Jackeryポータブル電源240と400との違いは?

目次

Jackeryポータブル電源240と400との違いは何?どっちを選ぶのがいいの?

Jackery、アウトドアの場面で使われるポータブル電源の代名詞となりつつあります。キャンプ場ではJackeryのポータブル電源ばかり目に付くと言われるほどです。

Jackeryのポータブル電源のラインナップは240~2160Whの電気容量があり、現在7機種もあります。

中でも、Jackeryポータブル電源240と400はどのように違うのでしょうか?

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

関連記事

Jackeryポータブル電源240の評判を口コミからまとめてみた

Jackeryポータブル電源400の評判を口コミからまとめてみた

Jackery(ジャクリ)とはどこの国の会社?中国製?読み方は?

 

スペック、機能(容量、サイズ、端子の数など)

まず、Jackeryポータブル電源240と400のスペック、機能を紹介します。

Jackery Japan

性能仕様

両機種の性能仕様は以下の通りです。

Jackery240
容量:67200mAh/240Wh
出力:200W

Jacker400
容量:112200mAh/403Wh
出力:200W

 

端子の数

出力インターフェイスはいずれの機種共に下記の通りとなります。
最大4台の機器に同時給電ができ、3種類の給電方法が可能です。

USB-A:1口
AC100Vコンセント:2口
シガーソケット:1口性能仕様

 

サイズ

両機種の外形寸法と重量は以下の通りです。

Jackery240
外形寸法:230 x 133 x 167mm
重量:3.1kg

Jackery400
外形寸法:230 x 153.2 x 167.3mm
重量:4.1kg

Jackery240と400は、メーカーの中でも小容量に位置していることがわかりました。いずれも、サイズ感はコンパクトで軽めに仕上がっています。

あわせて読みたい
Jackeryポータブル電源240の評価を口コミからまとめてみた 【Jackery(ジャクリ)ポータブル電源240シリーズの評判は良い?悪い?口コミやレビューをまとめました】 Jackery(ジャクリ)のポータブル電源は高い知名度で人気です。 ...
あわせて読みたい
Jackeryポータブル電源400の評判を口コミからまとめてみた 【Jackery(ジャクリ)ポータブル電源400シリーズの評判は良い?悪い?口コミやレビューをまとめました】 Jackery(ジャクリ)のポータブル電源は高い知名度で人気です。 ...

 

価格

Jackrey公式サイトでの販売価格は以下の通りです。

Jackery240:21800円(税込)

Jackery400:49300円(税込)

※2022年12月現在

Jackery Japan
Jackery ポータブル電源 240 Jackery ポータブル電源 240の商品紹介 Jackery ポータブル電源 240は大容量240Whのポータブル家庭用蓄電池です、リチウムイオンバッテリーを採用し、AC 100VやDC 12V、USB...
Jackery Japan
Jackery ポータブル電源 240+ソーラーパネル 60 大容量240Whと23%の高効率光電変換のソーラー電源セットです。パッと開いてポータブル電源に接続するだけで充電開始の単純コンパクト設計です。災害時やキャンプなどの屋...
Jackery Japan
Jackery ポータブル電源 400 Jackery ポータブル電源 400 の商品紹介 Jackery ポータブル電源 400は400Whの大容量、キャンプ、車中泊、アウトドアで家庭用電源が使えて便利です。Jackery ポータブル電源...
Jackery Japan
Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 400 Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 400 1~2日程度のキャンプ、車中泊、災害時に最適

 

向いている用途

Jackeryの製品群の中でも、いずれも小型機に該当しています。よく使われる場面は、1~2泊のライトキャンプ・車中泊、または災害時の非常用電源です。

それでは、具体的にどのような違いがあるのか、さらにそれぞれ向いている用途を紹介します。

 

性能面の違い

Jackery240と400の大きな違いは、電気容量でしょう。

それぞれの電気容量は、Jackery240が240Wh、Jackery400が403Whになります。

いずれも、定格出力は200W、出力インターフェイス口数は全く同じであるので、使えるデバイスは同じです。

 

用途面の違い

Jackery240と400の違いは、電気容量であることを説明しました。

そうすると、用途面で大きな違いは、デバイスが何回が使えるか、または何時間使えるか、でしょう。

用途別にどれだけ違うか、以下の通り説明します。

18Wのスマホ:240は約14回、400は約22回
30Wのパソコン:240は約3回、400は約5回
5Wのライト:240は約22時間、400は約35時間
60Wの液晶テレビ:240は約3.4時間、400は約6時間
60Wの車載冷蔵庫:240は約19時間、400は約28時間
55Wの電気毛布:240は約4時間、400は約6時間

単純比較すると、Jackery400は240と比べて30~60%くらいの使用回数・時間が多いことがわかります。

 

向いている用途

大まかな違いとして、スマホ充電メインは240、LEDライトなど他のデバイスも多く使うのであれば400が良いでしょう。

どちらかと言うと、Jackery240はエントリーモデルと思われます。価格面からすると、初めてポータブル電源を使う人に向いていそうです。

また、もう少しデバイスの使用回数・時間に余裕をもって使いたい場合、400を選ぶのも選択肢の一つではないでしょうか。

Jackery Japan

 

まとめ

Jackery240と400のちがいをまとめてみました。

いずれも小型機のポータブル電源であり、ライトユーザー向けかと思われます。屋外で、スマホ・タブレットの充電、数時間LEDライトの使用にはちょうどいいサイズですね。

ただし、強いて言えば、電気容量の違いからJackery240の方はエントリー向けのようにうかがえました。

どんな使い方を思いつきましたか?

 

↓↓ポータブル電源選びでお悩みの場合、こちらの記事がおすすめ↓↓

JackeryとANKERとEcoFlowとBluettiとAiperの、ポータブル電源とソーラーパネルを比較してみた。

 

ポータブル電源で迷ったら、Jackery Solar Generatorがおすすめです。

【超便利】ポータブル電源とソーラーパネルのセット販売
【超安心】公式販売サイトで3年間の製品保証が付帯
【超実績】世界で200万台以上販売、150社以上の推薦

これしかない。

Jackery Solar Generatorについて詳しく見る

【安心の3年保証】セット販売の製品一覧

 

 

関連記事

Jackeryポータブル電源2000Proの評価を口コミからまとめてみた

Jackeryポータブル電源1500の評価を口コミからまとめてみた

Jackeryポータブル電源1000Proの評価を口コミからまとめてみた

Jackeryポータブル電源1000の評価を口コミからまとめてみた

Jackeryポータブル電源708の評価を口コミからまとめてみた

Jackeryポータブル電源400の評価を口コミからまとめてみた

Jackeryポータブル電源240の評価を口コミからまとめてみた

Jackery(ジャクリ)とはどこの国の会社?中国製?読み方は?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次