パソコン選びで損をしないための、たったこれだけの方法

Dynabook(ダイナブック)はどこの国のメーカー?中国製ノートPC?

ノートPC・タブレット

Dynabook(ダイナブック)ノートパソコンとはどこの国の会社?

家電量販店やオンラインストアでよく見かける、Dynabook(ダイナブック)というブランドのノートパソコン。

一体、どこの国のどのようなメーカーなのでしょうか。

 

特別オファー

テレビCMでもおなじみ。

国産パソコンブランド「マウスコンピューター」

PCのほぼ全機種が「長野・飯山産」

信頼の「日本製」です!

マウス公式サイトでは、随時セールを開催中!

セール期間に買わないと損ですよ!!

↓↓会場はこちら!今すぐご確認ください!!↓↓

 

関連記事

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較,どれがいい?

東芝は中国資本?東芝の洗濯機や冷蔵庫、テレビは中国製なのか[REGZA][dynabook]

シャープ(SHARP)は中国資本それとも台湾資本?AQUOS(アクオス)は中国製?[鴻海]

 

 

Dynabook(ダイナブック)の会社概要

Dynabook Direct

Dynabook株式会社

東京都江東区豊洲5-6-15 NBF豊洲ガーデンフロント

 

 

Dynabook(ダイナブック)は日本企業のブランド

Dynabook(ダイナブック)は、日本のパソコンブランドです。

もとは、アラン・ケイ氏が提唱したとされる、「ダイナブック・ビジョン」に由来するブランド名でもあります。

Dynabook Direct トップページ

 

 

Dynabook(ダイナブック)は台湾資本

一方、Dynabook(ダイナブック)パソコンは、国内資本ではなく、台湾資本になっています。

台湾・鴻海科技集団(ホン・ハイ・テクノロジー・グループ、フォックスコン)系のブランドです。

そのため、ダイナブックは台湾資本ということになります。

 

 

 

Dynabook(ダイナブック)はシャープの子会社

Dynabook(ダイナブック)は、現在、シャープの子会社が展開するパソコンブランドになっています。

シャープは日本の家電ブランドとして知られますが、鴻海に買収されたため、台湾資本となっています。

鴻海、シャープ買収完了 決定から4カ月
シャープは12日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業グループによる買収が完了したと発表した。日本の大手電機メーカーが外資系企業に買収されたのは初めてだ。鴻海からの計3888億円の出資が完了し、3月末に陥った連結債務超過を解消したとはいえ、シャープは売上高の減少が続く。今回の買収を経営戦略転換の足がかりと位置付ける鴻海にとっ...

 

 

 

Dynabook(ダイナブック)、もとは東芝の子会社

Dynabook(ダイナブック)は、もとは「東芝クライアントソリューション」という東芝の子会社でした。

一方、経営不振などから、Dynabook(ダイナブック)は東芝からシャープに譲渡されました。

その後、「東芝クライアントソリューション」の社名は、「Dynabook(ダイナブック)」に変更されました。

シャープの東芝PC事業買収に見え隠れするホンハイの意志
かつて栄華を誇った東芝のPC事業がシャープに買収される。この買収劇は“シャープ主体”というよりも、その親会社である鴻海(ホンハイ)精密工業の考えが反映されていると考えるべきだろう。
【ニュースの視点】 シャープの東芝PC事業買収の狙いとは
 シャープが、東芝のPC事業の買収を明らかにした。東芝のPC事業を行う東芝クライアントソリューションの株式の80.1%を、シャープが40億500万円で取得する。

 

 

Dynabook(ダイナブック)のパソコンについて

Dynabook(ダイナブック)のパソコンはどこの工場で製造されているのでしょうか。

また、おすすめできるパソコンメーカーなのでしょうか。

 

Dynabook(ダイナブック)パソコンは中国製?

生産は、全量が中国(東芝情報機器杭州社)またはベトナム(富士康科技集団)と見られます。

このため、Dynabook(ダイナブック)製パソコンは中国製、またはベトナム製です。

 

 

Dynabook(ダイナブック)製ノートPCはおすすめできる?

Dynabook(ダイナブック)製パソコンは、大手メーカーとしてみれば、必ずしも割高なわけではありません。

また、液晶パネルについては直接的な親会社である、シャープが製造していることが推測されます。このため、液晶画面は比較的見やすいはずです。

一方、あえてDynabook(ダイナブック)製のパソコンを選ぶ必要があるかというと、疑問が残ります。

そこまでデザインなどにこだわりがない場合、もっとコスパが高い選択肢があるからです。

例えば、国産パソコンブランドの「マウスコンピューター」があります。マウスコンピューターは国内資本の企業であり、日本製です。

大手メーカーと同様のスペックでも、海外メーカーに匹敵するほどの安さを実現しています。

品質も重視しており、コスパ重視派の方にはマウスコンピューターがおすすめです。

マウスコンピューター

 

 

まとめ

Dynabook(ダイナブック)は、台湾資本の企業であり、もとは東芝の子会社で、現在はシャープの子会社が製造販売する、中国製またはベトナム製のノートパソコンです。

Dynabookも良いPCですが、より低価格で日本製なPCとしてマウスコンピューターもおすすめです。

 

特別オファー

テレビCMでもおなじみ。

国産パソコンブランド「マウスコンピューター」

PCのほぼ全機種が「長野・飯山産」

信頼の「日本製」です!

マウス公式サイトでは、随時セールを開催中!

セール期間に買わないと損ですよ!!

↓↓会場はこちら!今すぐご確認ください!!↓↓

 

関連記事

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較,どれがいい?

東芝は中国資本?東芝の洗濯機や冷蔵庫、テレビは中国製なのか[REGZA][dynabook]

シャープ(SHARP)は中国資本それとも台湾資本?AQUOS(アクオス)は中国製?[鴻海]

 

Dynabook Direct トップページ

コメント

タイトルとURLをコピーしました