ANKERポータブル電源757の評判を口コミからまとめてみた

目次

ANKERポータブル電源757は良い?悪い?口コミやレビューをまとめました

あのANKERより完璧なまでのポータブル電源が登場しました。

高出力・大容量・堅牢デザイン・長寿命・合計13口もの出力インターフェイス・高速充電、など勢ぞろい。

それが、ANKERポータブル電源575(型番: Anker 757 Portable Power Station PowerHouse 1229Wh)なのです。

スマホやノートパソコンはもちろん、電子レンジやドライヤーなど消費電力が高い家電すら使えます。外観は、堅牢なアルミニウム合金のフレームでカバーされており、衝撃に強いようです。

そんな大きそうなポータブル電源の特徴や評判はどうなっているのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

関連記事

ジャクリとアンカーのポータブル電源は何が違うか比較してみた

Anker(アンカー)とはどこの国の会社?中国製?

 

ANKERポータブル電源757の特徴

外形寸法は約463 x 288 x 237mm、重量は約19.9kg、確かに大きいですが想像より小さいかも知れません。両サイドにグリップが付いており、幅は約46cmくらいなので、二人がかりで持ち運ぶのでしょうね。

AC出力は最大1500Wもあるばかりか、以下のような機能が備わっています。

・衝撃対策として、外枠に6000系アルミニウム合金のフレーム
・他社製より6倍の長寿命化
・3か月放置しても自然放電が10%程度
・3段階のLED照明と点滅するSOSフラッシュ
・パススルー充電
・停電時にパススルー充電がUPSモードに切替
・大きなディスプレイで詳細な充電・給電情報表示

性能仕様は以下の通りとなります。

容量は、384000mAh/1229Wh
最大13台の機器に同時給電ができ、5種類の給電方法があります。

スマホやタブレットなどが充電できるUSB-Aを4口
最新のスマホなどのデバイスが充電できるUSB-Cを1口
電気容量が大きいデバイスが充電できるUSB-C PDを1口
パソコンの充電や電気毛布などに利用できるAC100Vコンセントが6口
車載冷蔵庫などが使用できるシガーソケットを1口
搭載しています。本体重量は約19.9kgです。

Anker Japan公式サイト
ポータブル電源 | Anker Japan公式サイト ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きく長時間使用することが可能。ノートPCや扇風機ような機器から、キャンプ用の小型冷蔵庫のような大きな電力...

 

他シリーズとの比較

ANKERのポータブル電源は11機種、電気容量別に87.6~2048Whまで10サイズに分かれています。

今回の機種は、2番目に大きい大容量クラスです。

 

良い口コミ・評価

ANKERポータブル電源757の良い口コミでは

・車中泊とUPS目的で使用。自宅の庭の芝刈り機の電源にも活用
・電子レンジを1分チンしたところ、たった1%しか消耗していなかった
・パナソニックの高スペックなドライヤーが普通に使えた
・冷蔵庫と扇風機合わせて80Wを11時間連続使用できた
・たった1時間充電するだけで80%も充足できて、3段階のLED照明が便利

などがありました。

たった1時間で80%も充電できたという絶賛の声が止みません。さすが、ANKERです。高品質なリン酸鉄リチウムイオンバッテリーに加え、バッテリーの雄たるANKERのノウハウが結集した賜物と言えるでしょう。

また、電子レンジや冷蔵庫などの高い消費電力の家電が使えたことに、高い評価が多くありました。

上記には触れていませんが、過電流防止機能のおかげで、安心して夜間充電して日中活用するという節電ユーザーもいました。

Anker Japan公式サイト
ポータブル電源 | Anker Japan公式サイト ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きく長時間使用することが可能。ノートPCや扇風機ような機器から、キャンプ用の小型冷蔵庫のような大きな電力...

 

悪い評判・口コミ

ANKERポータブル電源757の悪い口コミでは

・さすがに重たいので、台車に乗せて搬送している
・AC充電で過負荷保護機能があるため調整ができなかった
・周波数50/60Hzの切替スイッチ操作がカンタンにできない
・定格電圧が110Vなのが惜しい。他機種は100Vがあるのに

などがありました。

初期不良やカスタマーサポートのクレームは今のところ見られませんでした。この調子で続々と販売してもらいたいものです。

多くのクレームとまでは言いませんが、若干ネガティブな意見はほとんど仕様やデザインについてでした。

やはり重量が20kg近くあるので、家庭内でお父さん一人が持ち運ぶには重すぎかも知れませんね。

 

まとめ

堅牢なアルミフレームの大容量ポータブル電源。パワーだけでなく、安定性・機能性も兼ね備えていましたね。一般家電も電動工具など、これ一つでまかなえるでしょう。

皆さんはどんな風に使いたくなったでしょうか?

以上、ANKERポータブル電源757をまとめました。

Anker Japan公式サイト
ポータブル電源 | Anker Japan公式サイト ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きく長時間使用することが可能。ノートPCや扇風機ような機器から、キャンプ用の小型冷蔵庫のような大きな電力...

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

ポータブル電源で迷ったら、Jackery Solar Generatorがおすすめです。

【超便利】ポータブル電源とソーラーパネルのセット販売
【超安心】公式販売サイトで3年間の製品保証が付帯
【超実績】世界で200万台以上販売、150社以上の推薦

これしかない。

Jackery Solar Generatorについて詳しく見る

【安心の3年保証】セット販売の製品一覧

 

関連記事

ジャクリとアンカーのポータブル電源は何が違うか比較してみた

Anker(アンカー)とはどこの国の会社?中国製?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次