ジャクリとアンカーのポータブル電源は何が違うか比較してみた

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

Jackery(ジャクリ)とANKER(アンカー)のポータブル電源を比較した結果、違いが見えてきた

アウトドア人気や防災意識の高まりとともにポータブル電源の需要も高まっていますが、
メーカーごとの違いがイマイチ分かっていないケースも多いはずです。

今回はポータブル電源の中でも注目度が高い「Jackery(ジャクリ)」と「Anker(アンカー)」について
比較しながら違いを探っていきます。

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

関連記事

PowerArQとJackeryどちらのポータブル電源を使うべきか比較

JVCとJackeryのポータブル電源を比較して分かった違いとは?

Jackery(ジャクリ)とはどこの国の会社?中国製?

Anker(アンカー)とはどこの国の会社?中国製?

 

メーカーの比較

「Jackery(ジャクリ)」はアメリカのカリフォルニア州に本社を置く企業で、ポータブル電源に加えて
ポータブル冷蔵庫やサーキュレーターなども開発販売しています。

あわせて読みたい
Jackery(ジャクリ)とはどこの国の会社?中国製?読み方は?[ポータブル電源] 【Jackeryの正体】 Amazonなどで、「Jackery」というブランドの、ポータブル電源やポータブル冷蔵庫を見かけたことがありますか? 今回はこちらのブランドについて、分...

本社はアメリカにあるものの創業者は日本の大手家電メーカーで働いた経験を持つ
中国系の人物で、生産拠点は中国の深圳です。

「Anker(アンカー)」は中国の深圳に本社を置く企業で、急速充電器やモバイルバッテリーなど
スマホ周辺機器のメーカーとしてもお馴染みです。

家電ブランドの「eufy」などもアンカーの傘下ブランドになります。

あわせて読みたい
Anker(アンカー)とはどこの国の会社?中国製?読み方は? 【Anker(アンカー)の正体は?信頼できる会社?買っても大丈夫?】 Amazonなどで、「Anker」というブランドの、USB急速充電器やモバイルバッテリー、Bluetoothマウス・キ...
あわせて読みたい
eufyとはどこの国の会社?中国製?読み方は?[ANKER][ロボット掃除機] 【eufyの正体】 Amazonなどで、「eufy」というブランドの、ロボット掃除機を見かけたことがありますか? 今回はこちらのブランドについて、分かる範囲で解説していきた...

ジャクリの最大拠点は中国深圳なので、
ジャクリもアンカーも中国を拠点とするメーカーとなります。

深圳は「中国のシリコンバレー」とも言われる都市で、
今や世界中の電子機器メーカーのオフィスや工場が集まる都市となっています。

日本人の感覚的には中国製品にあまり良いイメージがないかもしれませんが、
現在では電子機器においては中国製品は業界でもトップクラスの品質です。

ジャクリもアンカーも深センに生産拠点があり、
そこで開発されたポータブル電源の品質が良くないはずがないのです。

 

容量の比較

ポータブル電源では機種ごとに貯められる電気の容量が決まっており、ジャクリでは
・240Wh
・288Wh
・400Wh
・708Wh
・1000Wh
・1002Wh
・1264Wh
・1512Wh
・1534Wh
・2000Wh
・2160Wh
・2042Wh
・3024Wh
といった容量のポータブル電源を取り扱っています。

アンカーでは
・87.6Wh
・97Wh
・213Wh
・256Wh
・389Wh
・434Wh
・512Wh
・778Wh
・1024Wh
・1229Wh
・2048Wh
というラインナップになっています。

アンカーは100Wh以下の容量の小さい機種もあるので、
用途に合った容量のポータブル電源を選びやすいです。

一方、ジャクリは大容量タイプのポータブル電源が充実しており、
本格的にポータブル電源を使いたい場合に適しています。

 

寿命の比較

スマホのバッテリーも充電と使用を繰り返すことで劣化しますが、
ポータブル電源も同様に充電と使用の繰り返しで劣化していきます。

0%から100%まで充電して0%になるまで使用するのが1サイクルです。

ジャクリは1000Plus、2000Plus、300Plusの3モデルで耐久性の高いリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しています。

アンカーは
・256Wh
・512Wh
・1024Wh
・1229Wh
の現行機種と2048Whの新機種には特に耐久性の高い
リン酸鉄リチウムイオン電池というものが使われています。

リン酸鉄リチウムイオン電池が使われている機種は何と3000サイクルまで
80%の蓄電能力が保証されます。

従来のリチウムイオン電池が使われている機種の寿命はどちらも変わりませんが、
リン酸鉄リチウムイオン電池の機種の寿命は三元系の3倍以上です。

アウトドアなどで頻繁にポータブル電源を使う機会がある場合には、
より寿命の長いリン酸鉄リチウムイオン電池の方が適しています。

なお、機器自体の寿命ではなく、あくまで電池セルの理論上の寿命になります。

 

価格の比較

ポータブル電源は容量によって価格が違うので、
容量がほぼ同じ1000Whクラスの価格で比較します。

ジャクリの1000Whの機種は公式サイトでは139,800円、
公式サイトや通販サイトのセール時には10万円前後で購入することも可能です。

アンカーの1000Whクラス(1024Wh)は
公式サイトでも大手通販サイトでも149,900円となっています。

セール時なら10万円前後で購入できる可能性がありますが、
アンカーはジャクリほどセールを行っていません。

ジャクリはセールを結構頻繁に行っているので、
価格で比較するとジャクリの方がお得と言えます。

Jackeryのポータブル電源

 

安全性の比較

ポータブル電源は持ち運ぶ機会も多いため、
振動や落下によって故障や液漏れなどが発生しないかどうかも重要です。

ポータブル電源は電気用品安全法の対象外ですが、ジャクリもアンカーも
電気用品安全法に適合していることを示すPSEマークが表示されています。

PSEマークに加えて輸送時の安全維持の指標であるUN38.3も両者取得しており、
ポータブル電源としての安全性はかなり高いと言えます。

さらにアンカーのポータブル電源は一部の地方自治体で非常用電源として
採用されているのです。

安全性についてはジャクリとアンカーで大きな差は無く、
どちらのポータブル電源でも安心安全に使用できます。

 

まとめ

ジャクリとアンカーのポータブル電源を比較しましたが、
全体的にはややアンカーの方が有利となっています。

ただジャクリの方がリーズナブルで、
コスパを重視するならジャクリという選択肢もありだと思います。

また、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載した機種であれば互角です。

冒険心を満たしたい場合はカリフォルニアデザインのジャクリですね。

ポータブル電源を選ぶ上で何を重視するのかをよく考えて、
ジャクリ・アンカーどちらのポータブル電源を購入するか検討するといいでしょう。

Anker Japan 公式サイト
ポータブル電源 | Anker Japan公式サイト ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きく長時間使用することが可能。ノートPCや扇風機ような機器から、キャンプ用の小型冷蔵庫のような大きな電力...

 

【米国シリコンバレー発】Jackeryのポータブル電源

ポータブル電源選びでお悩みの方へ

安い買い物ではありませんから、慎重に選びたいですよね。

でも、家電と違って、聞いたことのないメーカーばかり…
一体どれを選べばいいのか…

そう思っていませんか?

その気持ちはよくわかります。


信頼できるブランドを選ぶ

ポータブル電源を選ぶ基準は人それぞれですが、
もしお悩みなら、ブランドで選んでみてはいかがでしょうか?

そう、米国シリコンバレー発のポータブル電源ブランド
Jackery(ジャクリ)」のことです。

古き良きカリフォルニアデザイン

Jackeryの魅力は、オレンジを基調とした「カリフォルニアデザイン

アメリカを感じさせ、冒険心がわいてくる素敵なデザインですよね。

ソーラーパネルもそろいのデザインで、ブランドの認知度は抜群。
どこに出しても恥ずかしくない」ポータブル電源といえるでしょう。


老舗ポータブル電源ブランド

Jackeryの魅力は、ブランド力やデザインにとどまりません。

その信頼性も注目すべきポイントです。

Jackeryは、ポータブル電源界の先駆者的存在。
老舗のブランドならではの安定感が光っています。

日本の安全基準にはもちろん適合しています。


JVCケンウッドとの技術提携

さらに、Jackeryは、東証プライム市場に上場し
日本を代表するオーディオ・車載機器メーカーのひとつに数えられる、

JVCケンウッド」と技術提携しているという事実。

これは、技術力を担保する何よりの証拠ではないかと思います。


公式ルートで買うと長期保証

さらに、正規販売店での購入は、製品登録で長期延長保証が付帯する

これが非常に安心なポイントです。

特に、公式サイトでの購入は、購入画面で簡単に保証が選択できます。

通常モデルは最長3年保証が付帯。これだけでもすごいことなのですが、

従来モデルより長寿命高速充電に対応し、コスパも良い

1000 Pro」「1500 Pro 」「2000 Pro 」の3モデルと、

標準モデルの8倍の長寿命サイクル設計のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載した

1000 Plus 」「2000 Plus 」「300 Plus 」の3モデルは、

なんと、最長5年(3年+2年)もの長期延長保証が付帯する
というから驚きです。

もちろん、ソーラーパネルセット(Solar Generator)も対象となります。

繰り返しますが、これには正規販売店での購入と製品登録が必要です。

もっともわかりやすくて安心なのは、公式サイト
購入時に「無料2年延長プラン」を選択・ユーザー登録で保証が付帯されます。

さらに、公式サイトは日本全国送料無料

支払い方法も充実。明朗会計で安心です。

お見逃しなく。

なお、どれがいいか迷った場合は、本格的な用途に耐えうる大容量、
容量と価格のバランスが良く、高速充電に対応し、

リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したことにより
4,000サイクル(初期モデルは500サイクル)もの圧倒的な長寿命を実現した新モデル「1000 Plus 」と「2000 Plus 」をおすすめします。

アウトドアはもちろん、防災用としても太鼓判の高スペックですよ。

一方、本格的に使うかわからない、とりあえず小型の格安モデルを試したい、
Jackeryで冒険気分を味わってみたいという場合は、

長寿命な「リン酸鉄リチウムイオン電池」を搭載し 3万円台と格安。最新型コンパクトモデルの「300 Plus 」と、 小型ソーラーパネルセットの「Solar Generator 300 Plus 」の2モデルをおすすめします。

こちら容量は小さいですが、とにかく安いのでサブ機としても最適です。

 

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次