ANKERポータブル電源535の評判を口コミからまとめてみた

目次

ANKERポータブル電源535の評判は良い?悪い?口コミやレビューをまとめました

キャンプで、スマホやタブレットを充電・ノートパソコン・LEDランタンなど、一度に使える電源があったら便利ですよね。もちろん、家庭のDIYでも複数の電源が取れたら、快適ではないでしょうか。

実は、そんなことが叶えられるポータブル電源があるのです。

今回は、ANKERポータブル電源535(型番: Anker 535 Portable Power Station PowerHouse 512Wh)をご紹介します。

ありがたいことに、上部にガッチリとした取手もあります。重量は約7.6kgで決して軽々とは言い難いものの、モバイル性にもうってつけです。

果たして、その特徴や評判はどうなんでしょうか。

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

関連記事

ジャクリとアンカーのポータブル電源は何が違うか比較してみた

Anker(アンカー)とはどこの国の会社?中国製?

 

ANKERポータブル電源535の特徴

メーカーによると、当製品は他社製と比べて寿命が6倍と謳っています。その根拠は、高品質なリン酸リチウムイオンバッテリー・冷却機能の重視による、長寿命化です。

また、0→80%まで充電するのに、たった2時間30分程度で済ませられます。まさに高速充電。

さらに、50cm下のコンクリート床に落下する衝撃試験にもクリアーしている程、物理衝撃にも強いのです。

性能仕様は以下の通りとなります。

容量は、160000mAh/512Wh
最大9台の機器に同時給電ができ、4種類の給電方法があります。

スマホやタブレットなどが充電できるUSB-Aを3口
最新のスマホなどのデバイスが充電できるUSB-Cを1口
パソコンの充電や電気毛布などに利用できるAC100Vコンセントが4口
車載冷蔵庫などが使用できるシガーソケットを1口
搭載しています。本体重量は約7.6kgです。

Anker Japan公式サイト
ポータブル電源 | Anker Japan公式サイト ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きく長時間使用することが可能。ノートPCや扇風機ような機器から、キャンプ用の小型冷蔵庫のような大きな電力...

 

他シリーズとの比較

ANKERは、87.6~2048Whまで10ランクのサイズがあり、11機種がラインナップされています。

今回製品は、中くらいのサイズで中容量クラスです。

一つ下のモデルには、Anker PowerHouse 521があります。

 

良い口コミ・評価

ANKERポータブル電源535の良い口コミでは

・今までANKER製モバイルバッテリーを多数使用してきたので、信頼できるブランドを選んだ
・夜間電力活用で購入。深夜料金は昼間の1/3で済むので、昼間の使用で節電できた
・インパクト用の18Vバッテリー2個充電も、6畳用の石油ファンヒーターも十分使えた
・キャンプで、スマホ充電・照明とクーラーボックス使用で十分機能した
・充電が100%に満たすと、過充電を防ぐためにオートで充電が遮断される

などがありました。

ANKERは、もともとモバイル用のバッテリーやワイヤレスイヤホンなどで高品質な有名ブランドなのです。そうした技術力を背景に、今回製品についても、長寿命化・過充電保護・高速充電、など優位性が見受けられます。

多かった意見として、充電速度が早い、リン酸リチウムイオンへの信頼性、安心のANKERブランドといった内容でした。

確かに、性能仕様も大事ですが、それを担保する安全性があることも忘れてはなりません。さすが、ANKERですね。

Anker Japan公式サイト
ポータブル電源 | Anker Japan公式サイト ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きく長時間使用することが可能。ノートPCや扇風機ような機器から、キャンプ用の小型冷蔵庫のような大きな電力...

 

悪い評判・口コミ

ANKERポータブル電源535の悪い口コミでは

・充電中、ACアダプターがかなり発熱する。何とかしてもらいたい
・購入から1か月もしないうちに、ACアダプターから本体に充電ができなくなった
・自宅で本体を充電すると、50%以降充電されず、リセットで80%に表示されて以降充電されず
・サポートセンターが1日1回のメールしか返ってこなくて対応が遅い
・AC100Vコンセント使用時に限り、具体的な電気使用量が表示されない

などがありました。

多くのクレームは、ACから本体を充電するときのトラブルでした。特に、1か月以内に自宅などから本体に充電できなくなるケースが多いです。

また、原因は初期不良なのか、ユーザー側の過失なのか、まだわかりませんが、取説も確認しましょう。

さらに、カスタマーサポートにメール連絡してもせいぜい1日1回しか応答がなく、対応が遅いことも挙げられていました。

とにかく、ユーザーへの早いレスポンスは信頼の要となります。

 

まとめ

短い充電時間・多数の出力インターフェイスといった機能性に圧倒されました。過充電保護・長寿命化、こうした信頼性もある製品は珍しいのではないでしょうか。

ミドルレンジの範囲内で、いろんなことできそうですね。

さあ、皆さんはどんな使い方を思いつきましたか?

以上、ANKERポータブル電源535をまとめました。

Anker Japan公式サイト
ポータブル電源 | Anker Japan公式サイト ポータブル電源は、一般的なモバイルバッテリーより、容量が大きく長時間使用することが可能。ノートPCや扇風機ような機器から、キャンプ用の小型冷蔵庫のような大きな電力...

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

ポータブル電源で迷ったら、Jackery Solar Generatorがおすすめです。

【超便利】ポータブル電源とソーラーパネルのセット販売
【超安心】公式販売サイトで3年間の製品保証が付帯
【超実績】世界で200万台以上販売、150社以上の推薦

これしかない。

Jackery Solar Generatorについて詳しく見る

【安心の3年保証】セット販売の製品一覧

 

関連記事

ジャクリとアンカーのポータブル電源は何が違うか比較してみた

Anker(アンカー)とはどこの国の会社?中国製?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次