povoはJCOMやビッグローブ光のセット割が使える?

目次

povoではJCOMのケーブルテレビやビッグローブ光のセット割が使えるの?

auの新プラン「povo」は魅力的なものの、「JCOMやビッグローブ光とのセット割は
どうなるのか」が心配で乗り換えられないという人も多いのではないでしょうか。

そこでauからpovoに乗り換えてもJCOMやビッグローブ光のセット割は
使えるかどうか詳しく見ていきましょう。

 

格安スマホを格安SIMで運用したい人!
この記事を今すぐ読もう!

格安SIM×格安スマホおすすめランキング

 

関連記事

ahamoやpovoはNURO光のセット割が使える?

GMO光アクセスとNURO光と楽天ひかりを比較して分かったこととは?

BIGLOBE光・Sonet光・OCN光を徹底比較!一番使い勝手が良いのは?

 

povoでauスマートバリューは使える?

最初に結論を言ってしまうと、auからpovoに乗り換えると
JCOMやビッグローブ光とのセット割は使えなくなってしまいます。

auスマホとJCOMやビッグローブ光などとのセット割は「auスマートバリュー」という
サービスで、povoはこのauスマートバリューの対象外です。

povoはauが登場させた新プランの1つですが、
・全ての手続きはオンライン
・auスマートバリューなどあらゆる割引サービスの対象外
とすることで、これまでよりも大幅に安い料金でスマホサービスを提供しています。

そもそも安い料金でサービスを提供しているので、
auとしては「これ以上割引するのは厳しい」ということなのでしょう。

ですからauからpovoに乗り換えると、自宅の光回線としてJCOMやビッグローブ光を
使っていても、セット割であるauスマートバリューは適用されなくなるわけです。

当然ですが、auひかりやeo光などの電力系光回線でも、
スマホをpovoにするとauスマートバリューは使えなくなりますよ。

とくとくBBひかりのような、セット割がなくても安い回線を使うといいかもしれません。

シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!

povoへの乗り換えでauスマートバリュー以外の割引も使えなくなる

現状povoはauのあらゆる割引サービスの対象外となっています。

auにはauスマートバリュー以外にも
・家族割プラス
・auPAYカードお支払い割
・家族間通話料、SMS利用料割引
などの割引サービスがあります。

これらauスマートバリュー以外の割引サービスも、
auからpovoに乗り換えることで全て使えなくなってしまいます。

「auPAYカードお支払い割」や「家族間通話料、SMS利用料割引」については、
使えなくなっても影響が無いケースも多いかもしれません。

しかし「家族割プラス」が適用されなくなると、
大きな影響を受けるという人も結構多いのではないでしょうか。

 

povoが家族割プラスの回線としてカウントされるケースもある

ちなみに2021年9月までにpovoを申し込んだ場合には、
割引対象にはならないものの、家族割プラスの回線としてカウントされます。

例えば2人家族で、1人がau、1人がpovoを使っているとします。

通常だと、家族割プラスは同居している家族が2回線以上auスマホを使わないと
適用されません。

そのため1人がau、1人がpovoの状態では通常は家族割プラスは使えません。

しかしpovoを2021年9月までに申し込んでいれば1回線としてカウントされるので、
合計2回線となって家族割プラスが適用されます。

ただしpovoは家族割プラスの割引対象にはならないので、
家族割プラスが適用されてもpovoの料金は割引されません。

 

auスマートバリューが使えなくなると光回線側の割引も無くなる

povoに乗り換えることでauスマートバリューが使えなくなると、
スマホ側だけでなく光回線側の割引も無くなってしまうことがあります。

例えばauスマホとauひかりをセットで使ってauスマートバリューが適用されると、
・内蔵無線LAN
・高速サービス
の利用料が無料になるのです。

「内蔵無線LAN」を使うと、auひかりの終端装置であるホームゲートウェイと
無線LAN接続ができるようになります。

要するに、別途WiFiルーターを用意しなくても、
ホームゲートウェイだけでWiFiが使えるようになるということです。

またauひかりでは最大通信速度5Gbps・10Gbpsの高速サービスも利用できるように
なっています。

内蔵無線LANも高速サービスも利用には別途550円の月額料金がかかりますが、
auスマートバリューが適用されるといずれも無料で使えます。

ちなみに高速サービスは、
2022年4月現在は利用開始から3年間は無料で利用することができます。

4年目以降にauスマートバリューが適用されていないと、高速サービス利用料
550円が加算されてauひかりの料金が「値上げ」となってしまいます。

ただ、とくとくBB光などの、セット割がなくても安い回線を使うという手もあります。

シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!

 

auで利用していたサービスがpovoでは利用できないことも

auスマホを利用している時には当たり前で利用できたサービスが、
povoに乗り換えることで利用できなくなることもあります。

povoは全ての手続きをオンラインで行うことになっているので、
auショップでスマホに関するサービスを一切受けることができなくなります。

auショップでpovoの機種変更や契約内容変更はもちろん、
povoの料金相談すらできないのです。

また万が一スマホが故障した場合でも、
povoだとauショップで修理やサポートも受け付けてもらえません。

現状でauショップをほとんど利用していないなら良いですが、
auショップに頼りぎみの場合はpovoへの乗り換えはかなり厳しいですね。

 

キャリアメールも有料

それからauのキャリアメールをpovoで使うにも料金が発生します。

auスマホであればキャリアメールの利用料金は基本料金に含まれるため、
実質的に無料で使うことができます。

しかしpovoでauのキャリアメールを使うには月額330円の料金を払う必要があります。

 

ポイントを貯めたい場合にも不利

さらに長期優待の対象からも外れてしまうため、
いくらpovoを長期利用しても優待ポイントなどは貰えません。

またauで利用料金に応じて貰えていたポイントも貰えなくなるなど、
「ポイ活」に不利な側面もあるのです。

これらのサービスが使えなくなっても余りあるほど、
povoに乗り換えることでスマホ料金が安くなります。

とは言え、これまで当たり前のように使えていたサービスが使えなくなったり
有料になったりすると、少し不便に感じるかもしれないですね。

 

auスマートバリューが使えなくてもpovoに乗り換えた方がお得?

「auスマートバリューが適用されることで安くなるauと、
適用されなくても安いpovoのどちらがお得なのか?」

auからpovoへの乗り換えを検討している人の多くが突き当たる問題ですよね。

この問題に答えるとすると、「条件次第ではpovoに乗り換えた方がお得なることも
あるし、auのままの方がお得なこともある」となります。

 

povoに乗り換えたほうがお得なケース

ではpovoに乗り換えた方がお得な条件は何かと言うと、
・1人もしくは2人でスマホと光回線を使っている
・スマホでデータ容量の少ないプランを利用している
の2つです。

まず1人でスマホと光回線を使っている場合、「家族割プラス」は適用されません。

2人だと家族割プラスは適用されますが、
割引額が月550円で3人以上の場合に比べて割引幅が小さくなってしまいます。

さらにauスマホでデータ容量の少ない「ピタットプラン」を利用していると
・月1GBまで 3,465円
・月1~4GB 4,565円
・月4~7GB 6,215円
の料金がかかります。(auスマートバリュー適用時)

povoの料金は
・1GB(30日) 390円
・3GB(30日) 990円
・20GB(30日) 2,700円
・60GB(90日) 6,490円
・150GB(180日) 12,980円
となっています。

なので1人もしくは2人でデータ容量の小さいプランを利用している場合は、povoで
20GBまでのプランを利用することでauスマートバリュー無しでも料金が安くなるのです。

60GBや150GBの大容量プランでも、
1か月当たりの料金で考えると、auよりも安くなる可能性が高いです。

 

auからpovoに乗り換えることで料金が高くなるケース

auからpovoに乗り換えてauスマートバリューが適用されなくなることで、
かえって料金が高くなってしまうケースもあります。

例えば3人以上の家族でauスマホとセット割が適用される光回線をセットで使っていて、
なおかつauスマホで「使い放題MAX」プランを利用している場合です。

auの使い放題MAXは月間データ容量が基本無制限で、
料金は7,238円となっています。

3回線以上の家族割とauスマートバリューが適用されると、
使い放題MAXが月額5,038円で利用できます。

povoにはauの使い放題MAXに相当するプランは無く、
1日330円でデータ容量使い放題のプランしかありません。

もしpovoのデータ容量使い放題プランを1か月間利用したとすると、
料金は9,900円となりauの使い放題MAXよりも大幅に高くなってしまいます。

このように乗り換え後もスマホの使い方が全く同じだと、
auからpovoに乗り換えることでかえって料金が高くなってしまうケースもあるのです。

 

格安スマホを格安SIMで運用したい人!
この記事を今すぐ読もう!

格安SIM×格安スマホおすすめランキング

 

実はpovoでも光回線とのセット割を使う方法がある!?

これまで説明したように、
povoではauのセット割であるauスマートバリューは使えません。

しかしauスマートバリュー以外の光回線とのセット割は使うことが実はできます。

povoとのセット割が使える光回線は、「縁人」という会社が提供している「enひかり」です。

enひかりの「勝手に割り」という割引サービスで、
povoとenひかりをセットで使うとenひかりの料金が毎月110円割引となります。

auスマートバリューのような公式の割引サービスでは、
光回線ではなくスマホの料金が安くなるのが一般的です。

しかしenひかりの「勝手に割り」は、文字通りenひかりが「勝手に」行っている割引の
ためpovoの料金は割引できず、enひかりの料金を安くしているのです。

通信サービスに詳しい人の中には、「ahamoとenひかりのセット割は知っているけど
povoとのセット割は知らない」という人も居るかもしれません。

それもそのはずで、ahamoは2021年3月からenひかりとのセット割が
利用できましたが、povoが利用できるようになったのは2022年3月からです。

なのでpovoとenひかりのセット割のことはあまり知られていなくて、
実際に利用している人も多くなかったりします。

 

enひかりのサービスに不安があるんだけど・・・

povoとのセット割が使えると言っても、
知名度が高くない「enひかり」のサービスに不安を感じるという人も居るでしょう。

enひかりはビッグローブ光やドコモ光などと同じ「光コラボ」で、
NTTのフレッツ光回線を使ったサービスです。

ですから基本的な通信品質は、
ビッグローブ光やドコモ光など他の光コラボと大きな違いはありません。

それどころか、現状ではenひかりの利用者数はビッグローブ光などと比べると
少ないですから、通信速度(実効速度)はenひかりの方が速いぐらいなのです。

またIPv6接続の「V6プラス」や現状では一部エリアのみですが
最大通信速度10Gbpsの高速サービスも利用できますよ。

 

enひかりの料金は光コラボでも最安クラス

他の光コラボと同じ通信品質でV6プラスなどのサービスも使える、
それでいてenひかりの料金は光コラボの中でも最安クラスとなっています。

同じ光コラボのビッグローブ光を3年プランで利用すると料金は
・戸建て 5,478円
・集合住宅 4,378円
です。

また光コラボではありませんが、JCOMで光回線を利用する場合の料金は
・戸建て 5,478円
・集合住宅 5,258円
となります。

それに対してenひかりの料金は
・戸建て 4,620円
・集合住宅 3,520円
で、戸建て・集合住宅ともに月700円以上安いのです。

 

とくとくBB光などと組み合わせる方法もある

もちろんauひかりと比べてもenひかりは安いですから、povoに乗り換えるのと同時に
光回線もenひかりに乗り換えることで通信費が確実に安くなりますよ。

ただし開通工事費19,800円を一括で支払わないといけないので、
JCOMやauひかりからの乗り換えでは初期費用が嵩む恐れがあります。

ビッグローブ光からの乗り換えは「事業者変更」で無派遣工事となりますから、
工事費は2,200円で済みます。

また、GMOとくとくBBの「とくとくBB光」といった、セット割がなくても
もとから安くて高速な回線を選んでしまうというのも一つの手です。

シンプルに安い速いGMOとくとくBB光!

 

まとめ

povoでは、JCOMやビッグローブ光のセット割である「auスマートバリュー」を
使うことができません。

auスマートバリューに限らず家族割プラスなど、
auで利用できる各種割引サービスは全てpovoでは利用できなくなっています。

とは言え各種割引が利用できなくても、
povoに乗り換えることでスマホ代を大幅に安くすることができます。

また非公式ながら、enひかりとpovoを一緒に使うことでセット割が適用されます。

povoに乗り換えるのと同時に自宅の光回線をenひかりに乗り換えれば、
スマホ代だけでなく通信費全体を安くすることができますよ。

ただし条件次第ではauよりpovoの方が料金が高くなることもあるので、
乗り換える際はしっかりと比較検討してくださいね。

 

この光回線を選ばなければ、きっと私は後悔していた…

光回線が気になるあなたへ。

あなたが、光回線に求めるものはなんですか?
もしくは、なぜその光回線を使っていますか?

プロバイダ料金…?

工事費の安さ…?

知名度…?

CMで見たから

営業マンにおすすめされてなんとなく

人それぞれ違うとは思いますが、私には揺るぎない基準があります。

それは…

そう。「通信の安定性」です。

知識と実体験に基づいて話します。

昨今、データ量は増大の一途
家庭内を見てみても、数年前との差は一目瞭然と言えるでしょう。

それに伴い、通信の安定性が強く求められる時代になりつつあるのです。

いくら安い回線を契約して、「得した」とその時は思っていたとしても、

使い始めてから、

こんなはずじゃなかった
と後悔してしまったら、元も子もないのです。

速度が遅くてイライラしながら、その回線を何年も使い続けますか?

家族の顔が曇るのを、見続けたいですか?

また、いくら「プロバイダ料金が安い」
と言っても、

実は、光回線の大半は回線料金
プロバイダ料金などそれに比べればわずかなものです。

わずか数百円の差で、安定性を犠牲にするか

それはあなた次第なのです。

少し実体験を話しましょう。

元ネトゲ廃人である私は、ネット回線に散々苦しめられてきました

待てどもなかなか終わらない、ゲームクライアントのダウンロード…

ロードが遅く、毎回パーティの最後に入場していたダンジョン…

対戦中に途切れ台無しになった大切な仲間とのクエスト

悔しい思いをした経験数え切れません
ネットの遅さに苦しめられている方の気持ちは、痛いほどわかります

どうか、同じ目に遭わないでほしいのです。

しかし、そんな私にも、希望を与えてくれた光回線があります。

こちらに変えてからというもの、ストレスとは無縁
悔しかった思い出も、今では過去のものです

その名は、「OCN光」といいます。

OCN光は、日本で最も使われているプロバイダの一つ。
それには大きな理由があります。

まず、OCN光
日本政府系企業である「日本電信電話(NTT)」グループのサービス。

もうこの時点で信頼感抜群ですよね?

さらに運営元の「NTTコミュニケーションズ」は
なんと、
「Tier1」プロバイダなのです。

これって本当にすごいことなんですよ?

日本という国の中で、たった1社しかないんですから。

まさに、名実ともに日本を代表するプロバイダなのです。

ところで、
そんな「コスパ」とは無縁そうな「OCN光」を

お得」に契約する方法があったら、知りたくはないですか?

もったいぶらずに教えてしまいます。

OCN光」を、「NTT-Xストア」で契約することです。

「NTT-Xストア」は、同じNTTグループが運営するオンラインストアです。

実は、こちらで初めて商品を購入し、
「OCN光」を契約すると、

最大5万円ものキャッシュバックが受けられる場合があるのです。

もう、これを逃す手はないですよね?

今すぐキャンペーンをチェックしてみてください。

 

 

格安スマホを格安SIMで運用したい人!
この記事を今すぐ読もう!

格安SIM×格安スマホおすすめランキング

 

関連記事

ahamoやpovoはNURO光のセット割が使える?

GMO光アクセスとNURO光と楽天ひかりを比較して分かったこととは?

BIGLOBE光・Sonet光・OCN光を徹底比較!一番使い勝手が良いのは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次