[Click!] セキュリティソフト選びでお悩みの方へ

Aiper(アイパー)とはどこの国の会社?中国製?読み方は?[ポータブル電源]

ガジェット・電子機器

Aiper(アイパー)の正体

Amazonなどで、「Aiper」というブランドの、ポータブル電源やソーラーパネルを見かけたことがありますか?

今回はこちらのブランドについて、分かる範囲で解説していきたいと思います。

 

この記事を読むと、「Aiperとは何か」がわかります。

 

 

「Aiper」は中国企業のブランド

「Aiper」ブランドは、「深圳市元兆电子商务有限公司(Shenzhen Yuanzhao Electronic Commerce Co., Ltd.)」という企業が保有しています。

所在地は、中華人民共和国広東省深圳市です。

 

この中の「深圳市(Shenzhen)」とは、中華人民共和国にある、電子産業の集積地を指します。

これらのことから、「Aiper」は中国企業の保有するブランドであるということができます。

 

 

 

読み方は「アイパー」

「Aiper」は、「アイパー」と読みます。

 

 

 

主力製品はポータブル電源

Aiperの主力製品は、複数モデルを展開するポータブル電源であり、価格競争力の高さに特徴があります。

 

また、ソーラーパネルとのセット販売や、ソーラーパネル単体での販売も行っています。

 

 

 

Panasonic製バッテリー搭載機種も

Aiper製ポータブル電源の一部機種には、米テスラも採用する、信頼性の高い日本のパナソニック(Panasonic)製バッテリーセルを搭載した機種もあります。

 

 

 

日本法人がある

日本法人は、「株式会社アイパー・ジャパン」であり、

所在地は、東京都港区南青山二丁目2番15号 ウィン青山942です。

なお「ウィン青山」は、バーチャルオフィス運営会社が入居している都内のワンルームマンションであり、多数の企業が登記しています。

 

 

 

楽天に公式ストアがある

Aiperは、Amazonでのポータブル電源販売などで知られますが、楽天にも公式ストアを出店しています。

Aiper japan 楽天市場店

 

 

 

まとめ

以上のことから「Aiper」は、中国の電子機器ブランド、

そして同ブランドによる中国製のポータブル電源・ソーラーパネルということになります。

 

お役に立てましたでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました