LAVIE」ならどちらが良いのでしょうか?

今回はSurfaceとLAVIE、モバイルノートPCを購入するならどちらか
価格やサポート面などから比較してみます。

 

パソコンメーカーとして歴史があるのはLAVIE

パソコンを選ぶ際にはメーカーの信用度も重要な要素で、
パソコンメーカーとしての信用度で選ぶならLAVIEです。

Surfaceのメーカーは「Microsoft」で、創業自体は1975年ですが
パソコン事業への参入は2010年代に入ってからとなっています。

ソフトウェアメーカーとしてのMicrosoftはかなり信用度が高いものの、
パソコンメーカーとしてMicrosoftはまだそれほど歴史があるとは言えません。

実際にMicrosoftのパソコン世界シェアは2020年時点で3%程度に留まっており、
・Lenovo(約23%)
・HP(約19%)
・DELL(約17%)
の上位3社には大きく水をあけられています。
(上位3社は2022年度の数値)

LAVIEを作っているのは「NECパーソナルコンピュータ(NEC PC)」です。

元々は大手電機メーカーであるNECのパソコン部門として発足、
2011年まではNECの子会社でした。

NECの業績悪化に伴ってパソコン部門が売却され、
2011年からは世界的パソコンメーカーであるLenovoの傘下に入っています。

先にも書いたようにLenovoは世界トップのシェア率を誇るメーカーですから、
パソコンメーカーとしての信用度はMicrosoftより上です。

ただ、Lenovoが中国に実質的な本社を置く企業であることを考えると、
人によってはアメリカ企業であるMicrosoftの方が信用できると感じるケースもありそうです。

 

LAVIEは国内生産

LAVIEはパソコンメーカーの信用度も高いですが、
「国内生産」である点も高評価ポイントです。

元々NECは山形県米沢市でパソコンを作っており、
Lenovo傘下となった現在も米沢市の工場でLAVIEを作っています。

一部低価格品など海外生産モデルがあるものの、
LAVIEを購入すると米沢工場で作られたものを使う可能性が高いです。

Microsoftはアメリカの企業ですが、
SurfaceはEMSによる製造委託を行っており、大半が中国で作られています。

ただ、今や世界のパソコンの多くは中国で生産されており、
中国製であったとしても、特に品質面の問題はありません。

 

価格で選ぶならLAVIE

モバイルノートPCの価格を比較するとSurfaceよりLAVIEが安いです。

例えば
・Windows11
・13.3型ディスプレイ
・CPU Intel Core i5-1335U
・メモリ 16GB
・ストレージ 512GB
というスペックのLAVIEが公式オンラインショップでは約23万円で販売されています。

CPUが「Core i5-1235U」であること以外は同じスペックのSurfaceの販売価格は、
公式オンラインショップで約25万円です。

ちなみにCore i5-1335UはCore i5-1235Uの後継で、
わずかですがi5-1335Uの方がスペック的には上です。

CPUのスペックがわずかに上でもLAVIEの方が安いですから、
価格で選ぶならLAVIEとなります。

NECダイレクト キャンペーン

 

コスパで選ぶならSurface

単純に価格で比較するとLAVIEの方が安いですが、
コスパで比較するとSurfaceが上です。

SurfaceはMicrosoft製品だけあってMicrosoftOfficeが標準搭載で、タ
ッチスクリーンも標準で搭載されています。

LAVIEにもOfficeを搭載することはもちろん可能ですが、
Officeを搭載すると同程度スペックのSurfaceより価格が高くなる可能性があるのです。

またタッチスクリーンを搭載したモデルもLAVIEにあるものの、
選択肢が大幅に限られてしまいます。

surface_TOP

 

保証で選ぶならLAVIE

モバイルノートPCに万が一のことが発生した場合を想定して、
保証で選ぶならLAVIEです。

LAVIEのメーカー保証は1年ですが、
追加料金を支払うことで最大5年までメーカー保証期間を延長することができます。

また水濡れや落下などユーザー起因による故障や自然災害にも対応した
保証サービスもあり、こちらも最大5年間となっています。

Surfaceもメーカー保証は基本1年で、
追加料金支払いで保証期間を最大4年まで延長可能です。

保証期間を延長すると水濡れや落下などユーザー起因による故障にも
対応してもらえますが、年間の利用回数が最大3回に制限されています。

また保証金額の上限も設けられており、
保証対象である製品の購入価格までとなっています。
(購入価格が25万円なら保証上限も25万円)

LAVIEは保証期間内であれば、
165,000円という金額上限はあるものの利用回数に制限はありません。

 

まとめ

SurfaceとLAVIEを比較しましたが、今回の比較ではLAVIEの方がやや上となります。

ただSurfaceはOfficeとタッチスクリーンが標準搭載ですから、
コスパ的にはSurfaceが上です。

画面を直接タッチして操作したいのであれば、
タッチスクリーン標準搭載のSurfaceがおすすめです。

NECダイレクト キャンペーン

surface_TOP

 

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次