パソコン選びで損をしないための、たったこれだけの方法

VAIOとThinkPadとLet’s noteのPCを比較した結果,どっちがいい?

ノートPC・タブレット

VAIOとThinkPadとLet’s noteの比較

この記事を読めば、VAIOとThinkPadとLet’s noteでどのパソコンを選べばいいか大体わかります。

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

GALLERIAとG-TuneとLEVEL∞とG-GEARのゲーミングPC比較

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較

 

 

VAIOとThinkPadとLet’s noteの概要

まずは、3社がどんなメーカーか見てみましょう。

 

VAIO(バイオ)

製造元:VAIO株式会社

長野県のパソコンメーカー。ソニーから独立してブランドを引き継ぐ。技術力は変わらず。

 

ThinkPad(シンクパッド)

製造元:Lenovo(レノボ)

中華人民共和国のパソコンメーカー。世界シェア首位級。IBMからブランドを買収。

中国レノボ(Lenovo)製PCのスパイ疑惑とNEC・富士通。ThinkPadのバックドア問題とは?
レノボはThinkPadなどで知られる、国内でも世界でもトップクラスのシェアを誇るPCメーカーですが、その実体はあまり知られていません。一方、中国製であるとかスパイ疑惑がある、中国政府と関係があるといった論調も見られます。この記事ではその真相に迫りました。

 

Let’s note

製造元:パナソニック株式会社(Panasonic)

大阪の電機メーカー。松下幸之助氏が創業。パソコン事業も90年代からやってる。

 

 

各メーカーの特徴

VAIO

デザインがクールで秀逸。品質も高く日本のものづくりの良さが出てる感じ。

モバイルノートとか高級機はほとんどが自社工場(長野県安曇野市)で製造しており日本製。一部機種(15.6インチ据え置きノートとか)は海外のEMSで受託製造(日本で検品はしてる)。

 

ThinkPad

赤いトラックポイントが特徴。キーボードが打ちやすい。「米沢生産」モデルはNECの工場(山形県)で受託製造。それ以外はすべて中国製。私のも中国製だった。

 

Let’s note

世界有数の頑丈なビジネスパソコン。質実剛健。自社工場(神戸市)で全量生産。日本製。

 

 

 

用途別に各社のモデルを比較

モバイルノートPC・ビジネスノートパソコン

個人的なおすすめ

高級モバイルノートだと、個人的におすすめなモデルがある。NECだから上記3社ではないんだけど。「LAVIE Direct NEXTREME Carbon」という機種。これ買っておけば間違いないと思う。

やや高いけど、カーボン素材で頑丈だし、重量約870g~約953gでめっちゃ軽い。毎日持ち歩くには軽さも重要。SIMフリーモデルもある。キーボードもこだわってる。

価格も重視する場合、国内メーカーのマウスコンピューターが強い。

一般向けだと、「mouse X4」がおすすめ。

Core i5かRyzen5搭載で14インチ、1.13kg~1.2kgの軽量で、Office別だけど税込み10万円台で買える。日本製だし、スペックを増強したプレミアムモデルも複数ある。

mouse 14型 ノートパソコン

 

国内メーカーパソコン工房(iiyama PC)の14型モバイルノートパソコンも割とお得。

i5、SSD搭載14インチ1kg以下で10万1千円くらい、Microsoft Officeつけても12万5千円くらいだと思う。デザインもシンプルだし日本製。

パソコン工房 1kg以下 軽量・薄型 14型ノートパソコン
icon

上記3社では?

ビジネス向けのモバイルノートパソコンは3社とも力を入れている分野。

上記した中だと、バランスがいいのはVAIOicon。品質が良いので用途を問わず適している。ユーザビリティも考慮されているし、何よりデザインがかっこいいから所有欲も満たせる。

Let’s noteは、頑丈さでいうとトップクラス。ただデザインがいかにも「業務用」って感じ。法人向けにはいいかも。最近はブラックカラーが追加されたからデザインも普通になってきた。値段は高い。

ThinkPadだったら、当然フラッグシップのX1 Carbonが最もいい。画面小さいほうがいいならXシリーズに13インチクラスがある。Eシリーズとかは一見コスパいいけど、重くて持ち歩くの無理だから注意。私が実証済み。

ビジネス向けブランドだと、マウスコンピューターのMouse Proもある。

 

 

家庭用ノートパソコン(据え置き)

家庭用据え置きノートだと、高品質なVAIOiconがいいかもと思うけど、初期でHDDが選択されているのでSSDへの変更必須。その割にかなり高い。

コスパ重視派はThinkPadのEシリーズ。重くて持ち歩くには微妙だけど、据え置きには安くて最適。キーボードも打ちやすい。ただ家庭用だとideapadとかでもいい気がする。

むしろ据え置きノートだと、国内メーカーのマウスコンピューターパソコン工房(iiyama PC)が割と安いし日本製だからこっちのほうがおすすめ。

日本製(Made in Japan)だし、ほかの中国製のメーカーと値段も大差ない。

例えば15.6インチ据え置きノートだと、マウスのF5-i5(インテル)とかB5-R5(AMD)みたいな機種が、Core i5やRyzen 5搭載で8万8千円くらい。Microsoft Officeつけても11万くらい。パワポはプラス5千円。

本当にコスパが高いし、MS Office外せば10万円未満というのがポイント。

mouse 15.6型 ノートパソコン

 

あとあまり知られてないかもですが、中国のHUAWEIがノートPC出してて割と完成度高い。特に15.6インチノートのMateBook DはCore i5,8GB,512GB SSDにWPS Officeで84,800円、セールだと76,800円。MS Officeじゃないけどアルミで質感いいし、テュフラインランドで画面が目に優しい。

 

 

タブレット端末

Windowsタブレットだと、Microsoftが企画してるSurfaceが一強状態。ほかはSurfaceが出たら霧散した。surface_TOP

文教向けや業務用のタブレットだと各社出してるけど、一般向けでまともに出してるのはレノボくらい。レノボはAndroid、Chromebookのタブレットを販売してる。

 

 

まとめ(結論)

モバイルノートパソコンは、デザイン秀逸で品質も高いVAIOiconがおすすめ。

法人向けや頑丈さを追求する場合はLet’s note

ただこの2社は値段が高い。

コスパを重視する人や、赤鼻必須の人、キーボードが好みの場合はThinkPad。その場合、持ち歩くにはEシリーズなどの廉価版は重すぎ。X1など1kgくらいのがおすすめ。

スペックは、Ryzen 5かCore i5&メモリ8GB以上、ストレージはSSD搭載機種がおすすめ。スカイプやZoomも余裕だし、それ以上普通いらないと思う。

CeleronとかHDD搭載機種を選ばないように注意。

国内メーカーのMouse Proパソコン工房(iiyama PC)も比較的安いし日本製だからおすすめ。モバイルノートパソコンも割とまともなのがある。

 

特別オファー

テレビCMでもおなじみ。

国産パソコンブランド「マウスコンピューター」

PCのほぼ全機種が「長野・飯山産」

信頼の「日本製」です!

マウス公式サイトでは、随時セールを開催中!

セール期間に買わないと損ですよ!!

↓↓会場はこちら!今すぐご確認ください!!↓↓

 

関連記事

マウスとドスパラとパソコン工房とツクモのPCを比較

GALLERIAとG-TuneとLEVEL∞とG-GEARのゲーミングPC比較

富士通(Fujitsu)とNECとdynabookのパソコンを比較

LenovoとacerとASUSのパソコンを比較してみた結果

DELLとHPとLenovoとmouse(マウス)のPCを比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました