DellとAcerならどっちを使うべきか比較してみた

※当記事には一部広告が含まれます。プライバシーポリシー/免責事項

目次

デル(DELL)とacer(エイサー)とだとどっちのパソコンのほうがおすすめなの?

パソコンを買い替えようと思って通販サイトを覗いたものの、
メーカーごとの違いが分からずにどれを買うべきか迷っている人も多いと思います。

今回は数あるパソコンメーカーから「Dell」と「Acer」をピックアップして
価格やサポート面などを比較していきましょう。

 

関連記事

DELLはどこの国のメーカー?デルのパソコンは中国製?日本製?

acer(エイサー)はどこの国のメーカー?台湾製それとも中国製?読み方は?

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果,どれがいい?

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較した結果。どれがいい?

 

DellとAcerはそれぞれどこの国の会社?

Dellはアメリカテキサス州に本社を構えるアメリカ企業で、
元々はコンピューターの保守を行う会社として創業します。

その後パソコンの製造販売に乗り出し、現在はパソコンだけでなくサーバーや
プリンターなどの周辺機器、ソフトウェアの販売・開発も行っています。

2013年に株式が非公開となったことで財政面など不明な点が多いものの、
パソコンの販売シェアでは数ある有力メーカーの中でもトップクラスです。

あわせて読みたい
DELLはどこの国のメーカー?デルのパソコンは中国製?日本製? 【そもそも「DELL」とは】 オフィスや大学のパソコンなどで、よく見かける「DELL」のロゴ。これは一体どのようなブランドなのでしょうか。 この記事を読むと、「デルと...

日本にもDellの現地法人があり、
日本国内における販売やサポートなどを担当しています。

生産拠点は世界に6か所ありますが、
日本向けの製品を作っているのは主に中国にある工場です。

日本にはDellの開発拠点のみで工場は無く、
日本でDellのパソコンを購入すると中国で作られたものを使うことになります。

あわせて読みたい
DELL(デル)やHPのパソコンが安い理由とは何か? 【DELL(デル)やHPのPCはなぜ安い?理由は?】 DELL(デル)やHP(ヒューレット・パッカード)のパソコンといえば、低価格で有名です。 しかし、この2ブランドのパソコン...

Acerは台湾新北市に本社を構える台湾企業で、
当初はコンピューター事業に加えて海外貿易や工業デザインなども手掛けていました。

コンピューター事業においては他社ブランドのOEMとして成長し、
OEMで蓄積したノウハウを元に自社製品を製造販売するようになります。

現在はパソコンだけでなくサーバーやストレージデバイス、ディスプレイなどの
周辺装置の開発製造も行っているのです。

あわせて読みたい
acer(エイサー)はどこの国のメーカー?台湾製それとも中国製?読み方は? 【「acer」とは】 パソコン売り場などでよく見かける、「acer」とは、どこの国のメーカーなのでしょうか。 この記事を読むと、「acerとは何か」がわかります。   ...

Acerも日本に現地法人を持っており、日本での販売、マーケティング、サポートなどは
日本法人が担っています。

Acerはファブレスすなわち自社工場を持たないメーカーで、
自社で企画・設計・開発した製品を他社に委託して作っています。

委託先の企業は台湾や中国が中心で、
日本向けのパソコンを作っているのは主に中国の工場です。

それはともかくDellもAcerも日本向けの生産拠点は中国で、
信用度の点では大きな差はありません。

 

価格はDellの方が安い

パソコンを選ぶ際に価格も重要な要素の1つですが、
価格で比較するとDellの方が安くなっています。

例えば
・Windows11
・15.6型ディスプレイ
・メモリ8GB
・ストレージ512GB
といったスペックのノートパソコンがDellのオンラインショップでは6万円台から
購入できます。

ExcelやWordなどが使えるMicrosoftOfficeを付けても10万円以内に収めることも
可能です。

Acerのオンラインショップで同程度のスペックのノートパソコンを購入すると
12~13万円かかります。

MicrosoftOfficeを搭載するとなると、
Acerのノートパソコンでは15万円前後必要となるのです。

CPUやグラフィックボードなど上記以外のスペックが違うので単純には比較できません。

しかし同程度のスペックのパソコンを購入する場合、DellとAcerならDellの方が
安く手に入る可能性が高いです。

デルオンラインストア

 

Acerは店舗でも購入可能

価格は少し高いですが、Acerのパソコンは家電量販店やパソコンショップなどの
店舗でも購入できます。

Dellも直販店や家電量販店の一部店舗でパソコンが購入可能ですが、
受注生産が基本でDellのパソコンを取り扱っている店舗はそれほど多くありません。

特にノートパソコンはキーボードのキー同士の間隔や打鍵感がメーカーごとに
少し違っているため、実際に触ってみないと使い勝手が分かりません。

実際に触ってからどのパソコンを購入するか決めたいという場合は、
実店舗では取り扱いが少ないDellは選択肢から外れてしまいます。

 

サポートはどちらもあまり期待できない

正直なところサポートはDellもAcerもあまり期待できないです。

DellもAcerもメーカー保証期間は購入から1年で、
それ以降は有料サポートに加入するか料金を支払わないとサポートが受けられません。

ここまでは標準的なのですが、Dellはサポートセンターが中国にあって
基本的に中国人オペレーターによるサポートとなります。

実際にDellのサポートを利用した人によるとオペレーターごとの語学力の差が大きく、
場合によっては片言の日本語しか話せないオペレーターに繋がることもあるそうです。

Acerのサポートセンターに日本にありますが、こちらもオペレーターごとの差が大きくて
オペレーターによってはパソコンに関する知識が不足していることもあるのだとか。

Dellは有料サポートに加入することで日本人オペレーターのサポートが受けられますが、
Acerは有料サポートでも少し怪しいところがあるといった評判も見られます。

正直なところサポートはどちらもあまり期待できないものの、お金を払えば
しっかりとしたサポートが受けられるDellの方が多少はマシといったところでしょうか。

 

まとめ

DellとAcerを比較しましたが、安い方が良いならDell、
店舗で買いたいならAcerといった選び方になります。

ただサポート面はどちらもあまり期待できませんから、
初心者や機械が苦手な人にはどちらもあまりおすすめできません。

心配な場合は、安い海外メーカーだと「HP」、
国内メーカーで日本製だと「マウスコンピューター」で国内電話サポートが受けられます。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

マウスコンピューター

デルオンラインストア

 

 

【MADE IN JAPAN】日本製のパソコンが欲しい方へ

MADE IN JAPAN」のパソコン...。

なんとも魅力的な響きではありませんか。

しかし、大手パソコンブランドが、海外メーカーに買収されてしまった昨今、そのようなパソコンはあるのでしょうか。

実はあります。しかも、コスパが高ければなおうれしいですね。


マウスコンピューター」というブランドを知っていますか?

マウスコンピューター、実はれっきとした国内メーカーです。
親会社は東証スタンダード市場に上場しており、JPX日経400指数の構成銘柄で信頼性は抜群。

長野県飯山市に工場を保有し、主要モデルは「日本製(MADE IN JAPAN)」です。

沖縄県沖縄市と鳥取県米子市にサポート拠点があり、国内電話サポートも受けられます。
サービスセンターは埼玉県春日部市と広島県広島市にあり、修理対応も万全です。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、コストと性能のバランスがいいのがRyzen搭載の「mouse B5シリーズ」です。 日本メーカーでこのスペックでこの価格。 まさにコスパ最強です。 → 【コスパ最強の国産ノートPC】mouse B5(AMD CPU搭載モデル)


もちろん、そのほかのモデルも豊富に取り揃えています。

eスポーツに適したゲーミングPC「G-Tune」やクリエイター向けPC、学生向けやビジネスPCなど...。

日本製のパソコンとして、あらゆるニーズに応えてくれるでしょう。

今すぐチェックしてみてください。

 

 

関連記事

DELLはどこの国のメーカー?デルのパソコンは中国製?日本製?

acer(エイサー)はどこの国のメーカー?台湾製それとも中国製?読み方は?

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果,どれがいい?

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較した結果。どれがいい?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次