国産クラウドを使う国家機密上のメリットとは

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

国産クラウド利用による国家機密上および経済安全保障上のメリットとは

日本企業が開発し、国内向けに提供する「国産クラウド」がにわかに脚光を浴びています。

国家機密上及び経済安全保障上のメリット、また、日本経済への良い影響についても見ていきたいと思います。

 

ここがポイント

経済安全保障にかかわる機密情報など、トップシークレットな情報を扱う場合は、

日本政府系企業である「日本電信電話(NTT)」グループのVPS・クラウドサーバー「WebARENA」シリーズが第一選択になります。

日本電信電話グループは実質的な国有企業であり、海外に情報が漏れる心配はありません。

企業向けなど、高セキュリティが必要な用途には基本的に「WebArena Indigo Pro」を利用します。

↓今なら「月額10,000円分のクーポン」を配布中です。


 

一方、テスト用途などスモールスタート、コストを抑えたいWordPressでのweb構築などにはVPS「WebARENA (Indigo)」を用います。

例えば8GB RAM、6vCPU、160GB、帯域幅1Gbps上限、IPv4/IPv6両対応の実用的なプランが、

月額上限が税込わずか2,798円という、とてもリーズナブルな料金で利用できます。

もちろん安くても、日本電信電話グループの国内データセンターで運用されていますが、

Indigo Proと異なり自動バックアップやUTMは非搭載で、利用には上位プランへのアップグレードやオプション追加が必要となります。

また、Windows Serverプランが用意されており、こちらはWindows Serverリモートデスクトップに対応しているため、リモートワークの利用にも適します。

 

また、WebArenaには安全な国産メールサーバー「WebARENA(メールホスティング)」もあります。

全設備の二重化により安定性が高いうえに使いやすく、移行や導入も支援してくれます。AIによるセキュリティも万全です。

さらにビジネス向けレンタルサーバー「WebARENA SuiteX」もあり、ホスティングに加えメール運用を強化したプランも用意されています。

 

それでは、国産クラウドの話に戻りましょう。

 

関連記事

国産パブリッククラウド/国内クラウド事業者まとめ

クラウドCDN一覧/国内海外主要/国産CDNも

国内VPS事業者/国産法人向けVPS一覧 [日本製]

 

運営会社が日本企業で国内資本である

まず、国産クラウドの運営会社は、原則として国内資本です。

日本国内に本社があり、日本人の経営者が日本人スタッフを雇用し、

日本の技術者がシステムを開発し、日本のデータセンターでサーバーの保守管理が行われています。

また、富士通やNEC、日立製作所などといった、日本メーカー製のサーバーが採用されることも多いです。

国内雇用創出や国内経済貢献でまずメリットがあるのです。

 

外国政府の影響下にない

これらのことから言えるのは、雇用創出への貢献という見方以外に、

安全保障上、外国政府の影響下にないということがメリットです。

 

提供国との間でトラブルが起きた場合

例えば、日本と政治的に対立があるA国に本社がある、クラウドサービスを利用したとしましょう。

仮に日本とA国の間で何か致命的なトラブルが発生した場合、A国政府が影響力を行使し、

クラウドが使えなくなったり、データを抜かれてしまったりということがないとは言い切れません。基本的にはないはずですが。

契約上そんなことはありえなくても、外国では常識が通じないということは多々あります。

 

有事の際に「ハイブリッド戦」が行われるとの見方も

初代陸上自衛隊システム防護隊長である、伊東 寛氏は、

「サイバー攻撃による通信・重要インフラの妨害」などが記載された、防衛白書の記述を引用しつつ、

今後有事の際にはハイブリッド戦がとられるのでは、との見解を示しています。

あわせて読みたい

 

外為法改正による影響

上記のことが仮に起こりえないとしましょう。

そうであっても、業種によっては法律上の対応が必要になってくるかもしれません。

実際に、外国為替及び外国貿易法(外為法)の改正により、クラウドサービスに関する条項が設けられました。

Docusign
海外サーバーにデータを保管しても大丈夫?外為法における安全保障貿易管理について解説 海外サーバーの利用には、国からの規制が設けられていることをご存知でしょうか。海外サーバーを利用する際には、外為法(がいためほう)や安全保障貿易管理を中心とした規...
株式会社NXワンビシアーカイブズ
株式会社NXワンビシアーカイブズ 安全保障上、日本にとって非居住者の手に渡ることを制限すべき貨物や技術は、外為法で取り扱いが規制されています。この分野は、企業の重要なデータ保存においても無関係で...

 

上場企業による運営も

国産クラウドの運営会社は、東京証券取引所に上場する企業が多く、透明性の面でも安心できます。

一例を挙げれば、

富士通

Yahoo!ファイナンス
富士通(株)【6702】:株価・株式情報 - Yahoo!ファイナンス 富士通(株)【6702】の株価、チャート、最新の関連ニュース、掲示板、みんなの評価などをご覧いただけます。前日終値、高値、安値はもちろんのこと年初来高値/安値もご覧い...

インターネットイニシアティブ(IIJ)

Yahoo!ファイナンス
(株)インターネットイニシアティブ【3774】:株価・株式情報 - Yahoo!ファイナンス (株)インターネットイニシアティブ【3774】の株価、チャート、最新の関連ニュース、掲示板、みんなの評価などをご覧いただけます。前日終値、高値、安値はもちろんのこと年...

NTTデータ

Yahoo!ファイナンス
(株)NTTデータグループ【9613】:株価・株式情報 - Yahoo!ファイナンス (株)NTTデータグループ【9613】の株価、チャート、最新の関連ニュース、掲示板、みんなの評価などをご覧いただけます。前日終値、高値、安値はもちろんのこと年初来高値...

GMOグローバルサイン・ホールディングス

Yahoo!ファイナンス
GMOグローバルサイン・ホールディングス(株)【3788】:株価・株式情報 - Yahoo!ファイナンス GMOグローバルサイン・ホールディングス(株)【3788】の株価、チャート、最新の関連ニュース、掲示板、みんなの評価などをご覧いただけます。前日終値、高値、安値はもち...

さくらインターネット

Yahoo!ファイナンス
さくらインターネット(株)【3778】:株価・株式情報 - Yahoo!ファイナンス さくらインターネット(株)【3778】の株価、チャート、最新の関連ニュース、掲示板、みんなの評価などをご覧いただけます。前日終値、高値、安値はもちろんのこと年初来高値...

といった具合で、ほかにもたくさんあります。

一覧でご覧になりたい場合は、以下の記事をお読みください。

国産パブリッククラウド/国内クラウド事業者まとめ

 

データセンターが国内にあることが多い

国産クラウドサービスは、国内データセンターをメインとして使用していることが多いです。

一例として、大手の保有データセンター数を見てみましょう。

富士通

→ 関連会社も含めて数えると50程度であり、かなりの数になる。

富士通
センター一覧 富士通グループのグローバルデータセンターをご紹介します。

IIJ

→ 主要なもので16センターは確認できた。

ここまで大規模でなくても、例えばGMOインターネットグループだと、東京都品川区にハウジング用のデータセンターを保有し、

さらに自社サービス向けとして、首都圏や福岡県などの国内データセンターに賃貸で入居するなどしています。

【GMOクラウド ALTUS(アルタス)】

外資系は海外データセンターが主

一方の外資系クラウドサービスは、海外データセンターが主となります。

もちろん例えばAWS、Google Cloud、Azure、Alibabaのような大手のサービスでは、

東京リージョン等の、日本国内データセンターを選択できる場合もあります。

ただ、あくまでサービス全体としてのメインは、米国や中国等の海外データセンターになるという話です。

 

地域経済の振興にもつながる

また、国産クラウドを利用することは、地域経済の振興につながります。

クラウドサービスを運営する日本企業や、その従業員の皆さんに恩恵が行くことはもちろんですが、

データセンターが国内に増設されるためです。

日本政府および総務省は、首都圏から各地へのデータセンター立地分散を図っており、

これらの利用が増えることで、立地自治体も増加すると考えられます。

 

VPSや共用サーバーでも同様

以上は、クラウドサービス(パブリッククラウドやプライベートクラウド)についてということで見てきましたが、VPSや共用サーバーでも同じことが言えます。

特に、サイト構築などでは規模的にVPSのほうが適している場合もありますので、以下の記事も併せてご覧いただければと思います。

国内VPS事業者/国産法人向けVPS一覧 [日本製]

あわせて読みたい
国内VPS事業者/国産法人向けVPS一覧 [日本製] 【国内VPS(仮想専用サーバー)事業者まとめ】 国内の主要なVPSサービスをまとめました。わかりやすい解説付き。   国内VPS(仮想専用サーバー)事業者一覧 ここが...

 

まとめ

機密性の高いシステムで国産クラウドを利用することは、国家機密を保持するうえでメリットがあると考えられます。

 

「GMOクラウド ALTUS」では、14日間の無料体験を受付中です。

【GMOクラウド ALTUS(アルタス)】

 

関連記事

国産パブリッククラウド/国内クラウド事業者まとめ

クラウドCDN一覧/国内海外主要/国産CDNも

国内VPS事業者/国産法人向けVPS一覧 [日本製]

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次