日本製PCがゴミでオワコンとは本当なのか?

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

日本メーカーの国産PCがゴミでオワコンという話を検証する

日本メーカー製のいわゆる国産PCがありますよね。NEC、富士通とかです。
これがゴミだとかオワコンという話について、パソコンオタクの私が解説します。

 

そもそもなんでこういった話が出るのか

そもそもなんでゴミとかオワコンとかいった話が出るのか
という話ですが、

やはり高い値段を出して買ったのに、性能が低くて思ったほど使えなかった
とか、

期待したほど品質が良くなかった、
ということなどが挙げられると思います。

国内大手メーカーでいうと、特に前者でしょうか。

こうした目にあった人たちが悪評を書き込むということは、
十分に考えられることです。

 

 

日本製PCには大きく分けて2種類がある

大手メーカー系ブランド

一般的に、日本製PCと言われてイメージするのは、
ヤマダデンキなど家電量販店の店頭で並べられている

「NEC」「富士通」「ダイナブック」
といったメーカーだと思います。

NEC LAVIE公式サイト

富士通WEB MART 個人のお客様ページ

 

これに加えて、ビジネスノートパソコンの「VAIO」や「レッツノート」もありますね。

VAIOストア TOP

Panasonicのパソコン直販サイト

 

こうしたメーカーは、ハイエンドモデル、
例えばビジネスモバイルノートパソコンや

他には、学校などで使われる
法人向けパソコンではとても優れているのですが、

家庭用で普及価格帯のモデルだと、
値段のわりにスペックが低く感じることが多いです。

昔はパソコン自体が高かっただろうから、特にこうした実感はなかったでしょう。
しかし、現在は海外メーカーが驚異的なコスパのPCを多数発売しています。

こうしたパソコンを見てしまうと、なんか日本メーカー割高だよね。
という話になってしまうのも致し方ないことだと思います。

例えば、世界シェア首位は中国のレノボですが、
レノボ製PCのキャンペーンページを見てみましょう。安いので。

レノボ・ショッピング キャンペーン情報

少しおわかりいただけたと思います。

 

 

国産BTOパソコンメーカー

ただ実は、日本製PCには、大手家電メーカーのブランドだけではなく、
「BTOパソコン」と呼ばれるものもあるのです。

有名どころでは、テレビCMでも見かける「マウスコンピューター」があります。

他には「IIYAMA PC」「FRONTIER」「TSUKUMO」などですね。

信頼の国内生産パソコン「iiyama PC」(パソコン工房)

TSUKUMO BTOトップページ

FRONTIER公式サイト

こうしたメーカーの多くは国内工場でパソコンを製造しており、
また、シンプルな構成のため、スペックのわりに安いです。

つまりコスパがいいんですね。

さらに、eスポーツやオンラインゲームなどで使われる
「ゲーミングPC」も得意としています。

ゲーミングPCおすすめランキング

ノートパソコンおすすめランキング

 

 

日本製PCはゴミでもオワコンでもない

結局のところ、日本製PCはゴミでもオワコンでもないのです。

用途にあっていないPCを選べば、不満が出るのは当然のことです。
何も日本メーカーに限った話ではありません。

大手国内メーカーでコスパの高いPCを買おうとするのは、
なかなか難しいと思います。

中途半端な値段の大手日本メーカー製PCは、CPUのスペックがかなり低かったりするので、

不満がたまるはずです。

一方で、ハイエンドなモバイルノートパソコンだと、
国内大手メーカーの製品は、世界的に見ても優れています。

パナソニックのレッツノートとか、
VAIOとか、NECや富士通にもいいのがありますね。

日本製で、かつコスパの高いノートパソコンがほしいとか、
ゲーミングPCでオンラインゲームを快適に動かしたいといった場合は

マウスコンピューターなどのBTOパソコンを選べばいいのです。

日本製PCも普通にいいですよ。

 

 

まとめ

日本製PCは、適切な用途で適切なメーカーや機種を選べば、普通にいいものである。

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

 

 

 

高コスパのノートパソコンが欲しい人!
この記事を今すぐ読もう!!

ノートパソコンおすすめランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • NECのパソコンの多くは日本製でもないLenovoのOEMなうえに高くて不要なソフトも入っていてオワコンだと思いますよ。
    富士通もNECよりはマシですがひどい構成と価格設定の物を売っていたりします。

    • コメントありがとうございます!
      やっぱりNECはほぼレノボになってるんですね。
      なんか割高に感じますよね。

目次