今年もよろしくおねがいします。

hpはどこの国の会社?hpのパソコンは中国製?日本製?[ヒューレット・パッカード]

ノートPC・タブレット
スポンサーリンク

そもそも「hp」とは

パソコン売り場でよく見かける「hp」のロゴ。これは一体どのようなブランドなのでしょうか。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)

「hp」は米国のブランド

米国企業のPCブランド

「hp」は、個人および法人向けに、パソコンやプリンタ、サーバーなどを提供しているブランドです。かつては米国の企業である、Hewlett-Packard(ヒューレット・パッカード、HP)が展開するブランドでした。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Hewlett-Packardの生い立ち

2人の創業者

Hewlett-Packardは、スタンフォード大学電気工学科卒業の、ビル・ヒューレットとデイブ・パッカードによって設立され、社名はコイントスにより決められました。

HPの歴史 | 日本HP
日本HPの誕生からこれまでの歩み、製品の歴&#2149...

デイブの引越し先であった、カリフォルニア州パロアルト市内にあるアパートが始まりの地でした。ビルはその家の裏の小屋を借り、538ドルの運転資金を元手として、デイブとともにガレージでパートタイムによる仕事を始めました。1938年のことでした。ここは後に、「シリコンバレー発祥の地」と呼ばれるようになりました。

最初は電子機器メーカーだった

Hewlett-Packardによる最初の製品は、オーディオ発振器(resistance-capacitance audio oscillator)「HP 200A」でした。同社は最初、電子機器メーカーだったのです。1958年にはプロッタ事業を取得し、これは後のプリンタ事業へと発展しました。HP初のコンピューターである、「HP 2116A」が開発されたのは1966年のことでした。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

 

3つのロゴ

HP Directplus -HP公式オンラインストア-
HPには3つのロゴがあります(この内、「HPE」については次項で説明します)。特に「hp」には2つのロゴがあります。従来から使われているのは、上にある丸形の「hp」と書かれたロゴです。一方、最近になって登場した、丸形でない線形のシャープなロゴもあります。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

こちらについても「hp」と書かれており、現在は主に「Spectre」シリーズ専用のロゴとして用いられているようです。一方、こちらのロゴが出たからと言って、従来のロゴが廃止されたわけではなく、両者は併存しています。これは、デルのロゴにも同じことが言えると思います。
デル株式会社

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)


 

会社分割

ややこしさの原因

ヒューレット・パッカードは、2015年に会社分割を行いました。「hp」ブランドにまつわるややこしさの原因は、その多くがこの出来事に由来していると考えられます。

HP、会社分割を発表--Hewlett-Packard EnterpriseとHP Inc.の2社に
UPDATEヒューレット・パッカード(HP)は米国時間10月6日、会社分割を正式に発表した。

「HP」と「HPE」

その内容は、Hewlett-Packardを、HPのエンタープライズサービス、ソフトウェア、サーバ事業を運営する「Hewlett-Packard Enterprise」と、PCおよびプリンティング事業を運営する「HP Inc.」に分割するというものでした。

HPの会社分割、賢明と思える5つの理由--米ZDNet.com編集長が語る
ヒューレット・パッカード(HP)は会社分割を正式に発表した。計画は、The Wall Street Journalがに「本件に詳しい情報筋ら」の話として報じるなど、週末からうわさされていた。米ZDNetの編集長は、分割が理に叶っている理由を5つ挙げていた。本稿でご紹介する。

分割後

その後、分割は実際に行われました。現在、Hewlett-Packardは以下の2社に分割されています。

Hewlett-Packard Development Company, L.P.(ヒューレット・パッカード、HP)

Hewlett-Packard Development Co LP - Company Profile and News
Company profile page for Hewlett-Packard Development Co LP including stock price, company news, press releases, executives, board members, and contact informati...

Hewlett-Packard Enterprise Development LP(ヒューレット・パッカード・エンタープライズ、HPE)

Hewlett Packard Enterprise Development LP - Company Profile and News
Company profile page for Hewlett Packard Enterprise Development LP including stock price, company news, press releases, executives, board members, and contact i...

日本事業

日本事業はかつて、「日本ヒューレット・パッカード」がその事業を展開していました。

日本法人も分割

米国本社が「HP」と「HPE」に分割されたのに合わせ、日本法人についてもそれぞれ「株式会社 日本HP」と「日本ヒューレット・パッカード株式会社」に分割されました。

日本HPについて | 日本HP
革新的な製品やソリューションで、お客様に...
会社情報
日本ヒューレット・パッカード株式会社の会社情報をご覧いただけます。 | HPE 日本

パソコンは「日本HP」

このことから、パソコンやプリンタ等の事業は現在、「日本HP」が展開しています。

【HP】パソコンやプリンターなど幅広くご用意。お得なキャンペーン情報も充実。

日本法人の立地

日本HPと日本ヒューレット・パッカードの本社は、いずれも東京都江東区大島2丁目2番1号にあります。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)


 

「東京生産」について

一部機種は日本製

HPのパソコンというと、「東京生産」がよく知られています。かつてはあきる野市の工場や、日本HP・昭島事業所(東京都昭島市)にて法人向けパソコンの一部が生産され、現在は東京都日野市の「日本HP 東京ファクトリー&ロジスティックスパーク」にて、体制が拡充されて生産が行われています。

【大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」】 “東京生産”で勢いづく日本HPのシェア拡大。国内首位獲得にいたった裏側を追う
 日本HPの「東京生産」が、1999年7月にスタートして以来、ちょうど20年目の節目を迎えた。あきる野、昭島、日野と場所を変えながら、「Made in TOKYO」を継続。さまざまな要求仕様に応える柔軟なCTOや、顧客に近い環境での生産による短納期、国内生産ならではの高品質を実現し、日本HPのPC事業の成長を支えている...
日本HPが東京生産にこだわる理由とは (1/4)
日本HPがPCの生産を東京で開始してから20年が経った。同社は国内シェアトップの座に就くようになり、10月の消費増税、2020年のWindows 7サポート終了需要にも応える体制を整えている。
中国に負けぬPC生産 日本HP、利益率10%の秘密
米ヒューレット・パッカード(HP)は今年8月、低収益状態が続くパソコン事業部門を切り離す方針を発表した。ただ、そんな突然の決断に対して、冷静なのが日本法人のパソコン部隊だ。この発表の直前に、国内向け

全てが日本製なわけではない

しかし、この標語は独り歩きしていると考えられます。なぜなら、日本製の機種というのは「東京生産」「Made in TOKYO」と明記がある、法人向けパソコンの一部機種のみだからです。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

大部分は中国製

個人向けのパソコンやプリンタを始めとする大部分の製品は、中国の工場で受託生産が行われています。このため、中国製になります。

 

スポンサーリンク(記事は下に続きます)


 

HPブランド製品の種類

製品解説については追記します。

個人向けパソコン

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ゲーミングPC

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

プリンタ

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

法人向けパソコン

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

ノートPC・タブレット
スポンサーリンク

The author of this article

国内メーカーを応援するために、ブログをはじめました!
管理人は一応、自作PCの経験があります。C言語は少しできますが、Webは勉強中です!頑張って書いていますが、専門家ではないので間違っているところがあったらごめんなさい!
ちなみに筆名は、私の好きな漫画、『おはよう、いばら姫』(森野萌、KCデザート)からとりました。

管理人をフォローする
スマホ料金が10GBで2880円+税

格安スマホ「OCNモバイルONE」なら、スマホ料金がずっとお得。例えば10GBプランなら、2880円+税で使えます。しかも安心のNTTグループ。

「OCNモバイルONE」をチェック!

オウルテック × 海老名市


神奈川県海老名市へのふるさと納税で、オウルテック製ドライブレコーダーやワイヤレスイヤホン、モバイルバッテリー、防災用ランタン、PC用キーボードなどを手に入れよう!

楽天ふるさと納税をチェック!

Gadgeblo

コメント

タイトルとURLをコピーしました