PowerArQとJackeryどちらのポータブル電源を使うべきか比較

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

Smart Tap PowerArQとJackery(ジャクリ)のポータブル電源でどっちがいいか比較してみた

初めてアウトドア用品や防災グッズとして「ポータブル電源」を購入する場合には
・PowerArQ(Smart Tap)
・Jackery
のいずれかを選ぶのがおすすめと言われることもあります。

ではPowerArQのポータブル電源とJackeryのポータブル電源には
どういった違いがあるのか比較してみましょう。

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

メーカーの比較

PowerArQのメーカーは「加島商事」という福岡に本社を置く日本企業で、
Jackeryは中国に生産拠点を置くアメリカ企業です。

あわせて読みたい
Jackery(ジャクリ)とはどこの国の会社?中国製?読み方は?[ポータブル電源] 【Jackeryの正体】 Amazonなどで、「Jackery」というブランドの、ポータブル電源やポータブル冷蔵庫を見かけたことがありますか? 今回はこちらのブランドについて、分...

加島商事はポータブル電源の他にも「EasyOneTouch」というスマホの車載ホルダーや
ポータブル冷蔵庫、サーキュレーターなども製造販売しています。

Jackeryは基本的にポータブル電源とその付属品のみの取り扱いです。

日本人からすると日本企業の製品に信用を置きがちですが、
JackeryもJVCケンウッドと提携して日本市場での販売に力を入れています。

またJackeryの創業者は日本の家電メーカーに勤めていたこともあり、
開発者には元Appleのバッテリーエンジニアが居るなど技術的には申し分ありません。

【3年延長保証】Jackery公式サイト

 

容量の比較

ポータブル電源を選ぶ上では、
容量すなわちどのぐらい電気が貯められるかが重要な要素となります。

PowerArQの容量は
・300Wh
・346Wh
・500Wh
・555Wh
・626Wh
・716Wh
・1000Wh
となっています。

PowerArQ(パワーアーク)公式オン...
PowerArQ 2 ポータブル電源 500Wh 車中泊やキャンプなど人気のポータブル電源 PowerArQ2。 全6色(コヨーテタン、オリーブドラブ、レッド、チャコール、ジェットブラック、スノーホワイト)展開が特徴で、お...

Jackeryは
・240Wh
・400Wh
・708Wh
・1000Wh
・1500Wh
・2000Wh
といった容量です。

Jackery Japan
ポータブル電源|Jackery(ジャクリ)公式サイト ポータブル電源とソーラーパネルを販売するJackery(ジャクリ)は、「グリーンエネルギーをあらゆる⼈に、あらゆる場所で提供する」というビジョンのもと、アウトドア(車...

PowerArQは1000Wh未満の比較的容量の小さい機種が充実しており、
Jackeryには1500Wh2000Whという大容量の機種があります。

機種数の多いPowerArQの方が自分の用途に合った容量のポータブル電源を
探しやすいです。

ただ容量の大きいポータブル電源が欲しい場合には、
PowerArQは1000WhまでなのでJackery一択となります。

また、Jackeryには高速充電・長寿命設計に対応したProモデルもあります。

Jackeryポータブル電源1000Proの口コミ・評判

Jackeryポータブル電源1500Proの口コミ・評判

Jackeryポータブル電源2000Proの口コミ・評判

 

価格の比較

ポータブル電源の購入を検討する際には価格も重要な要素ですが、
1000Whの同じ容量の機種の価格は
・PowerArQ 132,000円
・Jackery 139,800円
で、PowerArQの方が8,000円近く安くなっています。
(いずれも公式サイトの金額)

PowerArQのサーキュレーターが7,700円ですから、
Jackery1台分でPowerArQだとポータブル電源+サーキュレーターが買えます。

ただJackeryはセールをよく行っており、1000Whの機種が3万円ぐらい
割引されることもあるのでセール時ならJackeryの方がお得です。

 

使い勝手の比較

ポータブル電源を使うには充電が必要で、
フル充電するのにどのぐらいの時間がかかるのかも無視できない要素です。

PowerArQの1000Whをフル充電するには家庭用コンセントだと約7.5時間、
車のシガーソケットで約17時間かかります。

Jackeryの1000Whはフル充電に家庭用コンセントで約7.5時間、
シガーソケットだと約14時間となっています。

家庭用コンセントではほぼ充電時間は同じですが、
車のシガーソケットで充電する場合はJackeryの方が3時間ほど短いです。

アウトドアに持って行くのにあらかじめ自宅で充電しておくならどちらでも同じですが、
行きの道中に車内で充電しながら行くならJackeryの方が使いやすそうです。

フル充電の状態からスマホの充電はPowerArQだと消費電力10Wで約85回、
Jackeryでは18Wで約54回できます。

夏場のアウトドアに欠かせない車載冷蔵庫の使用時間はPowerArQだと
消費電力30Wで約28時間、Jackeryは約60Wで66時間となっています。

冬場のキャンプに欠かせない電気毛布の使用では
PowerArQは50Wで約17時間、Jackeryは55Wで約13時間です。

電気毛布はPowerArQの方が長く使えるものの、
基本的にはJackeryの方が電気製品を長く使えたり多く充電できたりします。

【3年延長保証】Jackery公式サイト

 

安全の比較

万が一にも事故が起こっては大変ですから、
ポータブル電源を選ぶ際には安全性も重視したいところです。

PowerArQの安全性が低いわけではありませんが、
1000Whの機種の安全性で比較するとJackeryの高くなっています。

どちらも電気用品安全法の技術基準はクリアしているので、
PowerArQもJackeryも安心して使って大丈夫です。

ただ充電池であるリチウムイオン電池を輸送する際の安全維持に関する試験の
UN38.3をJackeryはクリアしています。

UN38.3をクリアしていないからPowerArQは輸送に適していないわけではないものの、
輸送する際により安全なのはJackeryということになります。

Jackeryでは公式サイトでの購入で、モデルにより
最長3~5年間の長期保証も付帯するためより安心です。

【最長3~5年延長保証】Jackery Japan公式サイトはこちら

 

まとめ

ポータブル電源として人気の高いPowerArQとJackeryの価格や使い勝手などを
比較しました。

性能面や安全性においてはややJackeryの方が上なので、
使い勝手ならJackeryを選ぶことになります。

ただPowerArQの方がリーズナブルですし、性能面も安全性も
大きく劣っているわけではありませんからコスパで選ぶならPowerArQです。

Jackery Japan
ポータブル電源|Jackery(ジャクリ)公式サイト ポータブル電源とソーラーパネルを販売するJackery(ジャクリ)は、「グリーンエネルギーをあらゆる⼈に、あらゆる場所で提供する」というビジョンのもと、アウトドア(車...
PowerArQ(パワーアーク)公式オン...
PowerArQ 2 ポータブル電源 500Wh 車中泊やキャンプなど人気のポータブル電源 PowerArQ2。 全6色(コヨーテタン、オリーブドラブ、レッド、チャコール、ジェットブラック、スノーホワイト)展開が特徴で、お...

 

 

【米国シリコンバレー発】Jackeryのポータブル電源

ポータブル電源選びでお悩みの方へ

安い買い物ではありませんから、慎重に選びたいですよね。

でも、家電と違って、聞いたことのないメーカーばかり…
一体どれを選べばいいのか…

そう思っていませんか?

その気持ちはよくわかります。


信頼できるブランドを選ぶ

ポータブル電源を選ぶ基準は人それぞれですが、
もしお悩みなら、ブランドで選んでみてはいかがでしょうか?

そう、米国シリコンバレー発のポータブル電源ブランド
Jackery(ジャクリ)」のことです。

古き良きカリフォルニアデザイン

Jackeryの魅力は、オレンジを基調とした「カリフォルニアデザイン

アメリカを感じさせ、冒険心がわいてくる素敵なデザインですよね。

ソーラーパネルもそろいのデザインで、ブランドの認知度は抜群。
どこに出しても恥ずかしくない」ポータブル電源といえるでしょう。


老舗ポータブル電源ブランド

Jackeryの魅力は、ブランド力やデザインにとどまりません。

その信頼性も注目すべきポイントです。

Jackeryは、ポータブル電源界の先駆者的存在。
老舗のブランドならではの安定感が光っています。

日本の安全基準にはもちろん適合しています。


JVCケンウッドとの技術提携

さらに、Jackeryは、東証プライム市場に上場し
日本を代表するオーディオ・車載機器メーカーのひとつに数えられる、

JVCケンウッド」と技術提携しているという事実。

これは、技術力を担保する何よりの証拠ではないかと思います。


公式ルートで買うと長期保証

さらに、正規販売店での購入は、製品登録で長期延長保証が付帯する

これが非常に安心なポイントです。

特に、公式サイトでの購入は、購入画面で簡単に保証が選択できます。

通常モデルは最長3年保証が付帯。これだけでもすごいことなのですが、

従来モデルより長寿命高速充電に対応し、コスパも良い

1000 Pro」「1500 Pro 」「2000 Pro 」の3モデルと、

標準モデルの8倍の長寿命サイクル設計のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載した

1000 Plus 」「2000 Plus 」「300 Plus 」の3モデルは、

なんと、最長5年(3年+2年)もの長期延長保証が付帯する
というから驚きです。

もちろん、ソーラーパネルセット(Solar Generator)も対象となります。

繰り返しますが、これには正規販売店での購入と製品登録が必要です。

もっともわかりやすくて安心なのは、公式サイト
購入時に「無料2年延長プラン」を選択・ユーザー登録で保証が付帯されます。

さらに、公式サイトは日本全国送料無料

支払い方法も充実。明朗会計で安心です。

お見逃しなく。

なお、どれがいいか迷った場合は、本格的な用途に耐えうる大容量、
容量と価格のバランスが良く、高速充電に対応し、

リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したことにより
4,000サイクル(初期モデルは500サイクル)もの圧倒的な長寿命を実現した新モデル「1000 Plus 」と「2000 Plus 」をおすすめします。

アウトドアはもちろん、防災用としても太鼓判の高スペックですよ。

一方、本格的に使うかわからない、とりあえず小型の格安モデルを試したい、
Jackeryで冒険気分を味わってみたいという場合は、

長寿命な「リン酸鉄リチウムイオン電池」を搭載し 3万円台と格安。最新型コンパクトモデルの「300 Plus 」と、 小型ソーラーパネルセットの「Solar Generator 300 Plus 」の2モデルをおすすめします。

こちら容量は小さいですが、とにかく安いのでサブ機としても最適です。

 

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

関連記事

PowerArQ miniの評価を口コミからまとめてみた

PowerArQ mini2の評価を口コミからまとめてみた

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次