[Click!] セキュリティソフト選びでお悩みの方へ

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果,どれがいい?

ノートPC・タブレット

LenovoとacerとASUSの比較

この記事を読めば、LenovoとacerとASUSでどのPCを選べばいいか大体わかります。

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較

VAIOとThinkPadとLet’s noteのPCを比較した結果

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較

 

 

LenovoとacerとASUSの概要

まずは3社がどんなメーカーか見てみましょう。

 

Lenovo(レノボ)

中国(中華人民共和国)のパソコンメーカー。個人向けでは世界最大手。

中国レノボ(Lenovo)製PCのスパイ疑惑とNEC・富士通。ThinkPadのバックドア問題とは?
レノボはThinkPadなどで知られる、国内でも世界でもトップクラスのシェアを誇るPCメーカーですが、その実体はあまり知られていません。一方、中国製であるとかスパイ疑惑がある、中国政府と関係があるといった論調も見られます。この記事ではその真相に迫りました。

 

acer(エイサー)

台湾(中華民国)のパソコンメーカー。世界シェア上位。

acer(エイサー)はどこの国のメーカー?台湾製それとも中国製?読み方は?
「acer」とは パソコン売り場などでよく見かける、「acer」とは、どこの国のメーカーなのでしょうか。 この記事を読むと、「acerとは何か」がわかります。 関連記事 マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較...

 

ASUS(エイスース)

台湾(中華民国)のパソコンメーカー。スマホやマザーボードのメーカーでもある。

ASUS(エイスース)はどこの国のメーカー?台湾製それとも中国製?読み方は?
「ASUS」とは パソコン売り場や格安スマホ販売店などでよく見かける「ASUS」のロゴ。一体どこの国のメーカーなのでしょうか。 この記事を読むと、「ASUSとは何か」がわかります。 関連記事 マウスとドスパラとパソコン工...

 

 

LenovoとacerとASUSの特徴

Lenovo

ビジネスノートパソコン「ThinkPad」は、品質と操作性重視。他は価格重視のモデルが多い。

 

acer

バランスのよい価格設定。ややほかのメーカーに押され気味。実績は豊富。

 

ASUS

モバイルノートPCはデザイン性に優れる。PCパーツメーカーでもあり、ゲーミング(eスポーツ)に強い。

 

 

用途別に各社のモデルを比較

家庭用ノートパソコン(据え置き)

Lenovoのideapadが圧倒的に安い。信じられないくらい。Slim 3シリーズは液晶が汚いから、Slim 5シリーズがおすすめ。それでも6~7万円台からまともなのが買える(Office別)。

置いててインテリアになるのはASUS。少し高いけど。

国内メーカーのマウスコンピューターパソコン工房(iiyama PC)も割と安いし日本製。マウスのB5-R5って機種だとRyzen 5搭載で8万8千円くらい。Microsoft Officeつけても11万くらい。パワポはプラス5千円。

Celeron、PentiumやAMD 3020eにストレージがHDDの機種とかは安くても選ばないように注意。

そんなCeleronとHDDのなんて買ったら、パワポ開きながらZoomでビデオ会議とか、固まって絶対無理なので。予算増やすのやむを得なくても、Core i5、8GBメモリ、256GB SSDとかのスペックにしたほうがいいです。テレワークするなら絶対に。

あとあまり知られてないかもですが、中国のHUAWEIがノートPC出してて割と完成度高い。特に15.6インチノートのMateBook DはCore i5,8GB,512GB SSDにWPS Officeで84,800円、セールだと76,800円。MS Officeじゃないけどアルミで質感いいし、テュフラインランドで画面が目に優しい。

 

 

モバイルノートPC・ビジネスノートパソコン

LenovoのThinkPadがビジネス向けの定番。ただ、やや玄人向けの傾向があり、保証方法などの面から家庭向けとは言い難い。あと、安いモデルは持ち歩くには重い。

一般向けのモバイルノートPCとしては、デザイン性に優れるASUS ZenBookがおすすめ。ただ、少し高いかも。Core i5 13.3インチでWPS Office付が12万5千円くらい、Microsoft Office付が15万円くらい。

acerだとOffice非搭載のi5が11万円くらい。

モバイルノートパソコンだと、国内メーカーのパソコン工房(iiyama PC)にすごくお得なのがある。i5、SSD搭載14インチ1kg以下で10万1千円くらい、Microsoft Officeつけても12万5千円くらいだと思う。デザインもシンプル。

あ、私はThinkPadです。

 

 

デスクトップPC(事務用・家庭用)

安さでいうとレノボ。コスパが抜群。バランスの良いASUSacerも推奨。

Lenovoなら通常はIdeaCentreでOK。事務用とかならThinkCentre。

 

 

ゲーミングPC

PCパーツメーカーでもあり、eスポーツで豊富な実績があるASUSがおすすめ。

Lenovoには「LEGION」、acerにも「Predetor」というシリーズがあり、どれを選んでも適切なスペックを選べば問題なし。

ただ、ゲーミングも国内メーカーのマウスコンピューターとかが同じくらい安い。マウスのG-Tuneもデスクだけじゃなくてノートもあるし、日本製で長野から出荷。

グラボは、ライトゲーマーならGTX 1650か1660 TiでOK。本気でゲームするならRTX。詳しくは各ゲームの推奨スペックをチェックしてね。

 

 

クリエイター向けPC

ASUSには、クリエイター向けのシリーズがある。LenovoのYogaシリーズなどにもクリエイター向けとして使えるものはある。

デスクトップPCと、クリエイター向け液晶ディスプレイを別々に購入するのもおすすめ。ASUSからはクリエイター向け液晶も発売されている。

 

 

タブレット端末

Windowsタブレットだと、Microsoftが企画してるSurfaceが一強状態。ほかはSurfaceが出たら霧散した。surface_TOP

文教向けや業務用のタブレットだと各社出してるけど、一般向けでまともに出してるのはレノボくらい。レノボはAndroid、Chromebookのタブレットを販売してる。

 

 

まとめ(結論)

Androidタブレット以外は、ASUSを選んでおけばOK

究極にコスパ重視ならLenovo。据え置きノートは特にレノボ。

 

国内メーカーだとマウスコンピューターが安い。

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較

VAIOとThinkPadとLet’s noteのPCを比較した結果

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました