[Click!] セキュリティソフト選びでお悩みの方へ

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較,どれがいい?

ノートPC・タブレット

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookの比較

この記事を読めば、富士通とNECとdynabookで、どのパソコンを選べばいいか大体わかります。

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果

VAIOとThinkPadとLet’s noteのPCを比較した結果

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較

 

 

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookの概要

まずは、3社がどんなメーカーか見てみましょう。

 

NEC(えぬいーしー、日本電気)

製造元:NECパーソナルコンピュータ株式会社

元・NECの子会社。現在は中国レノボの子会社。

NECの中国資本説と、パソコンが中国製で危ないという噂の真実とは?[LAVIE][PC]
NECが中国資本という話を聞いたことがありますか?それは半分本当で、半分ウソといえます。わかってしまえば簡単なこの問題。この記事を読めば、その真実が明らかになるでしょう。

 

Fujitsu(ふじつう)

製造元:富士通クライアントコンピューティング株式会社

元・富士通の子会社。現在は中国レノボの子会社。

富士通(Fujitsu)は中国資本?パソコンやスマホは中国製?[FMV][arrows][富岳]
富士通と中国資本の関係の全容 富士通は中国資本との噂を耳にしたことがありませんか?これは事実なのでしょうか。 関連記事 マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較 富士通(Fujitsu)とNECとdyn...

 

dynabook(ダイナブック)

製造元:Dynabook株式会社(旧・東芝クライアントソリューション)

元・東芝の子会社。現在はシャープ(台湾・鴻海系の電機メーカー)の子会社。

東芝は中国資本?東芝の洗濯機や冷蔵庫、テレビは中国製なのか[REGZA][dynabook]
東芝が中国資本で、その製品が中国製と聞いたことがありますか?東芝の不適切会計問題から中国との関係まで、その全容をまとめました。

 

 

各メーカーの特徴

NEC

老舗中の老舗。故障しにくいイメージ。ただ、レノボと関係が深くレノボ化が著しい。ネット販売の廉価版は、Lenovoと共通のモデルが多い。

国内に1工場保有(山形県)修理は群馬、サポートは福井。一部中国製。

 

富士通

こちらも老舗。NECほどレノボ化していない。割とバランスがいい。

国内に2工場(富士通系含む)保有(島根県、福島県)。一部中国製。

 

dynabook

ノートPCで有名。液晶パネルがシャープ製。製造はすべて中国とベトナム。

 

 

用途別に各社のモデルを比較

家庭用ノートパソコン(据え置き)

大手メーカーだと、富士通iconのバランスがいい。

エントリーモデルを買う場合は、AMD 3020eとかCeleron搭載機種やHDDのモデルを選ばないように注意。

特にNECとかだと「Web限定特価」とか「アウトレット価格」などと称して、Pentiumに500GB HDD搭載したやつとか、Celeronに64GB eMMC搭載したやつとか、「何時代ですかっ」みたいなのを平気で販売しているので。

いや、本当に気をつけて。5~6万のとか海外メーカーのならわかりますが、NECとか富士通であったら、すぐ飛びつかずによくスペックを確認してください。

そんなCeleronとHDDのなんて買ったら、パワポ開きながらZoomでビデオ会議とか、固まって絶対無理なので。予算増やすのやむを得なくても、Core i5、8GBメモリ、256GB SSDとかのスペックにしたほうがいいです。テレワークするなら絶対に。

とにかく、Ryzen3、5かCore i5あたりに8GB以上のメモリ、ストレージにSSDを搭載した機種を選ぶと、快適に使えます。

あと液晶パネルが「TN方式」って書いてあるやつ選ぶと画面汚くて後悔する。「高視野角」とか「IPS方式」とか書いてあるパネルを選ぶの必須。

予算足りない場合は、国内メーカーのマウスコンピューターパソコン工房(iiyama PC)が割と安いのでそちらがおすすめ。マウスのB5-R5って機種だとRyzen 5搭載で8万8千円くらい。Microsoft Officeつけても11万くらい。パワポはプラス5千円。

あとあまり知られてないかもですが、中国のHUAWEIがノートPC出してて割と完成度高い。特に15.6インチノートのMateBook DはCore i5,8GB,512GB SSDにWPS Officeで84,800円、セールだと76,800円。MS Officeじゃないけどアルミで質感いいし、テュフラインランドで画面が目に優しい。

 

 

モバイルノートPC・ビジネスノートパソコン

富士通iconNECが軽量を競っている。特に富士通iconの業界最軽量モデルは、信じられないくらい軽い。

dynabookiconもいいけど、電池持ちが悪い機種があるので要チェック。

モバイルノートパソコンだと、国内メーカーのパソコン工房(iiyama PC)にすごくお得なのがある。i5、SSD搭載14インチ1kg以下で10万1千円くらい、Microsoft Officeつけても12万5千円くらいだと思う。デザインもかっこいい。

 

 

デスクトップPC(事務用・家庭用)

富士通iconかNEC。NECの方が学校とかでよく見かけるかも。

国内メーカーの中で安いのはマウスコンピューター

 

 

ゲーミングPC

大手メーカーで3Dゲームは厳しい。

国内メーカーなら、マウスコンピューターとかのうち、外部グラフィックを搭載した機種(G-Tune)を選ぶのが吉。

 

 

クリエイター向けPC

NECとかがクリエイターブランドを用意していたけど、あまり売れてなさそう。

国内メーカーなら、マウスコンピューターとか、クリエイター専門シリーズ(DAIV)を用意しているメーカーを選ぶのが吉。

 

 

タブレット端末

Windowsタブレットだと、Microsoftが企画してるSurfaceが一強状態。ほかはSurfaceが出たら霧散した。surface_TOP

文教向けや業務用のタブレットだと各社出してるけど、一般向けでまともに出してるのは中国のレノボくらい。レノボはAndroid、Chromebookのタブレットを販売してる。

国内メーカーのAndroidタブレットは、実質NECしかない。

 

 

まとめ(結論)

大手メーカーのノートパソコンでは、富士通iconのRyzen 5かCore i5&SSD搭載機種がおすすめ。

モバイルノートは富士通iconの軽量タイプ。

事務用デスクトップならNECも可。

ゲーミングとクリエイター向けなら、大手メーカーよりもマウスコンピューターがおすすめ。

あとコスパ重視なら、消耗品と割り切って、据え置きノートパソコンやモバイルノートもマウスコンピューターパソコン工房にしてしまうというのもあり。

この2社も、一応日本製。

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果

VAIOとThinkPadとLet’s noteのPCを比較した結果

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました