マウスコンピューターとDELL、どっちのパソコンがおすすめ?

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

マウスコンピューター(mouse)とデル(DELL)ではどっちのパソコンを選べばいいの?

数あるパソコンメーカーの中で、高性能なモデルを比較的安価で販売しているのが
「マウスコンピューター」と「DELL」です。

これからパソコンを新たに購入する・買い替えるならマウスコンピューター・DELLの
どっちが良いのか、それぞれの特徴などを詳しく見ていきましょう。

 

関連記事

マウスコンピューター(mouse)とDELL(デル)の比較[BTO]

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較した結果。どれがいい?

 

マウスコンピューターは国産、DELLは中国産

まずそれぞれのパソコンがどこで作られているかですが、
マウスコンピューターは日本、DELLは中国となっています。

マウスコンピューターは日本のパソコンメーカーであり、生産拠点は長野県にあります。

一部海外で生産しているモデルもあるものの、
基本的にマウスコンピューターのパソコンは日本国内で作られているのです。

現在日本国内でパソコンを生産しているメーカーはそれほど多くなく、
国産パソコンにこだわるならマウスコンピューターは大きな選択肢の1つです。

DELLはアメリカのパソコンメーカーで、1人のコンピューターマニアの青年が
起業したところから始まって今や世界3位のシェアを誇るトップメーカーです。

DELLには日本法人もありますが、DELLの日本法人は主に販売やサポートなどを
行っており、パソコンの生産は行っていません。

DELLの生産拠点は
・北米(2か所)
・南米
・ヨーロッパ
・マレーシア
・中国
の6か所です。

日本・中国・香港といった東アジア向け製品の大部分は中国で作られているので、
日本で購入できるDELL製品は基本的に中国産となるわけです。

今や中国は世界の最先端技術が集まる国ですから、
パソコンに関しては中国産だからと言って品質が悪いといったことは一切ありません。

ただパソコンのような通信機器で中国製品を使うのが不安な場合は、
安心安全の国内生産であるマウスコンピューターを選ぶとよいでしょう。

マウスコンピューター 期間限定セール会場

 

価格はDELLの方が安い

パソコンを購入する際は「価格」も重要な要素の1つとなりますが、
価格を比較するとDELLの方がお手頃です。

例えば
・Windows11
・15.6型ディスプレイ
・メモリ8GB
・ストレージ256GB
というスペックのノートパソコンがDELLだと7万円ちょっとで購入できます。

ExcelやWordなどのソフトが使えるMicrosoftOfficeを付けても
10万円前後に価格が抑えられます。

同じスペックのノートパソコンをマウスコンピューターで購入すると、
Office無しで約12万円、Office有りだと約14万円です。

プロセッサーやグラフィックスなど違う点も多いので単純に比較はできないものの、
同じようなスペックならDELLの方が安い可能性が高いのです。

デルオンラインストア

 

納期はBTOならマウスコンピューターの方が早い

一部店舗では取り扱っているものの、マウスコンピューターもDELLも
公式オンラインショップなどネット販売が基本となっています。

ネット販売でパソコンを購入した場合の納期については、
BTOすなわち受注生産品だとマウスコンピューターの方が早いです。

マウスコンピューターは受注生産が基本で、
注文してから発送まで通常は4営業日となります。

DELLの受注生産品は注文してから発送までに少なくとも2週間、
注文内容や時期によっては発送までに4週間かかることもあるのです。

ただしDELLには既製品の即納モデルもあり、
即納モデルであれば遅くても注文後3日で発送されます。

特にカスタマイズしなくて良いならDELLの即納モデル、
カスタマイズするならマウスコンピューターが早く手元に届くのでおすすめです。

マウスコンピューター 期間限定セール会場

 

サポートはマウスコンピューター

パソコンに不具合や故障が発生すると公式サポートの力を頼りますが、
サポートの充実度ならマウスコンピューターです。

マウスコンピューターは日本国内にサポートセンターがあり、
24時間365日対応で電話サポートが受けられます。

他のメーカーでも24時間365日対応のサポートを提供しているものの、
有料オプションとなっているケースが少なくありません。

マウスコンピューターは24時間365日対応の電話サポートが無料で受けられます。

DELLも24時間365日対応のサポートは提供しているものの有料オプションで、
オプション加入していないと9時から21時までの対応です。

夜9時と比較的遅くまで受け付けているので悪くありませんが、
マウスコンピューターの24時間365日対応に比べると見劣りしてしまいます。

また日本のユーザー向けのサポートセンターは日本と中国にあり、
一定の確率で中国のサポートセンターに繋がります。

オペレーターは日本語が話せるので問題はないものの、海外のオペレーターに
サポートを受けること自体に不安を感じることがあるかもしれません。

 

まとめ

マウスコンピューターとDELLにはそれぞれメリットがあり、
新たに購入する・買い替えるのにどっちを選ぶ方が良いとは一概には決められません。

とにかく安く済ませたいならDELLですし、
国産でサポートも充実している方が良いならマウスコンピューターがおすすめです。

サポート面を考えるとパソコン初心者はサポート充実のマウスコンピューター、
ある程度のトラブルには自分で対処できるならDELLという選び方もあります。

マウスコンピューター 期間限定セール会場

デルオンラインストア

 

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

 

 

高コスパのノートパソコンが欲しい人!
この記事を今すぐ読もう!!

ノートパソコンおすすめランキング

 

関連記事

マウスコンピューター(mouse)とDELL(デル)の比較[BTO]

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較した結果。どれがいい?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次