パソコン選びで損をしないための、たったこれだけの方法

PowerDirector・Corel VideoStudio・Filmoraで使いやすいのはどれか比較してみた

コンピュータソフト

PowerDirector・Corel VideoStudio・Filmoraの動画編集ソフトを比較した結果

YouTubeやTicTokなど簡単に動画がアップできるコンテンツが登場したことで、
家庭用パソコンで使える動画編集ソフトが増えています。

今回は動画編集ソフトの中でも初心者でも使いやすい「PowerDirector」「VideoStudio」
「Filmora」の3つを比較してみたいと思います。

 

関連記事

PowerDirector・Premiere Elements・Vegas・Filmoraを徹底比較してみた

PowerDirectorとPowerDVDとPowerProducerの違いは何?

 

 

使いやすいのは「Filmora」

3つとも初心者向けの動画編集ソフトだけに使いやすいのですが、
その中でも特に使いやすいのは、中国Wondershare社の「Filmora」ですね。

ソフトに動画を取り込んだり、取り込んだ動画にエフェクトを加える際に使うツールバー、
Filmoraはアイコン+項目名の表示となっています。

Filmoraのように項目名まで表示されていると初めて使う場合でも分かりやすく、
編集作業をスムーズに行うことができます。

特に動画編集ソフト自体を初めて使うといった人にとっては、
Filmoraのような分かりやすい操作画面だと分かりやすくてありがたいですね。

Filmoraの次に使いやすいのは、台湾CyberLink社のPowerDirectorで、
アイコンのみで項目名表示が無いもののアイコンが種類ごとに整頓されています。

種類ごとにアイコンが並んでいますから、
アイコンの項目を覚えてさえしまえば特に使いにくさはありません。

Corel社のVideoStudioはアイコンやボタンがあちこちに配置されていたりするので、
まずアイコンやボタンを探すところから始めないといけないので少し使いにくいです。

PowerDirector

 

 

Filmoraはソフトの動作も軽い

ソフトの動作の軽さでも、今回比較している3つの中ではFilmoraが一番軽いです。

動画編集という作業自体がパソコンに大きく負荷をかけるもので、
作業内容によってはフリーズと勘違いするぐらいのラグが生じることもあります。

今回比較している3つはいずれも動画編集ソフトとしては動作が軽いですが、
PowerDirectorとVideoStudioは使用ツールによっては大きなラグが発生します。

特にエフェクトを重ねれば重ねるほど動作が重くなっていくため、
ある程度スペックの高いパソコンでないとソフトがシャットダウンすることがあります。

Filmoraでは普通に動画を編集している限りは気になるほどのラグが発生しないので、
作業が思うように進まずイライラするといったことがありません。

Filmoraはエフェクトを重ねがけしても動作がそれほど重くなりませんから、
パソコンのスペックがそれほど高くなくてもソフトがシャットダウンする心配がないのです。

動作の軽さで順位を付けるとすると、Filmoraが1番軽く、次がPowerDirectorで、
この3つの中で一番重いのはVideoStudioとなります。

 

 

ソフトの安定性はPowerDirector

サイバーリンク

ソフトの安定性を比較するとPowerDirectorがこの3つの中では一番安定しています。

動画編集ソフト全体で見ても、
PowerDirectorの安定性の高さは上から数えた方が速いぐらいです。

エフェクトの重ねがけで多少動作が重くなることはありますが、
それ以外ではエラーやフリーズが発生することは少ないです。

Filmoraも動作が軽くエラーやフリーズは少ないものの、
PowerDirectorに比べるとフリーズが発生する可能性がやや高くなっています。

VideoStudioは正直なところエラーやフリーズが多く、エフェクトの重ねがけだけでなく
少し複雑な作業を行うとエラーやフリーズからシャットダウンが発生します。

高スペックパソコンならVideoStudioでも良いですが、
パソコンのスペックがそれなりならPowerDirectorかFilmoraを使うのがベターですよ。

PowerDirector

 

 

動画編集の機能はPowerDirectorとVideoStudioが双璧

動画編集機能の多彩さはこの3つの中ではPowerDirectorとVideoStudioが双璧で、
Filmoraが少し劣ります。

Filmoraは動画編集に必要な機能は一通り揃っていますが、
動画を編集できる範囲が限られています。

エフェクトをかけるにしてもテキストを入れるにしても、
Filmoraでは基本的にテンプレートを使うしかありません。

PowerDirectorとVideoStudioでもテンプレートは使いますが、
パラメーターを操作することでオリジナルエフェクトを作ることも可能です。

手書きの文字やイラストを動画に表示するペイント機能がPowerDirectorと
VideoStudioでは使えるもののFilmoraでは使えません。

画面を分割して複数の動画や画像を表示させるマルチ演出でも、
PowerDirectorとVideoStudioでは動画や画像の境目の枠を動かせます。

マルチ演出自体はFilmoraでも可能ですが、
途中で分割したうちの1つを大きくするといった加工はできません。

初心者の内は動画につけられる加工や演出に多少限りがあっても、
特に不便に感じることはないです。

動画編集に慣れてきてやりたいことが出てくると、
Filmoraでは物足りなく不便に感じるようになる可能性が高いですね。

PowerDirector

Corel VideoStudio

 

 

価格はFilmoraが一番リーズナブル

動画編集ソフトを初めて使う場合にはやはり価格も気になるところで、
今回比較している3つの中ではFilmoraが一番リーズナブルです。

それぞれの公式サイトにおける販売価格は以下の通りです。
・PowerDirector 買い切り版 Ultra 12,980円
Ultimate 16,980円
Ultimate Suite 20,980円
サブスク版 365 年額8,480円
Suite365 年額15,980円
・VideoStudio Pro2022 14,080円
Ultimate2022 18,480円
・Filmora 買い切り版 9,980円
サブスク版 年額6,980円

 

PowerDirectorとVideoStudioも標準的な値段

比べるとPowerDirectorやVideoStudioが高く感じますが、Filmoraが安いだけで
PowerDirectorもVideoStudioも動画編集ソフトとしては標準的な価格です。

高機能な動画編集ソフトなので、それに見合った価格になっています。

 

 

3つとも返金保証があるが・・・

今回比較している3つのソフトにはいずれも返金保証がありますが、
それぞれに内容が違うので注意が必要です。

PowerDirectorはCyberLinkの公式サイトから購入したものであれば、
無条件で購入から30日間はキャンセル可能で返金してもらえます。

PowerDirector

VideoStudioはCorelの販売代理店であるソースネクストの公式サイト以外で
購入したものも返金対象で、購入から30日以内であれば返金可能です。

ただソフトが正常に作動しない場合でないと返金に応じてもらえません。

FilmoraもWandershareの公式サイト以外での購入も対象となる30日間の返金保証が
ついています。

ただ同じソフトを間違って2つ購入、ソフトが正常に作動せず復旧できない、
違う製品を購入したので買い直した場合に限られます。

買ったけど使いにくかったという理由では、VideoStudioとFilmoraは返金できません。

 

 

まとめ

動画編集ソフトであるPowerDirector・VideoStudio・Filmoraの3つを比較しましたが、
何を重視するかでどのソフトを選ぶべきかが変わります。

使いやすさと価格を重視するならFilmora、機能重視だとVideoStudio、
安定性重視はPowerDirectorといったところでしょうか。

3つとも無料体験版が利用できるので、
まずは実際に使ってみて自分に合っているかを確かめてから購入を検討しましょう。

総合的にみると、一番売れているとされるPowerDirectorがいいかもしれません。

PowerDirector

Corel VideoStudio

 

関連記事

PowerDirector・Premiere Elements・Vegas・Filmoraを徹底比較してみた

PowerDirectorとPowerDVDとPowerProducerの違いは何?

コメント

タイトルとURLをコピーしました