パソコン選びで損をしないための、たったこれだけの方法

SurfaceとiPadとKindleとLenovoとNECとHuaweiのタブレットを比較した結果。

ノートPC・タブレット

Surface(サーフェス)とiPad(アイパッド)とKindle(キンドル)とLenovo(レノボ)とNECとHuawei(ファーウェイ)のタブレットを比較

この記事を読めば、Surface(サーフェス)とiPad(アイパッド)とKindle(キンドル)とLenovo(レノボ)とNECとHuawei(ファーウェイ)で、

どのタブレットを選べばいいか大体わかります。

 

Surface(サーフェス)とiPad(アイパッド)とKindle(キンドル)とLenovo(レノボ)とNECとHuawei(ファーウェイ)の会社概要

まずは、6社がどのようなメーカーなのか見ていきましょう。

おすすめメーカーだけ知りたい場合は、ここをすっ飛ばして「どれを選べばいいの?」から読んでください。

 

Surface(サーフェス)

製造元:Microsoft

マイクロソフトが設計するタブレット。パソコンにも使われるOS「Windows」を搭載しているのが最大の特徴で、仕事に最適。

Surface(サーフェス)とはどこの国の会社?中国製?読み方は?[タブレット][Microsoft]
Surface(サーフェス)タブレットの正体 家電量販店などでよく見かける「Surface(サーフェス)」のタブレットPC(タブレット型端末)やノートパソコン(ノートPC、ラップトップ)。 一体、どこの国のどのようなメーカーの製品な...

 

iPad(アイパッド)

製造元:Apple

iPhoneと同じ「iOS」を搭載しているのが最大の特徴。デザイン系などが強いが、やや値段が高い。

 

Fire/Kindle

製造元:Amazon.com

アマゾンのタブレット。FireはAndroidベースの「Fire OS」を搭載したタブレットで、Amazonのアプリストアしか使えない。Kindleは白黒表示の電子書籍リーダー。

 

Lenovo(レノボ)

製造元:聯想集団

中華人民共和国のパソコンメーカー。中国科学院出身者が設立。AndroidとWindows両方のタブレットを販売。

中国レノボ(Lenovo)製PCのスパイ疑惑とNEC・富士通。ThinkPadのバックドア問題とは?
レノボはThinkPadなどで知られる、国内でも世界でもトップクラスのシェアを誇るPCメーカーですが、その実体はあまり知られていません。一方、中国製であるとかスパイ疑惑がある、中国政府と関係があるといった論調も見られます。この記事ではその真相に迫りました。

 

NEC(日本電気)

製造元:NECパーソナルコンピュータ

現在はレノボグループ。国内ブランドとしては唯一、Androidタブレットのラインナップが豊富で、国内サポートも受けられる。

 

HUAWEI(ファーウェイ)

製造元:華為技術

中華人民共和国の通信機器メーカー。米国の制裁下にある。現在は多角化。

ファーウェイ(HUAWEI)とはどこの国の会社?中国製?安全性と危険性[スマホ]
ファーウェイ(HUAWEI)の正体 Amazonなどで、「Huawei(ファーウェイ)」というブランドの、スマートフォンやスマートウォッチ、タブレット、ノートパソコン、モバイルルーター、液晶モニター、無線LANルーターなどを見かけたことが...

 

 

どれを選べばいいの?

 

タブレットのメーカー、ASUSやacerといった大手メーカーで一部撤退の動きもありましたが、まだ結構ありますよね。

どれを選べばいいかということで、ご説明していきます。

 

用途がすべて

結論から言うと、用途がすべてです。

あなたは何にタブレットを使いたいですか?

 

 

Androidタブレットがおすすめ

まず、次のような用途の場合、おすすめはAndroidタブレットです。

  • 動画(YouTube、Prime Video、Netflixなど)
  • ブラウザ(Chromeなど)
  • SNS(Twitter、Instagramなど)
  • 電子書籍(Kindle、Kobo、hontoなど)

なぜなら、性能の良いタブレットが比較的安価で手に入るから。

ただ、インスタに投稿する写真は、普通にスマホで撮ったほうがいいと思います。タブレットのカメラはあまりよくないので。

 

メーカーはNEC一択

メーカーは、国内メーカーだとNECがおすすめです。

というか、Androidタブレットをまともに出してるのは、NECだけだと思います。

8インチ、10インチ、11インチ台のサイズがあり、

価格はエントリークラスなら、2万円台後半~とお手頃価格。

比較的ハイエンドなモデルも、3万円台後半~4万円台前半で手に入ります。

有機EL、6GB/128GBのフラッグシップモデルは、6万5千円ほどです。

また、マニュアルが付属したり、国内拠点のサポートが受けられるなど、国内メーカーならではの安心感があります。

これは、怪しい激安タブレットでは得られないメリットです。

今からAndroidタブレットを買うなら、NEC一択ですね。

 

Fireタブレットは?

AmazonのFireタブレットは、基本的にAmazonのサービスしか使わない、という場合は安くていいかも知れません。

ただ、安いなりにスペックがあまり高くないので、使っててストレスたまると思います。

私も買ってみましたが、激遅で今はあまり使用していません。

ケチらずにNECとかのAndroidタブレット買えば良かったなー、と後悔しています。

最近の機種は少しましになってきたようです。ただ、Google Playストアは相変わらず使えません。

 

HUAWEIのタブレットは?

HUAWEI(ファーウェイ)のAndroidタブレットは、

性能はいいんですけど、Fireと同じでGoogle Playが使えないのでおすすめしません。

 

Lenovoのタブレットは?

Lenovo(レノボ)のAndroidタブレットは、NECと仕様が似たものもあるんですけど、種類が少ないのでNECのほうがいいと思います。

Windowsタブレットもあるんですけど、あまりよくないです。

ただ、ハイエンドAndroidタブレットが欲しいという場合、Tab P シリーズを買うというのはありかと思います。

値段は高めですが、OLEDディスプレイとかを搭載していて割と満足感高いです。

 

iPadは?

iPadは、デザイン系の作業をする場合や、アップル製品が使いたい場合には適しています。

ただ、スマホやPCで済むので、サブ機にそこまでいるんですかね。Androidでいい気もします。

絵を描きたい人とかは別かもですけど。ただ、本格的に絵を描きたい場合はワコムやXP-PENの液タブを買うべきだとは思いますね。

この辺は好みの問題だと思います。

 

 

仕事で使うならSurface一択


一方、タブレットでWordやExcelなどを使って仕事をしたい!という場合は、Surface一択です。

Surfaceは、Microsoftが設計しているタブレットなので、Windowsを搭載しています。

持ち運びしやすいタブレットですが、ノートパソコンと同じように仕事できます。

一応、ノートパソコンモデルもあるので、注意してください。

surface_TOP

 

 

おすすめはこのメーカー

ということで、私がおすすめしたいタブレットは、NECとSurfaceです。

趣味で使うならNEC、仕事で使うならSurfaceです。

 

お手頃でそこそこ使えるAndroidタブをお探しの方へ

LAVIE Tabなら、NECによる安心の国内サポート。

スペックも十分で、ストレスがたまりません。

動画や電子書籍を、リラックスして楽しめるようになります。

 

Windowsタブレットは、Surfaceがおすすめ。

surface_TOP

コメント

タイトルとURLをコピーしました