Lenovo(レノボ)とドスパラ(Dospara)の比較[BTO]

ノートPC・タブレット

レノボとドスパラの比較

Lenovo(レノボ)とドスパラ(Dospara)は、BTOパソコンで有名なブランドです。この両者の比較を試みました。

 

元記事はこちらです。

国産PC/日本製PC/国内パソコンメーカー一覧[BTO][大手]
国産PC・日本製ノートパソコン/デスクトップPCの一覧。日本製と国内資本を明記したパソコンの情報は非常に少なく、一見の価値があると思います。日本メーカーを応援している方、安全保障やセキュリティを考慮される方にもおすすめです。海外勢は別記事。ショップブランドも。

 

限りある資源を大切に。パソコンのリサイクルに、ご協力をお願いします!

家庭系リサイクル :: PC3R
家庭系PCリサイクル・使用済みとなったパソコンを回収・リサイクルする仕組みです。

 

 

日中のBTOパソコン

レノボとドスパラは、ともにBTOパソコンブランドとして知られています。

 

本社所在地

両者の本社および本店はどこにあるのでしょうか。

 

Lenovo

中国企業

Lenovo(レノボ)は、聯想集団(レノボ・グループ)が展開する、中国のパソコンブランドです。

同社の実質的な本社は、中国・北京にあります。

中国レノボ(Lenovo)製PCのスパイ疑惑とNEC・富士通。ThinkPadのバックドア問題とは?
レノボはThinkPadなどで知られる、国内でも世界でもトップクラスのシェアを誇るPCメーカーですが、その実体はあまり知られていません。一方、中国製であるとかスパイ疑惑がある、中国政府と関係があるといった論調も見られます。この記事ではその真相に迫りました。

日本法人「レノボ・ジャパン合同会社」の本社は、東京都千代田区外神田四丁目14番1号の秋葉原UDXにあります。

 

ドスパラ

ドスパラのパソコンは、株式会社サードウェーブが展開しています。

同社は、秋葉原(東京都千代田区外神田)を拠点とする企業です。

サードウェーブグループ
サードウェーブグループは、6つの企業で構成するグループです。「ドスパラ」などのPCショップやeスポーツ大会の開催など、ITにまつわるサービスをハードからソフトまで幅広く提供しています。

 

 

 

資本関係

両運営会社の資本関係はどのようになっているのでしょうか。

Lenovo

中国科学院

聯想集団(レノボ・グループ)は、中国政府系研究機関として知られる「中国科学院」の一部門であった、「中国科学院電子計算器研究所」を前身とする企業です。

このため、中国政府の影響力が強いと考えられます。

 

ドスパラ

独立系

「サードウェーブ」は、独立系の企業であり未上場企業です。

もっとも、秋葉原を拠点とするパソコンショップとしては高い知名度があり、実店舗を複数構えているという点の安心感はあります。

 

 

 

勢力圏

Lenovo

レノボの勢力圏は世界各国ですが、特に中国や日本等のアジア地域市場を強みとします。

 

ドスパラ

サードウェーブは、パソコンショップ「ドスパラ」、輸入電子雑貨店「上海問屋」で知られます。

ドスパラ(サードウェーブ)は東京・大阪など、各地に店舗を構えていること、およびオンラインショップによるPCの販売を積極的に行っていることから、その意味では勢力圏は日本全国といえます。

 

 

 

製造工場

Lenovo

レノボの日本向けPC製造工場は、中国にあります。中国製です。

一方、ビジネスノートパソコン「ThinkPad(シンクパッド)」シリーズに関しては、横浜・みなとみらい地区で開発が行われています。

また、日本向けの「ThinkPad」一部機種については、山形県米沢市にある「NECパーソナルコンピュータ米沢事業場」で組立が行われています。当該機種は「米沢生産」と記載があるため、中国生産品と識別できます。

 

ドスパラ

サードウェーブのPC製造工場は、神奈川県綾瀬市にあります。

ドスパラ工場で100万円PC爆誕! スタッフの熟練組み立てスキルに驚いた (1/3)
先日、サードウェーブから「100万円PCカスタマイズキャンペーンの当選者が決まって、工場で組むので取材に来ませんか?」と連絡があった。組み立てる場所は同社のパソコンの製造、発送、サポートを一挙に担う工場だということで、面白そうなので取材に行ってみることにした。

 

 

 

品質管理

Lenovo

レノボは、コンシューマ(一般消費者)向けパソコン事業では市場シェア首位級です。また、ThinkPadに関しては日本で開発され、一部機種は日本国内の工場で組み立てているため、レノボの他シリーズと比較すると品質は高めであると考えられます。

 

ドスパラ

サードウェーブは国内に工場を有することや、各地にパソコンショップを展開することから、豊富な経験が期待できます。

また、低コストかつ使えるPCパーツを探し出して、それを輸入する能力には優れたものがあると感じています。

 

 

 

用途別

Lenovo

Lenovoのパソコンは、大きく5つに分類することができます。

 

Think

「ThinkPad」「ThinkCentre」で知られる、米IBMから引き継いだブランドです。特に「ThinkPad」は赤いトラックポイントが特徴であり、そのデザインは日本で考案されたと言われています。

最近になって、レノボの考案による「ThinkBook」シリーズが追加されましたが、こちらについては、IBMとの関係はあまりないと考えられます。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

Lenovo

「Lenovo」シリーズは同社の社名を冠したPCブランドで、低価格帯から高価格帯まで幅広く展開しています。

他に「Ideapad」や「Ideacentre」、クリエイターにも対応した「Yoga」などがあります。ラインナップはラップトップやデスクトップのほか、タブレット、2in1などです。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

ゲーミング

ゲーミングPCの「Legion」は、ゲーミングデスクトップやゲーミングノートパソコンを取り揃えています。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

モニタ

レノボのモニタには、「Lenovo」ブランドと「ThinkVision」ブランドの2種類があります。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

法人向け

各種法人向けパソコンやアクセサリ、サーバー、ワークステーションなどを販売しています。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

 

ドスパラ

ドスパラのパソコンは、大きく5つに分類することができます。

 

THIRDWAVE

「THIRDWAVE(サードウェーブ)」は、ドスパラの主力ブランドであり、国産PCブランドです。ミドルタワー型などのデスクトップパソコンをはじめ、ノートPCも取り揃えています。

ドスパラPayPayモール店

ドスパラ公式サイト

 

 

GALLERIA

ドスパラが展開するゲーミングPCブランドである、「GALLERIA(ガレリア)」は、エントリークラスからエンスージアスト向けまで、幅広いゲーミング環境に対応したモデルを取り揃えています。

多くのeスポーツ大会で採用実績のある、国内で最も実績のあるゲーミングPCブランドの1つです。

ドスパラPayPayモール店

GALLERIA公式サイト

 

 

raytrek

ドスパラのクリエイター向けPC「raytrek」には、プロクリエイターからホビークリエイターまで対応した、ハイスペックなクリエイター向けデスクトップパソコンやクリエイター向けノートパソコンがラインナップされています。

ドスパラPayPayモール店

raytrek公式サイト

 

 

THIRDWAVE Pro

サードウェーブのビジネス・法人向けパソコン「THIRDWAVE Pro」は、ノートPCとデスクトップPC、サーバー、ワークステーション、周辺機器などを取り揃えています。

ドスパラの法人向けサイト「Dospara plus」において、包括的なサービスが受けられます。

Dospara plus公式サイト

 

 

 

価格や特徴

Lenovo

低価格からプロフェッショナルまで

レノボには、2つの顔があります。コストパフォーマンスを最優先にした低価格シリーズと、「ThinkPad」に代表される、プロフェッショナルな製品群です。

レノボ・ジャパン公式サイト

 

 

ドスパラ

ハイコストパフォーマンス

ドスパラは、ゲーミングPCをはじめとするラインナップの豊富さと、競合他社に比較してなお割安な低価格が強みです。これは、長年の自作PCパーツ販売により培われた「目利き力」が活かされた結果であるということもできます。

パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】
パソコンの通販ならドスパラ【公式サイト】をご利用ください!BTOパソコンを中心としたカスタマイズパソコンの通販サイトです。100%国内生産、24時間国内サポートで安心!パソコンショップも全国展開中!

 

 

元記事はこちらです。

国産PC/日本製PC/国内パソコンメーカー一覧[BTO][大手]
国産PC・日本製ノートパソコン/デスクトップPCの一覧。日本製と国内資本を明記したパソコンの情報は非常に少なく、一見の価値があると思います。日本メーカーを応援している方、安全保障やセキュリティを考慮される方にもおすすめです。海外勢は別記事。ショップブランドも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました