パソコン選びで損をしないための、たったこれだけの方法

レアジョブ英会話・スタディサプリ・ロゼッタストーンの中で選ぶべきオンライン英会話はどれか比較してみた

スマホアプリ・ウェブ

レアジョブ英会話・スタディサプリ・ロゼッタストーンの英会話アプリ・オンライン英会話はどれがいい?

自宅に居ながら本格的なレッスンが受けられる「オンライン英会話」ですが、
たくさんありすぎてどれを選べば良いのか分からなかったりします。

今回は数あるオンライン英会話の中でも特に人気の高い
・レアジョブ英会話
・スタディサプリ
・ロゼッタストーン
の3つを色々な面で比較していきたいと思います。

最後まで読んでいただいたことが、
利用するオンライン英会話を決める参考になれば幸いです。

 

 

比較する3つのオンライン英会話を簡単に紹介

比較する前に3つのオンライン英会話について、
簡単にではありますがどういったものなのかを紹介しておきます。

「レアジョブ英会話」は、日本では「オンライン上で何かサービスを受けること」自体が
まだ一般的でなかった2007年にサービスを開始しています。

日本におけるオンライン英会話の老舗であり、
累計で100万人近くが利用している最大手のオンライン英会話なのです。

学校の授業や企業の講習でもレアジョブ英会話は使われていて、ひょっとすると
知らない内に学校や職場でレアジョブ英会話に触れている可能性もあります。

レアジョブ英会話

「スタディサプリ」は、就活でお世話になった人も多い「リクルート」が提供する
オンライン英会話サービスです。

有名な女優さんを起用したTVCMも放映されていて「名前は聞いたことがある」
という人も多いのではないでしょうか。

自主学習のみならスマホアプリでもできるので、
手軽に楽しく続けやすい英会話レッスンとなっています。

「ロゼッタストーン」は英語を含めた語学学習ソフトとして有名で、
オンラインでの英会話レッスンを受けることもできます。

なお、ソフト版の詳細は以下の記事に書きました。
ロゼッタストーンの英語ソフトの評判を口コミから探ってみた

レッスンの方は、これまではスクールに足を運ばないとレッスンを受けられなかったのですが、
現在はオンラインでの英会話レッスンが可能です。

日本人の特性を理解したレッスン内容となっているため、
英語知識ゼロからでも英会話がしっかりと身に付けられると評判です。

 

 

英会話レッスンのコースと料金の比較

レアジョブ英会話のコースと料金は以下の通りとなっています。
・日常英会話コース 月8回 月額4,620円
毎日1回(25分) 月額6,380円
毎日2回(25分×2) 月額10,670円
毎日4回(25分×4) 月額17,600円
・ビジネス英会話コース 毎日25分 月額10,780円
・中学・高校生コース 毎日25分 月額10,780円

スタディサプリのレッスンコースと料金は
・新日常英会話コース 月額6,028円
・ビジネス英語コース 月額7,128円
となっています。

ロゼッタストーンのレッスンコースと料金は以下の通りです。
・発音×英会話(50分×32回) 260,480円
・日常英会話(50分×32回) 232,320円
・ビジネス英会話(50分×32回) 246,400円
・TOEIC対策(50分×38回) 267,520円
・短期集中プラン(50分×32回) 253,440円

 

特徴に応じた料金設定

ロゼッタストーンはスクールに通うことを前提にした料金設定となっているため、
他のオンライン英会話に比べると料金が高くなっています。

月額と総額があって比較しにくいですが、
レッスンに回数制限が無いスタディサプリが料金的には一番お得です。

レッスンコースの選択肢はロゼッタストーンが一番多く、
この3つの中では唯一TOEIC対策のレッスンも受けられます。

料金は高めですが、
自分に合ったレッスンが選べるという点ではロゼッタストーンが良さそうですね。

ちなみにスタディサプリにもTOEIC対策コースはあるものの、
オンラインレッスンには対応していません。

レアジョブ英会話には中学生高校生向けのコースがありますから、
子供に英会話を学ばせたい親にするとレアジョブ英会話一択となります。

レアジョブ英会話

 

レアジョブ英会話とロゼッタストーンでは日本人によるサポートが受けられる




レアジョブ英会話とロゼッタストーンでは、日本人のカウンセラーやナビゲーターによる
サポートが受けられるようになっています。

レアジョブ英会話では月額1,078円の「あんしんパッケージ」というオプションを
利用することで、日本人のカウンセラーによるサポートが受けられます。

3か月ごとに学習相談を受けることができ、
継続的にレッスンを続けて目標達成に導いてもらえるのです。

あんしんパッケージを利用すると3か月ごとの学習相談に加えて、
曜日と時間を設定しておけば自動でレッスンの予約を取ってくれる機能も利用できます。

ロゼッタストーンは日本人のキャリアナビゲーターによるサポートが標準サービスとして
付いているので利用に追加料金は発生しません。

学習内容やレッスンのスタイル、ペースなど英会話レッスンに関するあらゆることを
いつでも何度でも無料で相談可能です。

特に初めてオンライン英会話を利用する場合には、
英語のみのレッスンについていけずに挫折してしまうことが少なくありません。

日本人による日本語でのサポートが受けられると安心感が生まれるので、
継続してレッスンが受けるのに大きなメリットとなります。

レアジョブ英会話

 

いずれも無料でのお試し利用が可能

レアジョブ英会話もスタディサプリもロゼッタストーンも、
無料でレッスンをお試し体験することが可能です。

レアジョブ英会話では、
初めての無料会員登録時に限り25分の体験レッスンが受けられます。

25分の体験レッスンを受けたからと言って有料会員登録しないといけないわけでは
ありませんし、自動で無料会員が有料会員に切り替わることもありません。

スタディサプリでは7日間の無料期間が設けられていて、初めての利用する場合は
最初の7日間はいくらレッスンを受けても料金が発生しないのです。

7日間の無料期間が終わると自動で有料サービスに移行するため、
利用開始から7日以内に解約しないと料金が発生してしまいます。

ロゼッタストーンでは、本レッスンと同じ内容のレッスンを90~120分無料で体験でき、
レッスンで使用したノートをプリントアウトすることも可能です。

ロゼッタストーンでも無料体験利用から実際の申し込みを強引に迫られることは
ないので、安心して利用してみてください。

無料体験を利用してから本レッスンに申し込むと受講料が割引されるキャンペーンが
行われていたりしますから、ロゼッタストーンは無料体験からの利用がおすすめです。

どんなに評判の良い商品やサービスでも実際に使ってみないことには、
良し悪しや自分に合っているかどうかは判断できません。

その点、今回比較している3つのオンライン英会話はいずれも無料お試しができるので、
実際に利用してみて自分に合っているかどうかを判断してください。

 

 

英会話レッスンを行う講師を比較

英会話レッスンを選ぶ際には「講師」も重要な要素となりますが、
レアジョブ英会話の講師は大半がフィリピン人です。

一部日本人講師も居ますが、
英語をネイティブとする欧米人の講師はレアジョブ英会話には居ません。

スタディサプリの講師もフィリピン人が中心で、
それ以外も東欧やアフリカ系など英語がネイティブの講師も日本人講師も居ないです。

ロゼッタストーンは英語がネイティブでない講師も居れば、
英語をネイティブとする欧米人の講師も居ます。

必ずネイティブ講師に当たるとは限りませんが、
ネイティブ講師のレッスンを受けたいならロゼッタストーン一択となりますね。

 

英語がネイティブじゃない講師でも大丈夫?

レアジョブ英会話やスタディサプリにはネイティブ講師が居ないと聞いて
ちょっと不安に感じた人も多いのではないでしょうか。

日本では馴染みがありませんが、海外では第二言語を学ぶのは当たり前です。

特に母国語が海外で通じにくい東南アジアやアフリカでは
第二言語をネイティブ並みに使える人が多いのです。

中でもフィリピンは英語教育に力を入れていて英語が公用語となっているので、
国民の大半が英語をネイティブ並みに使うことができます。

カスタマーセンターをフィリピンに置く欧米企業も少なからずあり、
英語がネイティブでないフィリピン人でも十分に英語講師が務まるわけです。

第二言語として英語を身に付けた人の方が人に英語を教えるのが
上手かったりするので、英語がネイティブでない講師でも全く問題ありませんよ。

 

レアジョブ英会話の講師は選ばれし精鋭

レアジョブ英会話の講師は大半がフィリピン人ですが、
ただのフィリピン人ではなく「選ばれし精鋭」です。

レアジョブ英会話ではフィリピン大学の学生や卒業生を中心に講師として採用していて、
その採用率はたったの1%です。

フィリピン大学は日本で言うと東京大学に当たる大学で、
その学生や卒業生が優秀なのは間違いありません。

採用されても厳しいトレーニングを修了しないと講師としてデビューできないため、
レアジョブ英会話の講師は非常にレベルが高くなっています。

レアジョブ英会話

ロゼッタストーンの講師は日本語もできる

ロゼッタストーンの英語講師は全員日本語を話すことができます。

レッスンは英語のみで行われるので、
講師と日本語で会話することは基本的にありません。

日本語が話せるということは、
日本人が英語を学ぶ上で何が難しいのかが分かっていることになります。

日本人のことを理解して寄り添ったレッスンを行ってもらえるので、
ロゼッタストーンで英語が身に付けやすいのです。

 

 

3つとも専用アプリでオンラインレッスンが受けられる

オンライン英会話を利用する際には「どういった準備をしなければいけないのか」が
気になりますが、今回比較している3つとも特に準備は必要ありません。

いずれも専用アプリを使ったオンラインレッスンとなっているので、
アプリがダウンロードできるスマホと環境があればOKです。

オンライン英会話でスカイプなどの外部ツールを利用する場合には、
別途アカウントの取得が求められます。

外部ツールに運営側が原因の不具合が発生すると、
受講予約を入れたのにレッスンが受けられないといったことにもなってしまいます。

専用アプリであれば別途アカウントを取る必要が無く、
不具合が発生しても柔軟に対応してもらえる可能性が高いです。

外部ツールを使わずにレッスンが受けられることは意外と重要だったりするので、
オンライン英会話を選ぶ際にはしっかりチェックしておいてください。

 

 

ロゼッタストーンでは自習用のパソコンも必須

レアジョブ英会話やスタディサプリはスマホアプリのみでもOKですが、
ロゼッタストーンは自習用のパソコンも用意しておいた方が良いです。

オンラインレッスンはスマホだけで対応できるものの、
自習用の教材にはパソコンでしか使えないものがあります。

同じ料金を払って一部教材が使えないのは損ですから、全ての教材が使えるように
スマホとは別にパソコンも用意しておいた方が良いのです。

なお、学習用のパソコンとしては、日本製でありながら低価格な国内メーカー
マウスコンピューター」などがおすすめです。

 

 

ロゼッタストーンではレッスン中にノートを取る必要が無い

ロゼッタストーンでは、オンラインレッスンの内容などを書き留めておくためのノートすら
用意する必要がありません。

「パワーレビューシステム」という独自のシステムがあり、
パワーレビューシステムがノート代わりとなってくれるのです。

簡単に言うとオンライン上にレッスン内容の全てが記録されるシステムで、
後から何度でも見返すことができます。

パワーレビューシステムに記録されるレッスンノートは全て講師が書いてくれるため、
受講生はノートを取る必要が無いわけです。

レッスンでは話した内容も全て録音されていますから、レッスン中に聞き逃したことや
聞き取れなかったことも後で確認できます。

学校の授業で先生が黒板に書いたことをノートに書き写すのに一生懸命になって、
先生の話したことが頭に全く入っていないことがよくあります。

ロゼッタストーンのオンライン英会話ではノートを取らなくて良いので、
講師とのレッスンに集中できるのです。

レッスンに集中できると内容が頭に入りやすく、
結果的に英会話が早く身に付く可能性も高くなります。

ロゼッタストーンの料金はレアジョブ英会話やスタディサプリに比べると高いですが、
英会話をマスターするまでの費用を考えると意外とお得だったりしますよ。

 

 

まとめ

レアジョブ英会話・スタディサプリ・ロゼッタストーンの3つのオンライン英会話を
比較しましたが、いずれにもメリットがあって一番を決めるのは難しいです。

オンライン英会話を選ぶ際に何を重視するかで一番が変わり、
例えば料金の安さ・コスパの高さで選ぶならスタディサプリとなります。

講師の質は甲乙つけがたいですが、採用選考も採用後の研修も厳しいことを考えると
講師の質で選ぶならレアジョブ英会話ですね。

コースが豊富で自分に合ったレッスンが受けやすいのと
サポート面が充実している点ではロゼッタストーンが一番です。

3つとも無料お試しが利用できますから、
どれが自分に合っているのか実際に体験して確認してみてください。




お得に始めて大きな効果を得るなら、レアジョブ英会話

コメント

タイトルとURLをコピーしました