パソコン選びで損をしないための、たったこれだけの方法

XperiaとGalaxyとAQUOSとArrowsと京セラのスマホを比較した結果。

スマートフォン

XperiaとGalaxyとAQUOSとArrowsと京セラのスマホを比較。どれがいい?

この記事を読めば、XperiaとGalaxyとAQUOSとArrowsと京セラで、どのスマホを選べばいいか大体わかります。

 

関連記事

GalaxyとOPPOとXiaomiとHUAWEIのスマホを比較した結果,どれがいい?

 

 

XperiaとGalaxyとAQUOSとArrowsと京セラスマホの会社概要

まず、5社はどのようなメーカーなのか見ていきましょう。

おすすめだけ知りたいという場合は、ここを読み飛ばしてください。

 

Xperia

製造元:ソニー

国内勢で最も知名度の高いスマホ。ハイエンドモデルに強い。

 

Galaxy

製造元:韓国・サムスン電子

韓国企業が製造するスマホ。ハイエンドモデルに強く、世界シェア首位。

 

AQUOS

製造元:シャープ

シャープ製のスマホ。コスパが比較的高い。自社製パネルを搭載。シャープ製テレビも同ブランドを使用。

 

Arrows

製造元:富士通コネクテッドテクノロジーズ

もとは富士通の子会社。現在は独立して日系投資ファンドの子会社。

 

Kyocera

製造元:京セラ

稲盛和夫氏でも知られるメーカー。話題のバルミューダフォンの製造元でもある。

 

 

国内メーカーと海外メーカー

以上からわかるように、XperiaとGalaxyとAQUOSとArrowsと京セラのうち

国内メーカー
Xperia(ソニー)
AQUOS(シャープ)
Arrows(富士通)
Kyocera(京セラ)

海外メーカー
Galaxy(韓国・サムスン電子)

ということがまずわかります。

 

国内資本と海外資本

このうち、資本関係でみると

国内資本のメーカー
Xperia(ソニー)
Arrows(富士通)
Kyocera(京セラ)

海外資本のメーカー
AQUOS(シャープ)
Galaxy(サムスン電子)

となっています。シャープは台湾・鴻海の子会社、サムスンは韓国企業です。

 

日本製と海外製

次に、製造国(最終組み立てを行っている国名)でみると、

日本製のブランド
Arrows(ドコモ向け)
Kyocera

海外製のブランド
Arrows(ドコモ向け以外は中国など)
Xperia(タイ)
AQUOS(中国など)
Galaxy(韓国・ベトナム)

となっています。あまり知られていないですが、京セラのスマホは基本的に日本製です。

au向けが多くて、GRATINA、TORQUE、DuraForce、かんたんケータイあたりが京セラ製です。バルミューダフォンも京セラが製造受託しています。

ワイモバイルだと、Android Oneの一部機種が京セラ製です。ドコモなどでも、シニア向けスマホとか出してます。

JAPAN MADE
京セラ通信機器事業本部の新しいモノづくりについてご紹介しています。

また、NTTドコモ向けに限りますが、FCNTのarrowsも日本製です。兵庫県加東市のEMS(電子機器製造受託サービス)で生産されています。5G対応のハイエンドモデルも出ており、たまに1円で販売されています。

ドコモ向け以外は中国などのEMSで生産されています。

 

 

どれがおすすめ?

国内メーカーで言えば

国内メーカーに限ると、おすすめはソニーiconのXperiaです。ほかの日本メーカーに比べて使いやすいです。

昔あった、ソニーエリクソンというメーカーの技術を引き継いでいるので、開発歴も長いです。特にハイエンドモデルだと頭一つ抜けてます。

ハイエンドモデルは大手キャリアか公式通販サイトで売ってます。エントリーモデルは、ワイモバイルなどでも売ってます。

最近は、AmazonなどでもSIMフリーモデルが普通に売られるようになりました。

 

 

コスパの面では

コスパでいうと、国内メーカーならシャープです。パネルを自社生産しているのと、鴻海が親会社ということもあり、国内メーカーにしては価格競争力が高いです。

シャープのAQUOSスマホは、ミドルロークラスのAQUOS sense4 plusがIIJmioで値引き販売されています。IIJmioのSIMはかなり月額が安いのでおすすめです。

フラッグシップモデルを継続して出し続けている国内メーカーも、ソニーとシャープの2社のみです。

ただ、コスパに限ってみると、Androidスマホでは、中国メーカーが日本メーカーを上回っているのが現状です。

OPPO、Xiaomi、ZTEあたりはとてもコスパが高いです。品質も悪くなく、消耗品と割り切るなら中国メーカーも選択肢に入ると思います。

中国メーカースマホを購入したい場合、格安SIMではIIJmioOCN モバイル ONE楽天モバイルあたりに乗り換えれば、キャリアメールは使えませんが、

楽天自社回線を除けばつながりも悪くないですし、端末の割引などもあり、通信料金も大幅に安くなるのでおすすめです。

なお、日本メーカーのソニーやシャープもあります。※音声SIMとデータSIMがあるので注意!データSIMでは通話できません。

 

 

Gadgeblo推奨の格安SIM

当サイトおすすめの格安SIMは、以下の2つです!

・使い勝手を重視する「バランス型」

LINEMO(ラインモ)がおすすめ。

990円から使えて、LINE通話し放題です。

 

・とにかく圧倒的な安さを実現「コスパ型」

IIJmioがおすすめ。

安いし、容量が細かく選べて節約できます。

IIJmioでは、さらにお得な新プランも登場!

↓↓今すぐチェック!!↓↓

 

関連記事

GalaxyとOPPOとXiaomiとHUAWEIのスマホを比較した結果,どれがいい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました